社長の経営セミナー・本・CD&DVD【日本経営合理化協会】

文字の大きさ

ようこそ、ゲスト

三菱ケミカルホールディングス 会長

小林喜光 (こばやしよしみつ)

ケミストリー(化学)を基盤に、機能商品・素材・ヘルスケアの3分野で、人・社会・地球の持続的発展に貢献する製品・サービスをグローバルに提供している日本最大の化学企業集団。三菱ケミカル(株)(2017年4月に三菱化学、三菱樹脂、三菱レイヨンが統合)、田辺三菱製薬、生命科学インスティテュート、大陽日酸の事業会社およびそのグループ会社の754社で構成。
会長の小林氏は経済同友会の代表幹事時代、日本の新たな道標「Japan2.0」を提言した財界のご意見番。三菱ケミカルホールディングスを大躍進に導いた名経営者であるとともに、東芝の社外取締役やCSTI議員、規制改革推進会議議長等、官民の要職を多数兼務する。1946(昭和21)年山梨県生まれ。

〔三菱ケミカルホールディングス〕東証一部
2005年設立。2019年3月期連結は売上3兆9234億
円、従業員数72020名。

小林喜光 (こばやしよしみつ)の商品

講師紹介

ケミストリー(化学)を基盤に、機能商品・素材・ヘルスケアの3分野で、人・社会・地球の持続的発展に貢献する製品・サービスをグローバルに提供している日本最大の化学企業集団。三菱ケミカル(株)(2017年4月に三菱化学、三菱樹脂、三菱レイヨンが統合)、田辺三菱製薬、生命科学インスティテュート、大陽日酸の事業会社およびそのグループ会社の754社で構成。
会長の小林氏は経済同友会の代表幹事時代、日本の新たな道標「Japan2.0」を提言した財界のご意見番。三菱ケミカルホールディングスを大躍進に導いた名経営者であるとともに、東芝の社外取締役やCSTI議員、規制改革推進会議議長等、官民の要職を多数兼務する。1946(昭和21)年山梨県生まれ。

〔三菱ケミカルホールディングス〕東証一部
2005年設立。2019年3月期連結は売上3兆9234億
円、従業員数72020名。

小林喜光の情報を見た人は、この講師情報も見ています。