社長の経営セミナー・本・CD&DVD【日本経営合理化協会】

文字の大きさ

ようこそ、ゲスト

アメリカ航空宇宙局 ジェット推進研究所

小野雅裕 (おのまさひろ)

1982年大阪生まれ、東京育ち。2005年東京大学工学部航空宇宙工学科卒業。12年マサチューセッツ工科大学(MIT)航空宇宙工学科博士課程及び同技術政策プログラム修士課程修了。12年4月より13年3月まで、慶應義塾大学理工学部の助教として、学生を指導するかたわら、航空宇宙とスマートグリッドの制御を研究。13年5月よりアメリカ航空宇宙局(NASA)のジェット推進研究所で研究員として勤務。現在は、2020年夏に打ち上げ予定のNASA火星探査機『マーズ2020ローバー』の自動運転や、エウロパ着陸機の自立化ソフトウェアの開発に携わる他、将来の探査機の自律化に向けた様々な研究を行なっている。著書に『宇宙に命はあるのか』(SBクリエイティブ)、『宇宙を目指して海を渡る』(東洋経済新報社)がある。短編小説『天梯』にて、第24回織田作之助賞・青春賞受賞(緒野雅裕名義)。

講師紹介

1982年大阪生まれ、東京育ち。2005年東京大学工学部航空宇宙工学科卒業。12年マサチューセッツ工科大学(MIT)航空宇宙工学科博士課程及び同技術政策プログラム修士課程修了。12年4月より13年3月まで、慶應義塾大学理工学部の助教として、学生を指導するかたわら、航空宇宙とスマートグリッドの制御を研究。13年5月よりアメリカ航空宇宙局(NASA)のジェット推進研究所で研究員として勤務。現在は、2020年夏に打ち上げ予定のNASA火星探査機『マーズ2020ローバー』の自動運転や、エウロパ着陸機の自立化ソフトウェアの開発に携わる他、将来の探査機の自律化に向けた様々な研究を行なっている。著書に『宇宙に命はあるのか』(SBクリエイティブ)、『宇宙を目指して海を渡る』(東洋経済新報社)がある。短編小説『天梯』にて、第24回織田作之助賞・青春賞受賞(緒野雅裕名義)。

小野雅裕の情報を見た人は、この講師情報も見ています。