社長の経営セミナー・本・講演音声・動画ダウンロード・オンライン配信教材・CD&DVD【日本経営合理化協会】

文字の大きさ

ようこそ、ゲスト

月刊CD経営塾ご出講講師

新規事業家/株式会社守屋実事務所代表取締役社長

守屋 実 (もりやみのる)

1969年生まれ。明治学院大学卒。1992年にミスミ(現ミスミグループ本社)に入社後、新市場開発室でメディカル事業の立上げに従事。2002年に新規事業の専門会社エムアウトを、ミスミ創業オーナーの田口氏とともに創業、複数事業の立上げおよび売却を実施。2010年に守屋実事務所を設立。新規事業家として活動。ラクスル、ケアプロの立上げに参画、副社長を歴任後、キャディ、シタテル、ガラパゴス、みらい創造機構、日本クラウドキャピタル、日本農業、サウンドファン、VALT JAPAN、セイビー、カタラクシー、ミーミル、あすけん、テックフィード、ドクターメイト、カイテク、MAGIC SHIELDS、フリーランス協会、みんなのコード、おうちにかえろう病院、JAXA、博報堂、リクルートホールディングス、JR東日本スタートアップなどの取締役、顧問、フェローなど、東京医科歯科大学など講師、経産省、内閣府など有識者委員、山东省工业和信息化厅の人工智能高档顾问を歴任。2018年4月ブティックス、5月ラクスルを、2か月連続で上場に導く。近著に「起業は意志が10割」(講談社)、「DXスタートアップ革命」(日本経済新聞出版)、「新しい一歩を踏み出そう! 」(ダイヤモンド社)などがある。

守屋 実 (もりやみのる)のセミナー

月刊CD経営塾 ご出講講師

経営コラム 好評掲載中

企業内起業を成功させる「新規事業」立上げの鉄則

ミスミで新事業開発に従事。創業者田口弘とともに起業専業企業を立ち上げ、独立後も含め、30年にわたり52の起業と新規事業に参画。我社ならではの新事業のつくり方と伸ばし方、次の事業の柱づくりを新事業立上げのプロに聞く。(本コラムは、月刊CD経営塾での「企業内起業を成功させる新規事業立ち上げの鉄則/講師 守屋実氏」講話の一部を編集したものです)

守屋 実の情報を見た人は、この講師情報も見ています。