社長の経営セミナー・本・CD&DVD【日本経営合理化協会】

文字の大きさ

ようこそ、ゲスト

八百八町代表取締役CEO

石井誠二 (いしいせいじ)

居酒屋チェーン経営のカリスマ。1942年東京生まれ。中学卒業後、北海道に渡り養鶏所などで働く。1973年30歳の時、8坪の居酒屋「つぼ八」を札幌で創業。一気に400店舗・売上500億円を達成。全国に洋風居酒屋ブームを巻き起こすも、大手商社を相手に回しての紆余曲折の末、87年突然の社長解任へ追い込まれる憂き目に遭う。
持ち前の不屈の精神と、21世紀にあるべき居酒屋の姿を追求すべく、88年に八百八町を創業し再起を果たす。
現在、江戸の町をモチーフとした「八百八町」、江戸時代の農村の囲炉裏端をイメージした「かたりべ」、漁師小屋をイメージした「ひもの屋」の居酒屋3業態と、気軽なイタリアンレストランバー「グロットディアナ」など78店を、東京を中心に展開。資本金2億9千万円、売上64億円、従業員450名の優良企業グループに育て上げる。著書に「逃れて生きるよりも戦って生きろ!」「すぐできることを3倍やりなさい」「居酒屋の道」などがある。

講師紹介

居酒屋チェーン経営のカリスマ。1942年東京生まれ。中学卒業後、北海道に渡り養鶏所などで働く。1973年30歳の時、8坪の居酒屋「つぼ八」を札幌で創業。一気に400店舗・売上500億円を達成。全国に洋風居酒屋ブームを巻き起こすも、大手商社を相手に回しての紆余曲折の末、87年突然の社長解任へ追い込まれる憂き目に遭う。
持ち前の不屈の精神と、21世紀にあるべき居酒屋の姿を追求すべく、88年に八百八町を創業し再起を果たす。
現在、江戸の町をモチーフとした「八百八町」、江戸時代の農村の囲炉裏端をイメージした「かたりべ」、漁師小屋をイメージした「ひもの屋」の居酒屋3業態と、気軽なイタリアンレストランバー「グロットディアナ」など78店を、東京を中心に展開。資本金2億9千万円、売上64億円、従業員450名の優良企業グループに育て上げる。著書に「逃れて生きるよりも戦って生きろ!」「すぐできることを3倍やりなさい」「居酒屋の道」などがある。

石井誠二の情報を見た人は、この講師情報も見ています。