社長の経営セミナー・本・講演音声・動画ダウンロード・オンライン配信教材・CD&DVD【日本経営合理化協会】

文字の大きさ

ようこそ、ゲスト

閲覧中の商品

“賃金制度”作成塾

専任講師が相談に乗り丁寧に個別指導

専任講師が相談に乗り丁寧に個別指導

本塾は、自社にとって最適な賃金体系を、あらゆる業種の賃金制度に精通した専門家のもと作成する実務講座です。

「本給表の見直し・作成」、「運用しやすい評価制度の構築」、「昇給、昇格昇進制度づくり」、「賞与評価と適正配分」…など、磐石企業に必要な、賃金・人事制度のすべてを個別にご指導してまいります。

専任講師/大槻幸雄氏

(賃金管理研究所 副所長)

ダイニチ工業、サンコーインダストリーはじめ、幾多の賃金制度作成に携わった日本屈指の名専門家。

 

■優良成長企業が導入する「責任等級制賃金制度」とは (指導企業の多くが上場。効果は下記をご覧下さい)

〔限定配布資料〕各種ヒナ型、フォーマットを使用し貴社オリジナルの給料制度を作ります

〔限定配布資料〕各種ヒナ型、フォーマットを使用し貴社オリジナルの給料制度を作ります

本塾で指導する賃金制度は、ユニクロ、ホンダ、カゴメ…など、この時代でも好業績を叩き出す優良企業を黎明期から支えています。

水膨れする人件費を業績に応じてコントロール。役割と責任に応じた賃金決定で、限られた人件費のなか、社員の能力を最大に引き出します。

下記お悩みの社長。特に受講オススメです

  • 社員が増え、個別の適正額が判断デキない
  • 給料の凸凹が激しいが直し方がわからない
  • 古参社員の給料が異様に高く困っている
  • 毎年、昇給額決定で頭を悩ます
  • 社員が納得する公平な分配基準が欲しい

10人規模から500人超まで、あらゆる企業の賃金制度を構築。規模問わず初心者の方でも丁寧に相談に乗ります。

■賃金制度作成の相場は3百~1千万円

「セミナーを受講したり書籍を読んで制度をつくってみたが、なかなか上手くいかない」「賃金制度を新しく変えたいがコンサルタントに丸投げは心配だ」という皆様のために、本塾を企画しております。

本来、専門家に依頼すると300~1千万かかる制度作成が100万円以下で実現できるうえ、賃金管理研究所の大槻先生が「御社専属の相談役」として、卒塾後もトコトン話しを聞き、親身のコンサルティングを継続します。勉強会終了後も変わらぬ手厚いフォローには高い評価をいただいています。

「責任等級制」給料人事制度の導入効果

●従来制度(企業繁栄を阻む、問題ある制度)

  • ◎業績に関わらず人件費が年々増大
  • ◎年齢・勤続年数により賃金が決まる
  • ◎賞与・退職金は基本給がベースである
  • ◎年功序列型の昇格昇進

●「責任等級制」給料人事制度

  • ◎業績に応じて人件費をコントロール
  • ◎役割・責任に応じて賃金が決まる
  • ◎基本給と切り離して貢献度を反映させる
  • ◎等級制度に基づく明確な基準による昇格

【責任等級制度とは―――】

「仕事の難しさ」や「責任の重さ」に注目し、「その仕事にふさわしい給料」を決定。一人ひとりの役割責任を明確にした上で「会社への貢献度」を評価し、昇給、賞与、昇格、昇進に反映させていく。社員の成長はもちろん、ヤル気を喚起させ、会社業績のさらなる向上を実現させる。

講師紹介

大槻幸雄

(賃金管理研究所 副所長)

大槻幸雄 (おおつきゆきお)

年功的要素の強い製造業、歩合要素の強い販売業、資格社会の典型の医療業、多店舗展開のサービス業など、あらゆる業種の賃金管理に精通。社長を賃金の悩みから解放し、更なる繁栄へと導く賃金制度指導の一人者。
「成長企業の給料の決め方は、責任等級制以外に無い」との信念と、制度を押し付けるのではなく、社長の想いをカタチにする指導法に、全国各地から依頼が絶えない。

セミナー内容

指導実績日本一。※1「最も運用しやすい」信頼の制度をベースに自社最適の賃金制度を一社一社丁寧に手作りする!

