社長の経営セミナー・本・CD&DVD【日本経営合理化協会】

文字の大きさ

ようこそ、ゲスト

タカコ 会長

石崎義公 (いしざきよしとも)

1944年滋賀県生まれ。中学卒業後、大阪の集団就職先で機械工として働きながら、布施工業高校・夜間部に入学。高校卒業後は大学の夜間部に入学し、専門科目だけを勉強した後に中退。29歳の時、東大阪・八尾市のガレージ工場を借り、創業資金50万円で超精密高圧ポンプ部品メーカーを創業。高い技術力を持ち合わせながら、業歴や零細という理由だけで取引してくれる企業が現われず、倒産寸前に追い込まれる。そして、最後の勝負「日本がダメなら、世界に討って出る」と背水の陣で臨んだ独・ハノーバー国際見本市でのボルボ社からの受注を契機に、キャタピラー社はじめとする欧米の大手メーカとの取引が次々と決まり、国内では見向きもされなかった同社の国際舞台での快進撃が始まる。それから30余年、米国、ベトナムなどにも生産拠点を展開する同社は、総従業員数1700名。高圧ポンプのピストンで世界シェア80%を誇るナンバーワン企業として発展を続けている。売上88億円、経常利益4億円。

石崎義公 (いしざきよしとも)の商品

講師紹介

1944年滋賀県生まれ。中学卒業後、大阪の集団就職先で機械工として働きながら、布施工業高校・夜間部に入学。高校卒業後は大学の夜間部に入学し、専門科目だけを勉強した後に中退。29歳の時、東大阪・八尾市のガレージ工場を借り、創業資金50万円で超精密高圧ポンプ部品メーカーを創業。高い技術力を持ち合わせながら、業歴や零細という理由だけで取引してくれる企業が現われず、倒産寸前に追い込まれる。そして、最後の勝負「日本がダメなら、世界に討って出る」と背水の陣で臨んだ独・ハノーバー国際見本市でのボルボ社からの受注を契機に、キャタピラー社はじめとする欧米の大手メーカとの取引が次々と決まり、国内では見向きもされなかった同社の国際舞台での快進撃が始まる。それから30余年、米国、ベトナムなどにも生産拠点を展開する同社は、総従業員数1700名。高圧ポンプのピストンで世界シェア80%を誇るナンバーワン企業として発展を続けている。売上88億円、経常利益4億円。

石崎義公の情報を見た人は、この講師情報も見ています。