社長の経営セミナー・本・CD&DVD【日本経営合理化協会】

文字の大きさ

ようこそ、ゲスト

清水龍瑩 (しみずりゅうえい)

 氏はまさに異色の経営学者である。世界の経営理論に精通しながら、「理屈で経営はできない。経営に実際に役に立たない理屈は意味がない」と、実学を提唱。経営の現場に足を運び、社長の生の声を聞き、何が本物で何が偽物かを徹底的に実証研究。
 そこから生まれた仮説を、3万余社の調査で裏付け、独自の「清水経営学」を確立。それは従来の経営学の常識をくつがえす画期的な体系であった。 
 20歳の時にリュウマチにかかり10年間車椅子生活をよぎなくされ、通信教育で大学卒業の体験から、氏の説く経営学は、人間味あふれ血の通った理論と定評がある。 

 慶応大学商学部長、図書館長を歴任。現在、慶応大学名誉教授、東京国際大学教授。1928年生まれ。

 主要著書に「企業行動と成長要因の分析」「経営者能力論」「現代企業評価論」「大企業の活性化と経営者の役割」「能力開発のための人事評価」

講師紹介

 氏はまさに異色の経営学者である。世界の経営理論に精通しながら、「理屈で経営はできない。経営に実際に役に立たない理屈は意味がない」と、実学を提唱。経営の現場に足を運び、社長の生の声を聞き、何が本物で何が偽物かを徹底的に実証研究。
 そこから生まれた仮説を、3万余社の調査で裏付け、独自の「清水経営学」を確立。それは従来の経営学の常識をくつがえす画期的な体系であった。 
 20歳の時にリュウマチにかかり10年間車椅子生活をよぎなくされ、通信教育で大学卒業の体験から、氏の説く経営学は、人間味あふれ血の通った理論と定評がある。 

 慶応大学商学部長、図書館長を歴任。現在、慶応大学名誉教授、東京国際大学教授。1928年生まれ。

 主要著書に「企業行動と成長要因の分析」「経営者能力論」「現代企業評価論」「大企業の活性化と経営者の役割」「能力開発のための人事評価」

清水龍瑩の情報を見た人は、この講師情報も見ています。