◎現状分析 ◎等級制度の設計 ◎基本給の設計 ◎手当項目の整理 ◎給与の是正及び調整 ◎昇給のルールの決定 ◎賞与の支給方法…と賃金人事システムのすべてをひとつひとつ作成。導入・運用までサポートします。

※1 延べ6700社を超える企業に、賃金制度を指導、導入しています

社長の疑問を晴す個別コンサル指導

社長の疑問を晴す個別コンサル指導

専任講師が貴社現状をヒヤリング。同業他社との賃金水準比較、労働分配率などの財務的アプローチにより現状の問題点をあぶり出す。残業問題や退職金問題など、様々な問題点を明らかにし、貴社オリジナルの制度を作成する。

第1講

8月20日(火)

10:30~17:00

社長の「経験」と「勘」に頼らない“賃金・人事”制度をつくり上げる

(1)急激に変化する経営環境に対応する!「賃金・人事制度」づくり・7つの鉄則

  • ●自社の賃金体系のよい点と悪い点を知る
  • ●“年功”から“仕事力”への転換
  • ●仕事の成果と利益貢献に直結した賃金体系を決める
  • ●スピード経営と組織のフラット化
  • ●右腕、後進が育つ評価・人事制度の確立
  • ●「カンから制度」へシフト …

(2)会社をより力強くする!基本給・賞与・昇給・諸手当…の決め方

  • ●定着率、採用力を高める「基本給」の決定基準の見直し方
  • ●ヤル気を促す実力主義の仕掛け方
  • ●「仕事力」に応じた賃金格差

(3)自社の現状を正しく分析する「賃金プロット図」の作り方・見方

賃金プロット図で現状を分析把握

賃金プロット図で現状を分析把握

  • ●いびつな給与の凸凹を把握
  • ●自社の問題を見つけ解決法を探る

(4)【サンプル配布】 自社内での「制度改正説明会」の具体的やり方

第2・3講

9月11日(水)・12日(木)

10:30~17:00

水膨れする賃金を正す!自社「本給表」の作成と「諸手当」の見直し

■各社の現状に合わせ丁寧に指導。新制度を専任講師と共に作成する

〔本給表の作成指導〕

(1)仕事の整理と自社に合った「責任等級区分」を決める

(2)自社オリジナルの「本給表」を、講師と共につくる

自社オリジナルの「本給表」を、講師と共につくる

各種フォーマットに一つ一つ記入 自社の本給表を作り上げていく

  • ●メリハリある個別配分を実現する「本給表」作成の3つのポイント
  • ●地域、業種、景況を考慮した「基本給」と「昇給額」の決め方

(3)「必要な手当」「不要な手当」整理統合と適正額の決め方

  • ●社員の意欲を上げる手当とは
  • ●経営上マイナスな手当とは
  • ●優秀な人材が確保できる「必要手当」の設定方法

(4)新・本給への移行手続きと注意ポイント

  • ●新制度への円滑な移行方法
  • ●社内バランス調整のツボ

第4講

10月28日(月)

10:30~17:00

社員が互いに刺激し合う!正しい評価制度と貢献度賞与の実現

〔成績評価と貢献度賞与〕

(1)仕事の成果が正しく評価できる「成績評価制度」の作り方

  • ●ぬるま湯的な企業風土を刷新
  • ●健全な競争を促す「評価制度」のつくり方
  • ●仕事の達成過程と成果が正しく評価できる「評価基準」の設け方
  • ●評価期間と実施日

(2)個々の成績評価と調整・評語(S・A・B・C・D)決定の具体的やり方

  • ●「成績評価報告書」の記入方法と注意点
  • ●評価誤差の調整
  • ●スター社員の扱い方

(3)模擬実習でトレーニング「評価者訓練」の実施法と運営のポイント

  • ●本人希望額と在籍者バランスの取り方
  • ●是が非でも欲しい、プロフェッショナルを採用する時の給料の決め方
  • ●《新卒・中途採用で違う》評価法と初任給の決め方
  • ●人材の当り外れが生じる訳

(4)賞与配分を実際に個別コンサル!「業績連動型」賞与決定法を実務指導

  • ●デキル社員が報われたと感じ、ダメな社員に喝を入れる賞与の出し方
  • ●より質の高い「競争原理」が根づく賞与の決め方
  • ●納得のいく格差のつけ方

(5)個々の仕事の成果を適切に賞与へ反映させる方法

(6)評価結果を人材育成に活用する「面接」「フィードバック」のやり方

第5講

11月29日(金)

