《6月1日以降のセミナー対応につきまして》

日本経営合理化協会の関連サイト
【2-6】危機を乗り越える 社長の決断と全社統率 | 社長の経営セミナー・本・CD&DVD【日本経営合理化協会】

文字の大きさ

日本経営合理化協会 BOOK&CD・DVD
お電話でのご注文も承っております:03-3293-0041

【2-6】危機を乗り越える 社長の決断と全社統率

【2-6】危機を乗り越える 社長の決断と全社統率

【2-6】危機を乗り越える 社長の決断と全社統率

佐藤 肇(スター精密 代表取締役会長)

危機を乗り越える社長の決断と全社統率

経営には「まさかの坂」が必ずあり、その時、社長がどんな決断をするかによって会社の信用も業績も社内の統率も決まってしまう。
グローバル企業のスター精密の社長として、リーマンショックに直面し、前年2008年に売上739億円 経常利益152億円の最高益から2010年には売上60%ダウン、292億円、経常利益▲39億円を計上。しかしながら翌2011年には黒字化し見事にV字回復を果たす。
その間、大幅な赤字を計上するもリストラをせず、自己資本比率は80%内外をキープし、毎年の配当を減らすことなくキャッシュフロー経営の凄さを実証している。
理論と実践の手法ととともに社長としての意思決定の大切さと全社統率の体験を披露する。