社長の経営セミナー・本・講演CD&DVD・ダウンロード【日本経営合理化協会】

文字の大きさ

ようこそ、ゲスト

株式会社ユキ インベストメント 創業者 (株)ユキ アセット マネジメント代表

押谷孫行 (おしたにまごゆき)

1976年電気通信大学大学院(通信工学専攻)を卒業後、立花証券にてシニア・アナリスト及びストラテジストとして従事。

1983年よりFidelity社日本法人でポートフォリオマネージャーとして約9年間海外の年金基金等の日本株ポートフォリオ構築に携わる。1992年に㈱ユキ アセットマネジメントを設立。

独自の運用モデル“ユキ・マトリックス”を利用して1996年に㈱ユキ インベストメントを設立し、

内外機関投資家を対象にドバイザリー業務をスタート。
長期の運用を得意とすし、現在、日本株・アメリカ株・韓国株・台湾株等のスペックに合致したユニバースの提供を行っている。

押谷孫行 (おしたにまごゆき)のセミナー

「富と繁栄の大原則」

セミナー

12月10日(木)14:00~17:00

「富と繁栄の大原則」

 現代の経営者は、事業を築くと同時に、富が富を生む仕組みを資産の中で無理のない範疇で実行する。たとえ事業がなくなろとも3代で没落することは決してないようにするためだ。  そこで、これから数回に渡り、欧米のビジネスオーナーの顧客を多く持つ欧米でもトップクラスの資産管理会社として知られているユキマネジメントアンドリサーチ社を経営するファンドマネージャー押谷孫行氏にお願いし、世界標準の資産管理法と考え方、経営者が知ると経営に役に立つ経済指標、押谷流「企業分析」と自社に落とし込んで20年成長企業となる視点をご指導 いたします。

講師紹介

1976年電気通信大学大学院(通信工学専攻)を卒業後、立花証券にてシニア・アナリスト及びストラテジストとして従事。

1983年よりFidelity社日本法人でポートフォリオマネージャーとして約9年間海外の年金基金等の日本株ポートフォリオ構築に携わる。1992年に㈱ユキ アセットマネジメントを設立。

独自の運用モデル“ユキ・マトリックス”を利用して1996年に㈱ユキ インベストメントを設立し、

内外機関投資家を対象にドバイザリー業務をスタート。
長期の運用を得意とすし、現在、日本株・アメリカ株・韓国株・台湾株等のスペックに合致したユニバースの提供を行っている。

押谷孫行の情報を見た人は、この講師情報も見ています。