【新春・全国経営者セミナー】事業家・若手起業家…日本最大級、経営者700名が集う3日間 

日本経営合理化協会の関連サイト
商品検索 | 社長の経営セミナー・本・CD&DVD【日本経営合理化協会】

文字の大きさ

日本経営合理化協会 BOOK&CD・DVD
お電話でのご注文も承っております:03-3293-0041

セミナー・商品検索

""でのセミナーの検索結果はありませんでした

""での商品の検索結果 6件あります

景気循環で読む2014年の株式市場

内需主導色が一段と高まる中、 今からの有望銘柄は?
景気循環で読む2014年の株式市場

山田清一(株式アナリスト・産業ストラテジスト)

株式市場の一進一退は、調整局面を迎える前触れなのか、それとも、さらなる上昇相場への踊り場なのか…。
大竹愼一氏が景況判断に用いる「在庫循環モメンタム」の開発者であり、素材セクターを中心に相場一筋34年・外資証券で数々の実績を誇る氏が、これからの相場展望と、推奨株7銘柄を披露。
また、プロのアナリストが用いる株価分析モデルの活用法を解説し、急な下げに遭遇した時に買っておくべき超有望銘柄の選び方と、実際の優良企業を紹介する。(2014年6月6日 スタジオ収録)

山田清一の「景気循環で読む 2013年の株式市場」CD

2つの長期サイクルが同期する「歴史的・急上昇景気」が始まる!
山田清一の「景気循環で読む 2013年の株式市場」CD

山田清一(株式アナリスト・産業ストラテジスト)

超長期の景気波動「コンドラチェフ」と長期の「クズネッツ」サイクルが、同時に上昇局面を迎える歴史的転換期が到来。
昨年末からの株価上げを後押ししてきたアベノミクス効果は、これから始まる景気上昇・大相場の入り口であり、昨今の株価乱高下は急激過ぎた株価暴騰の調整にすぎない。

大竹愼一氏が景況予測に用いる判断指標「在庫循環モメンタム」の開発者であり、素材セクターを中心に相場一筋33年、外資証券で数々の実績を誇る氏が、短期・長期の相場展望と、これからの経済成長を牽引する8大主役、いまからも安心して保有できる推奨株15銘柄を披露(2013年5月28日 スタジオ収録)

山田清一の景気循環で読む2010年の株式市場CD

不況でも確実に値上がる株が見つかる!
山田清一の景気循環で読む2010年の株式市場CD

山田清一(株式アナリスト/産業ストラテジスト)

素材セクターを中心に、相場一筋25年の辣腕アナリスト山田清一氏が、景気の先行き予測に利用する在庫循環モメンタム分析を駆使した景況予測と、実体経済の先読み、今だからこそ投資すべき推奨株8銘柄を披露(2010年4月6日収録)

山田清一の景気循環で株式を読むCD

不況でも確実に値上がる株が見つかる!
山田清一の景気循環で株式を読むCD

山田清一(株式アナリスト・中京大学講師)

素材セクターを中心に、相場一筋25年の辣腕アナリスト山田清一氏が、景気の先行き予測に利用する在庫循環モメンタム分析を駆使した景況予測と、実体経済の先読み、今だからこそ投資すべき推奨株8銘柄を披露(2009年4月28日 スタジオ収録)

山田清一氏の最新収録CDはこちら

山田清一の景気循環で読む 2011年の株式市場CD

不況時でも値上がる株式銘柄と市場展望
山田清一の景気循環で読む 2011年の株式市場CD

山田清一(株式アナリスト)

大竹愼一氏が景況予測に用いる「在庫循環モメンタム」の開発者。素材セクターを中心に相場一筋30余年、外資証券で数々の実績を誇る氏が、大震災を加味した上での次の相場展望と、推奨株12銘柄を披露(2011年5月10日 スタジオ収録)

山田清一の「景気循環で読む 2012年の株式市場」CD

大震災が変えた日本の株式市場と、これからの有望株式銘柄
山田清一の「景気循環で読む 2012年の株式市場」CD

山田清一(株式アナリスト・産業ストラテジスト)

大震災からの時間経過とともに見えてきた日本の市場環境と、これからの有望セクター・企業群とは。
大竹愼一氏が景況予測に用いる「在庫循環モメンタム」の開発者であり、素材セクターを中心に相場一筋30余年、外資証券で数々の実績を誇る氏が、これからの景況・相場展望と、推奨株9銘柄を披露(2012年4月16日 スタジオ収録)