社長の経営セミナー・本・講演音声・動画ダウンロード・オンライン配信教材・CD&DVD【日本経営合理化協会】

文字の大きさ

ようこそ、ゲスト

閲覧中の商品

超・高速PDCA経営

■短期間で業績がよくなる!経営法

 後がないメガネスーパーの再建を託された星﨑氏が、リストラ・減給なしの改革断行。5か月で債務超過を脱出。3年で営業赤字26億→営業黒字6億へ蘇らせた。その手法が「超高速PDCA経営」である。

 市場環境の変化が目まぐるしい今、超高速PDCAを実践できない企業に未来はないと断言できる。そこで本セミナーでは、

  • ■短期間で経営がよくなる超高速PDCAの全貌と回し方
  • ■超高速PDCAを使って従業員を超高速で動かす方法
  • ■意思決定できる幹部や従業員を育てる超高速PDCA会議
  • ■経営を超高速域へもっていくタイムマネジメント
  • ■超高速PDCAを回すうえで見るべき経営指標
  • ■超高速PDCAで次の成長を創るやり方

 ……と、星﨑氏が300店舗超・1800名の従業員の意識と行動を変え、短期間でメガネスーパーを高収益企業に変えた手法をご披露いただきます。

 超高速PDCA経営は、正解がわかりづらい今の時代に経営の最適解を高速で発見できる、すぐれた手法です。

講師紹介

星﨑尚彦

ビジョナリーホールディングス 代表取締役社長 CEO

星﨑尚彦 (ほしざきなおひこ)

大手眼鏡小売りチェーンのメガネスーパーを中核に、眼鏡、コンタクトレンズおよび付属品、補聴器等の販売・卸売など、グループ8社の純粋持株会社。低価格眼鏡製造小売業が続々と参入し市場競争が激化。2011年には債務超過状態に陥り、12年、投資ファンドのアドバンテッジ・パートナーズが、買収し、経営再建に乗り出す。13年、星﨑氏が経営再建を託され、16年に同社9年ぶりの黒字化を果たす。
社長の星﨑氏は1966年生まれ。早稲田大学法学部卒業後、三井物産に入社。主に繊維事業、ファッション事業に携わった後、スイスのビジネススクールIMDへ留学。MBA取得後、スイスの宝飾メーカー「フラー・ジャコー」日本法人の経営者に就任、短期間で同社業績の飛躍的向上に成功。その後、「ブルーノマリ」、「バートン」で日本法人の経営者を務め、2012年にアドバンテッジ・パートナーズからの要請により、アパレルメーカー「クレッジ」の経営再建を担い、V字回復を達成。13年6月メガネスーパーの再建を任される。17年11月ビジョナリーホールディングスの代表取締役社長に就任。

セミナー内容

5か月で倒産危機突破、3年で営業赤字26億→営業黒字6億へ
星﨑尚彦氏の《超高速でPDCAを回し結果をだす経営》の全貌

①経営がぐんぐん良くなり部下からの報告が楽しみになる超高速PDCAの基本

■市場環境の変化が激しい今、経営者はどんな取り組みをするべきか

  •   ●プロ経営者として4社を渡り歩いた星﨑氏=どんな業界も経営者のやることは同じ
  •   ●「迅速な決定・実行・検証」「無駄な在庫は持たない」「単価UP・利益率UP」「全ては社長の責任」
  •   ●偶然の負けはない=勝因も敗因も消化して自社の勝ちパターンをつくれ。そのヒント
  •   ●経営再建だけでない!超高速PDCAはM&Aや新事業開発…自社の成長をさらに加速させる

②売上強化・M&A・事業開発…成長を創る超高速PDCA経営のすすめ方

 

PLAN「経営スピードを高める意思決定」全社浸透のやり方

  •     ●店舗ごとの前年比、全社単月、全社単年…小さな目標の積み重ねで従業員の士気を高めよ
  •     ●経営者に必要なのは「大胆さと繊細さ」「一貫性と柔軟性」「その意思決定で結果がでること」
  •     ●99%情報開示(個人の給料以外はすべてオープン)で従業員を意思決定に巻き込め

DO高い実行力を備えた《メガネスーパー式》利益追求集団づくり

  •     ●300店舗超・従業員1700名が挑戦意欲をもって、自ら動き出すメガネスーパー3大憲法
  •     ●1条「利益」2条「顧客情報フル活用」3条「ポジティブに、スピード感をもち、ゼロベース」
  •     ●足の引っ張り合いをなくすには
  •     ●営業利益増に貢献した者、全員の働きを評価する仕組み
  •     ●店舗ごとPL運用で「出来ない理由ばかり言う従業員」の協力も促す視点
  •     ●最も重要!従業員の実行力とスピードを高速で上げる方法

CHECK赤字は黒字に、黒字はさらに儲かるよう「実行→修正」をかける視点

  •     ●高速で実行→修正をかけるため、星﨑氏が重視する経営指標はなにか
  •     ●業界の常識を疑え
  •     ●城(利益)を囲える社長直轄店舗の成功事例を「コピー&ペースト」で全国展開。その方法

ACTION修正をかけながらPDCAの好循環サイクルを高速で回すには

  •     ●「実行→修正→また実行→また修正」高速で回転させ続ける企業のタイムマネジメント
  •     ●全国から視察希望者が殺到!その場で承認→動きだす「10時間ぶっ通し」アクション会議
  •     ●家賃相場・直近の人件費・最終損益・売上…高速PDCAを回すうえで押さえるべき指標
  •     ●歴史に学ぶ行動型組織の成功法則
  •     ●人事を尽くして且つ、天命を呼ぶ

セミナー要項

会期・会場

2022年1月25日(火)13時~16時 ※オンラインも同時開催します

15:20頃より質疑応答・お名刺交換のお時間といたします。
オンライン受講の方は、チャット機能から質問をお寄せください。

 

【東京会場】
ホテル雅叙園東京
東京都目黒区下目黒1丁目8−1
Tel: 03-3491-4111

 

【オンライン】
Zoomにてライブ配信

※開催3日前に、ご記入のメールアドレス宛に受講用URLを送付いたします。
※録画配信はございません

定員

会場・オンライン同時開催

ご参加費用

会場受講・オンライン受講ともに

1名様につき4万円

クレジットカード決済対応

お問い合わせ 日本経営合理化協会 担当:谷健太
〒101-0047 東京都千代田区内神田1-3-3
TEL 03-3293-0041 FAX 03-3293-0048

「超・高速PDCA経営」セミナーへのお申し込み

開催日時 種別 参加料 人数 購入
2022年1月25日(火) 会場受講(ホテル雅叙園東京) 40,000
 名
カートに入れる
2022年1月25日(火) オンライン受講(オンラインセミナー) 40,000
 名
カートに入れる

2022年1月25日(火)

会場受講(ホテル雅叙園東京)

参加料 40,000円 人数
 名

2022年1月25日(火)

オンライン受講(オンラインセミナー)

参加料 40,000円 人数
 名

※表示は全て税込(10%)価格です。

このセミナーについてのお問い合わせ keyboard_arrow_right