10:30~17:00

利益貢献に直結した《給料改定・昇格昇進・採用評価》のやり方

〔新制度の運用実務〕

正しい給料改定の実施

役員報酬に関する専門書も執筆する大槻氏。社長が抱えるあらゆる賃金の悩みを解決する。

役員報酬に関する専門書も執筆する大槻氏。社長が抱えるあらゆる賃金の悩みを解決する。

  • ●頑張りと個別配分を直結させる昇給方法
  • ●不平不満を根絶する適正格差のつけ方
  • ●昇給抑制の仕組み
  • ●賃金水準の改定で陥りやすい問題
  • ●配慮すべきポイント

次代を担う人材が育つ「昇格昇進」の実務

  • ●昇格基準線の設け方
  • ●有能な社員をヨソに転じさせない処遇の仕方
  • ●降格の是非
  • ●《支店、支社、工場の増加・廃合…》ポストの増減と人事処遇のやり方

優秀な人材を採る!採用評価と初任給決定

  • ●本人希望額と在籍者バランスの取り方
  • ●是が非でも欲しい、プロフェッショナルを採用する時の給料の決め方
  • ●《新卒・中途採用で違う》評価法と初任給の決め方
  • ●人材の当り外れが生じる訳

給料規程の整備 ヒナ型を配布。自社規程の変更ポイントをアドバイス

賃金制度初心者の方でも安心の個別コンサルとカリキュラム

本塾の5大特徴

  1. 《腕利き実務家》が付きっ切りで個別コンサル
  2. 自社実情にあわせた「賃金制度」を共同制作
  3. 自社の経営理念、社長の人事方針を制度に織り込む
  4. 通常1~2年かかる作成日数を4ヶ月に凝縮
  5. 卒塾後《1年間の無料電話相談》《最新情報の提供》など専任講師による万全のフォロー体制

指導件数日本一。6,700社に選ばれた「賃金管理研究所」の制度を導入した「代表企業」

本田技研、凸版印刷、ユニクロ、富士ゼロックス、ニコン、ポーラ化粧品、ワコール、全日空、エイベックスDD、ライカ、カゴメ、ベネッセコーポレーション、シチズン、角川書店、すかいらーく、ユニバーサルスタジオ、ダスキン、山野楽器、モスフードサービス、ドトールコーヒー、メリーチョコレート、コージーコーナー、ヤマザキパン、リンガーハット、マツモトキヨシ、吉兆、ホテルメトロポリタン、ジーンズメイト、ユザワヤ、日本放送、東海テレビ、ぴあ、アデランス、西川産業、カメラのキタムラ、金印わさび、マルコメ、オリンピック、フジカラーサービス、ホシザキ電機、マブチモーター、京都きもの友禅、ミサワホーム、中央住宅、日本道路公団、国民金融公庫、明治神宮、スタジオアリス、川越胃腸病院、東大阪病院、JA…他全国6,700社にのぼる

セミナー要項

会期・会場

■第1講 8月20日(火) 10:30~17:00
■第2講/第3講 9月11日(水)・12日(木) 10:30~17:00
■第4講 10月28日(月) 10:30~17:00
■第5講 11月29日(金) 10:30~17:00
会場:JMCAホール(日本経営合理化協会 4F)

※第2講、第3講のみ通い2日間となります。

定員

13社

ご参加費用

1社2名 85万円(税込)
1名追加につき 25万円(税込)
(制度作成費、実習資料費、テキスト、個別指導費、昼食含む)

お問い合わせ 日本経営合理化協会 担当:金森大介
〒101-0047 東京都千代田区内神田1-3-3
TEL 03-3293-0041 FAX 03-3293-0048

「“賃金制度”作成塾」セミナーへのお申し込み

開催日時 種別 参加料 人数 購入
2019年8月20日(火) “賃金制度”作成塾 第1講〜第5講(日本経営合理化協会4F JMCAホール) 850,000
 名
開催終了
1名追加につき(1名様:250,000円) 0
 名

2019年8月20日(火)

“賃金制度”作成塾 第1講〜第5講(日本経営合理化協会4F JMCAホール)

参加料 850,000円 人数
 名

1名追加につき(1名様:250,000円)

参加料 0 人数
 名

※表示は全て税込(10%)価格です。

このセミナーについてのお問い合わせ keyboard_arrow_right