社長の経営セミナー・本・CD&DVD【日本経営合理化協会】

文字の大きさ

ようこそ、ゲスト

月刊CD経営塾ご出講講師

パナソニック 終身客員、松下電送(元)社長

木野親之 (きのちかゆき)

大学在学中に松下幸之助の知遇を得て、松下電器に入社、直々に経営道を叩き込まれる。
37歳の時、幸之助の名代として、倒産寸前の東方電機(のちの松下電送)に赴き、財政支援一切なし「松下経営理念」だけを手に、数十億円単位で赤字たれ流しの企業再建に着手。3年で黒字達成、社長在任中の20年間、「事業計画=決算」の松下流経営を実践した名経営者。

木野親之 (きのちかゆき)の商品

月刊CD経営塾 ご出講講師

講師紹介

大学在学中に松下幸之助の知遇を得て、松下電器に入社、直々に経営道を叩き込まれる。
37歳の時、幸之助の名代として、倒産寸前の東方電機(のちの松下電送)に赴き、財政支援一切なし「松下経営理念」だけを手に、数十億円単位で赤字たれ流しの企業再建に着手。3年で黒字達成、社長在任中の20年間、「事業計画=決算」の松下流経営を実践した名経営者。

プロフィール

昭和元年(1926年)、大阪府生まれ。神戸工業専門学校(現・神戸大学工学部)卒業。
大阪大学在学中に松下幸之助の知遇を得て、昭和26年、松下電器産業(現・パナソニック)入社。
昭和37年、東方電機(のちの松下電送、現・パナソニック コミュニケーションズ)代表取締役就任。以来20年間社長として、同社を世界一のファクシミリメーカーに育て上げる。
昭和59年、郵政省電気通信審議会委員として、わが国の電気通信事業の自由化と、日本電電公社の民営化に取り組む。
日経連常務理事、経団連理事、通産省工業所有権審議会委員、総理府防衛施設中央審議会委員、NTTデータ通信 取締相談役など歴任。
現在、パナソニック 終身客員、中国復旦大学顧問教授、中国南京市政府顧問、中国上海市青浦区政府顧問。
昭和62年春、藍綬褒章受賞、平成9年春、勲三等瑞宝章受賞

著書・講演録

「松下幸之助の教え一人力車は消えず」(東洋経済新報社)
「人間に光を当てる経営」(NTT出版)
「松下幸之助叱られ問答」(致知出版社)
経営理念のつくり方(CD版・カセットテープ版)」(日本経営合理化協会AV局)
「事業繁栄の極意(CD版・ビデオ版)」(日本経営合理化協会AV局)
「月刊CD経営塾」2008年2月号 =幸之助との叱られ問答=」(日本経営合理化協会AV局)
などがある

木野親之の情報を見た人は、この講師情報も見ています。