【新春・全国経営者セミナー】事業家・若手起業家…日本最大級、経営者700名が集う3日間 

日本経営合理化協会の関連サイト
商品検索 | 社長の経営セミナー・本・CD&DVD【日本経営合理化協会】

文字の大きさ

日本経営合理化協会 BOOK&CD・DVD
お電話でのご注文も承っております:03-3293-0041

セミナー・商品検索

《新装版》人の用い方

いかに人を求め、よく用いるか…「平凡な人を用いて活かす」井原流人財活用法
《新装版》人の用い方

井原隆一 (埼玉銀行(現・りそな銀行)元専務)

人の用い方は、経営者の避けて通れない盛衰の掟(おきて)である。どんなに優れた商品・技術に恵まれても、人をよく用いることができなければ、事業の繁益は実現しない。人は用い方ひとつで、眼光かがやく精鋭に一変させることができる。社長の願い通りに、一丸となって高収益を稼ぎ出す体勢をどう作りあげるか…活人倍力の人、井原隆一氏が実際に経営の現場で活用し、目をみはる実績をあげた数々の具体的手法をあますところなく示唆した書

■2017年2月2日付 日経新聞夕刊 北海道日本ハムファイターズ監督 栗山英樹氏の「読書日記」欄にて、本書をご紹介いただきました。

「人の心ほど難しいものはない。いかに選手の心をつかむか、そのヒントを求め、いつもかばんにしのばせている」

《新装版》社長の帝王学

“人・もの・かね”をどう扱い、どう活かすのか
《新装版》社長の帝王学

井原隆一 (埼玉銀行(現・りそな銀行)元専務)

時代を超えて今もなお生きる数々の経営哲理…。
 歴史が残した故事至言を行動原理に、将としての器量、
人心の掌握力、果断の勇、時勢を見る眼など、社長に不
可欠な識見と人格の磨き方をあますところなく示唆した
「井原帝王学」の集大成。
 苦学力行の人と知られる著者だけに、その説く故事至
言には、類書にない実体験の説得力と重みがある。

《新装版》危地突破の経営

波乱期の経営者のゆるぎない行動指針
《新装版》危地突破の経営

井原隆一 (埼玉銀行(現・りそな銀行)元専務)

いかなる逆境をも乗り越える経営者の勇気と知恵とは… これまで未曾有の大不況に何度も遭遇しながら、ことごとく突破してきた著者が、自らの血肉となった中国古典の知恵と企業経営の応用体験を飾らずにつづった迫真の書。

《新発刊》井原隆一の「社長の財学」CD版・ダウンロード版

企業生命を盤石にする――
《新発刊》井原隆一の「社長の財学」CD版・ダウンロード版

井原隆一 (埼玉銀行(現・りそな銀行)元専務)

心とモノを豊かにする才知の数々を余すことなく披露

◎※多くのリーダーからのご要望に応え、井原隆一翁の真骨頂のCD版 新発刊!

人の生命には限りがある。しかし企業の生命は永遠でなければならない。これを可能にする有力条件の一つが財力といえるだろう。

古今、大志を抱いて事業を起こした人は少なくないが、多くは志なかばにして倒産の憂き目をみている。刀折れ矢尽きた結果で、言い替えればそれは財務の失敗である。こうした中にあって財力の充実に務めた者は危機に堪え、好機を活かして、さらに財的基盤を強化し不抜の堅塁を築いている。

また、成功者の資金の使い方にも学ぶ点が多い。子を捨てて枝に注ぐなどの愚は決して犯してはいない。一時のムードに酔って九仞(きゅうじん)の功を一箕(いっき)に欠くことはない。(「井原隆一の社長の財学」セミナーを収録・編集したものです)

※併せて、井原隆一氏の三部作「社長の帝王学」、「人の用い方」もご活用ください

社長の財学

心とものをともに豊かにする才知の数々…
社長の財学

井原隆一 (埼玉銀行(現・りそな銀行)元専務)

社長が財に通じ、心とものをともに豊かにする才知の数々を「井原財学」として集大成。景気の変化に動じない財の扱い方とは。

帝王の経営学CD・ダウンロード

井原隆一の中国故事に学ぶシリーズ
帝王の経営学CD・ダウンロード

井原隆一 (埼玉銀行(現・りそな銀行)元専務)

天帝の定めは大昔から一度も改められていない。天の法則にかなった者は成功者となり、背いた者は失敗者となる。中国3000年の興亡の歴史も、現代企業の盛衰も、それを岐つものは同じ。井原隆一が説く激動の歴史が残した先賢の言動から学ぶ、人の上に立つ者の行動原理

社長の「人の用い方」CD版・ダウンロード版

井原隆一の業績を伸ばす人づくりと動かし方
社長の「人の用い方」CD版・ダウンロード版

井原隆一 (埼玉銀行(現・りそな銀行)元専務)

利の元は人にあり―――
業績を伸ばす人づくりと動かし方


◎※CD版 新発刊!
人をよく用いる者は、まず人を選び、教え、後に続くものを絶たない。人をよく用いようとしない者は、選ばず、教えず、育てずして、後に続くものを絶つ。

古今東西の歴史は、国家の興亡、事業の盛衰、人の勝敗を伝えているが、そのわかれるところ、多くは人の用い方にあったと云えよう。

実業界に60余年、その間、数々の企業再建を果たし「難局こそ人を強く育てる絶好のチャンス…」と、多くの人財を育てあげた井原隆一氏が、時代が変わり、人が代わっても変わることのない人を用いる哲理を、社長自らの修養処世を含めて余すところなく示唆。 (「井原隆一の業績を伸ばす人の用い方セミナー」を収録・編集したものです)

社長と徳の心CD

井原隆一の中国故事に学ぶシリーズ
社長と徳の心CD

井原隆一 (埼玉銀行(現・りそな銀行)元専務)

「経営者として一番必要なことは何か…」と問われることが多いが、いつの世でも、“徳と義が利を生み出す根本”である。技で勝っても心で負けていたのでは決して永い繁栄は築けないからだ。経営者に一番必要である“経営と心”を井原隆一が中国古典から読み説く

社長の兵法と経営テープ

井原隆一の中国故事に学ぶシリーズ
社長の兵法と経営テープ

井原隆一 (埼玉銀行(現・りそな銀行)元専務)

勝つためにはどう戦うべきか、軍略に学ぶ経営の要諦と危機管理の心得。古より世の東西を問わず、広く指導者に読まれ、今なお、現代の経営者たちの座右の書「孫子」「呉子」を解説