社長の経営セミナー・本・CD&DVD【日本経営合理化協会】

文字の大きさ

ようこそ、ゲスト

月刊CD経営塾ご出講講師

経営心理学者

飯田史彦 (いいだふみひこ)

1962年、広島県生まれ。経営心理学者、カウンセラー、いのち作家、音楽療法家。1990年より2009年3月までの19年間、国立大学法人・福島大学経済経営学類の助教授・教授を務める。この間、東北大学大学院経済学研究科および会計学研究科、筑波大学大学院経営システム科学などでも開講したほか、ロンドン市立大学の客員研究員にも就任。

2009年3月末で教授職を辞し、「飯田史彦メンタルヘルス・マネジメント研究所」を開設、企業や病院のコンサルティング、および難病患者のカウンセリングを開始。さらに同年8月、誰のいかなる悩みに対しても、飯田氏自身が2時間以上かけて無償でカウンセリングを行なうという、「飯田史彦スピリチュアル・ケア研究所『光の学校』」も開設。
 ひとりの研究者として、あらゆる思想・宗教団体からの中立を守りながら、各地の医療・福祉・教育機関や学会・研究会などからの依頼で、600回以上の講演を行ってきた。180万部のベストセラーとなった「生きがい論」シリーズなど、30冊以上の著書を発表。

飯田史彦 (いいだふみひこ)の商品

月刊CD経営塾 ご出講講師

講師紹介

1962年、広島県生まれ。経営心理学者、カウンセラー、いのち作家、音楽療法家。1990年より2009年3月までの19年間、国立大学法人・福島大学経済経営学類の助教授・教授を務める。この間、東北大学大学院経済学研究科および会計学研究科、筑波大学大学院経営システム科学などでも開講したほか、ロンドン市立大学の客員研究員にも就任。

2009年3月末で教授職を辞し、「飯田史彦メンタルヘルス・マネジメント研究所」を開設、企業や病院のコンサルティング、および難病患者のカウンセリングを開始。さらに同年8月、誰のいかなる悩みに対しても、飯田氏自身が2時間以上かけて無償でカウンセリングを行なうという、「飯田史彦スピリチュアル・ケア研究所『光の学校』」も開設。
 ひとりの研究者として、あらゆる思想・宗教団体からの中立を守りながら、各地の医療・福祉・教育機関や学会・研究会などからの依頼で、600回以上の講演を行ってきた。180万部のベストセラーとなった「生きがい論」シリーズなど、30冊以上の著書を発表。

飯田史彦の情報を見た人は、この講師情報も見ています。