社長の経営セミナー・本・CD&DVD【日本経営合理化協会】

文字の大きさ

ようこそ、ゲスト

月刊CD経営塾ご出講講師

経済評論家/経世論研究所 所長

三橋貴明 (みつはしたかあき)

真に日本を憂う、注目のエコノミスト。政・官・財・学会に数多くの支援者をもち、多彩な人脈網からマスコミでは判らない最新の現場情報を取得。卓越した情報分析力、未来予測の確かさから、経営者層に支持されている。東京都立大学(現:首都大学東京)経済学部卒業。外資系IT企業、NEC、日本IBM等を経て2008年に中小企業診断士として独立、三橋貴明診断士事務所(現:経世論研究所)を設立。2007年インターネット上の公表データから韓国経済の実態を分析し、 内容をまとめた『本当はヤバイ!韓国経済』がベストセラーとなる。
その後も意欲的に新著を発表している。ブログ『新世紀のビッグブラザーへ』の一日のアクセスユーザー数は12万人を超え、推定ユーザー数は36万人に達している。単行本執筆と同時に、雑誌への連載・寄稿、各種メディアへの出演、全国各地での講演などに活躍している。著書に『帝国対民主国家
の最終戦争が始まる』(ビジネス社)他、多数。

三橋貴明 (みつはしたかあき)の商品

月刊CD経営塾 ご出講講師

三橋貴明 (みつはしたかあき)のセミナー

【第9期】三橋貴明の経済動向塾

セミナー

2020年7月~2021年5月

【第9期】三橋貴明の経済動向塾

 マスコミ報道を鵜呑みにしていては、社長は確実に経営判断を誤る!変化が激しい現代において、オフレコに流れる関係筋の情報は、金に代え難い価値がある。  2020年は、消費税増税の影響が本格化。政府も経済のテコ入れ政策を行ってくる。対外では、米中貿易戦争の影響が末端製造業まで波及。日本経済の土台が揺らぎ始めている。時代の流れを掴み、的確な経営判断が必要な局面が続いている…  9年目を迎える本塾は、社長を支える志塾として、メディアでは報じられない、最新の政策動向、経済情勢、市場動向を伝え続けます。  現役議員、政府要人、省庁官僚、経済評論家、専門家…多彩な情報筋からの確かな未来が、社長の経営、会社を更に盛り立てます。

講師紹介

真に日本を憂う、注目のエコノミスト。政・官・財・学会に数多くの支援者をもち、多彩な人脈網からマスコミでは判らない最新の現場情報を取得。卓越した情報分析力、未来予測の確かさから、経営者層に支持されている。東京都立大学(現:首都大学東京)経済学部卒業。外資系IT企業、NEC、日本IBM等を経て2008年に中小企業診断士として独立、三橋貴明診断士事務所(現:経世論研究所)を設立。2007年インターネット上の公表データから韓国経済の実態を分析し、 内容をまとめた『本当はヤバイ!韓国経済』がベストセラーとなる。
その後も意欲的に新著を発表している。ブログ『新世紀のビッグブラザーへ』の一日のアクセスユーザー数は12万人を超え、推定ユーザー数は36万人に達している。単行本執筆と同時に、雑誌への連載・寄稿、各種メディアへの出演、全国各地での講演などに活躍している。著書に『帝国対民主国家
の最終戦争が始まる』(ビジネス社)他、多数。

三橋貴明の情報を見た人は、この講師情報も見ています。