社長の経営セミナー・本・CD&DVD【日本経営合理化協会】

文字の大きさ

ようこそ、ゲスト

福島屋 会長

福島 徹 (ふくしまとおる)

食品スーパー、レストラン、生花店など都下の羽村市を中心に計10店舗展開。独自の経営方針を貫き、大手スーパーや競合がひしめく中、価格競争をすることなく、折り込みチラシも使わずに年商約40億円。40年間黒字経営。
会長の福島氏は、1951年東京生まれ。大学卒業後、両親が営業する酒販・雑貨店を継ぎ、酒屋・コンビニを経営。34才の時、業態転換をはかり現在のスーパーの業態へ。88年2号店の立川店をオープン。東北の生産者から直接米を仕入れるなど、農家との距離を縮め、コラボレーションによる福島屋オリジナル商品を多く開発。その間、地元羽村を中心に生花店・レストラン・ロールケーキ専門店を開店し、そのユニークな経営手法が注目される。06年都心の大崎に「デリカ型スーパー」。14年には六本木の「アークヒルズサウスタワー」に出店。著書に「福島屋 毎日通いたくなるスーパーの秘密」がある。

福島 徹 (ふくしまとおる)の商品

講師紹介

食品スーパー、レストラン、生花店など都下の羽村市を中心に計10店舗展開。独自の経営方針を貫き、大手スーパーや競合がひしめく中、価格競争をすることなく、折り込みチラシも使わずに年商約40億円。40年間黒字経営。
会長の福島氏は、1951年東京生まれ。大学卒業後、両親が営業する酒販・雑貨店を継ぎ、酒屋・コンビニを経営。34才の時、業態転換をはかり現在のスーパーの業態へ。88年2号店の立川店をオープン。東北の生産者から直接米を仕入れるなど、農家との距離を縮め、コラボレーションによる福島屋オリジナル商品を多く開発。その間、地元羽村を中心に生花店・レストラン・ロールケーキ専門店を開店し、そのユニークな経営手法が注目される。06年都心の大崎に「デリカ型スーパー」。14年には六本木の「アークヒルズサウスタワー」に出店。著書に「福島屋 毎日通いたくなるスーパーの秘密」がある。

福島 徹の情報を見た人は、この講師情報も見ています。