社長の経営セミナー・本・講演CD&DVD・ダウンロード【日本経営合理化協会】

文字の大きさ

ようこそ、ゲスト

閲覧中の商品

【暗号資産とブロックチェーン業界 今後の展望】お金の授業

セミナー クレジットカード決済対応

【暗号資産とブロックチェーン業界 今後の展望】お金の授業

加納裕三(bitFlyer Blockchain 代表取締役)

●《暗号資産》と《ブロックチェーン》が拓く未来!

2年前、40万円だったビットコインの価格が600万円を突破。

電気自動車大手のテスラを始め、資金の一部をビットコインで

保有する企業まで現れた。

 

 欧米では、キャッシュカードと並んで暗号資産での支払いも

一般的になり、日本ではビックカメラなどでも支払い手段として

使えるようになっている。

 

そこで今回、投資としても注目されている「暗号資産」の

現状とブロックチェーンビジネスについてお話しいたします。

 

次世代のお金の仕組みである暗号資産と「暗号資産のトレンドや見通し」
「社長としての付き合い方」そして「新たなビジネスヒント」を得てください。

講師紹介

加納裕三

bitFlyer Blockchain 代表取締役

加納裕三 (かのうゆうぞう)

ゴールドマン・サックス証券株式会社等を経て、2014年1月に株式会社bitFlyerを共同創業。2019年5月に設立した株式会社bitFlyer Blockchainの代表取締役を務めるほか、暗号資産(仮想通貨)交換業者であるbitFlyer USA, Inc.のCEOおよびbitFlyer EUROPE S.A.のChairmanを現任。bitFlyer創業以降、法改正に関する提言や自主規制ルールの策定等に尽力し、暗号資産(仮想通貨)交換業業界の発展に貢献。日本ブロックチェーン協会代表理事、官民データ活用推進基本計画実行委員会委員、ISO / TC307国内審議委員会委員。2018年G7雇用イノベーション大臣会合、2019年V20 VASPサミットに出席。 ...

セミナー情報

セミナー内容

 

◎暗号資産の種類と展望 ◎ビットコインの仕組み

◎法定通貨、電子マネーとの違い 

◎暗号資産の買い方・売り方・使い方

◎暗号通貨で世界のお金の秩序が変わる

◎世界に先駆け中国が「デジタル人民元」運用開始の意味

◎世界が目指すところとは? ◎日本の方針は?

◎暗号資産の法整備・会計ルール

◎暗号技術ブロックチェーン

◎社長が知るべき「ブロックチェーンを

 使った新たなビジネスとチャンス」…など

セミナー要項

会期・会場

 

東京:4月20日(火) 14:00~16:30

オンライン:4月20日(火) 14:00~16:30

ご参加費用

各回ごと1名につき4万8千円(消費税、テキスト代を含みます)

お金の授業・メンバー3万5千円(税込)

クレジットカード決済対応

お問い合わせ 日本経営合理化協会 担当:坂上公太
〒101-0047 東京都千代田区内神田1-3-3
TEL 03-3293-0041 FAX 03-3293-0048

「【暗号資産とブロックチェーン業界 今後の展望】お金の授業」セミナーへのお申し込み

開催日時 種別 参加料 人数 購入
2021年4月20日(火) 東京開催(日本経営合理化協会4F JMCAホール) 48,000
 名
開催終了
2021年4月20日(火) オンライン開催(オンラインセミナー) 48,000
 名
開催終了

2021年4月20日(火)

東京開催(日本経営合理化協会4F JMCAホール)

参加料 48,000円 人数
 名

2021年4月20日(火)

オンライン開催(オンラインセミナー)

参加料 48,000円 人数
 名

※表示は全て税込(10%)価格です。

このセミナーについてのお問い合わせ keyboard_arrow_right