【秋季・全国経営者セミナー】事業家・若手起業家…31講師登壇、日本最大級の経営者セミナー 

日本経営合理化協会の関連サイト
デキル社員に育てる! 社員教育の決め手 | 社長の経営セミナー・本・ダウンロード・CD&DVD【日本経営合理化協会】

文字の大きさ

日本経営合理化協会 BOOK&CD・DVD
お電話でのご注文も承っております:03-3293-0041

第137回 コミュニケーション上手になる仕事の進め方58「社内全体が見える視点をもとう」

第137回 コミュニケーション上手になる仕事の進め方58「社内全体が見える視点をもとう」

「仕事のすすめ方」
◆仕事を円滑にすすめる「コミュニケーションのスキル」◆
 

 前回は「気持ちのこもった来客応対や電話応対をするには」についてお話しました。今回は「社内全体が見える視点をもとう」についてお話します。

 私達の暮らしは、時代とともに益々便利になって暮らし易くなっています。それに比べて人間関係はどうでしょうか。必ずしも比例しているかと言うと、私は疑問を持ちます。家族が揃って夕食を取ったとしても、すぐに各々が自分の部屋に戻ってしまうのではないでしょうか。イギリスのニュースサイト「daily  online」によると、家族で過ごす時間は平日で一日当たり34分という調査結果でした。
一緒に過ごしていても誰かが無言でテレビを見ていたりゲームをしたり、スマホやタブレットに夢中だとしたら、家族のコミュニケーションもおぼつかなくなります。
 時代として、コミュニケーション不足のまま育つ環境のため、新人社員は会社に入っても同じような動きになり易いです。つまりコミュニケーションが苦手だったり仲間のことに無関心で、興味が自分にしか向かないスタンスの社員ということです。私はその様な社員は環境の中で身に着いた傾向であって、素の部分は別ではと考えます。変われる可能性はありです。その意味で、あなたがその後輩に関わって下さい。会社という組織の中で後輩が今まで通り、コミュニケーションが苦手や自分以外に無関心というのでは、会社の動きにブレーキをかけてしまいます。
 もし周りの人がまだ仕事をしているのに、あなたの後輩が自分の仕事が終わったからとさっさと帰ったとしたら、職場の雰囲気が悪くなってしまいます。後天的に身についてしまった態度を、後輩に気づいてもらうには少し時間がかかります。そのうえであなたにお願いしたいことが二つあります。
一つ目は、根気よくコミュニケーションを取り続けることです。家族の場合コミュニケーション不足でも、暗黙の了解で家族だからという甘えですむかも知れません。会社の仲間は家族ではないので、良好な関係を保つには「言葉」で関わることが必要です。関わらなければ、相手の姿が目に映っても、存在としてしっかり見ることはできません。
 朝の挨拶から始まり、声かけの機会をできるだけ捉えて「あなたに関心がある」ということを後輩の「心」に届けてください。さらに後輩の表情を観察し、表情に合った声かけをプラスするとよいでしょう。笑顔やアイコンタクトも大切ですが、会話に後輩の名前を入れるのはマストです。
 
・「おはよう、〇〇さん。あら、そのストールの色、とても似あうわね。」
・「○○さん、パソコンに長時間集中していたけど、目が疲れていない?」
・「頼んだ資料、もう揃えてくれたの。〇〇さんの手際が良くて助かるわー。」(褒めることを見つけたら、どんどん褒めて下さい。誰でも「承認される」と嬉しいのですから。)他に、お天気や時事のネタなどの話題もよいでしょう。このようなレベルの声かけを二、三ケ月続けます。後輩の反応が感じられたら、次のステージです。後輩の席の周りの人の良いところを、さりげなく情報として話します。これは、後輩が周りの人に関心を持って話しかけるときのキッカケ作りになります。
・「ねぇ、〇〇さん。隣のAさんって毎朝お子さんを幼稚園に送ってから出社しているそうよ、いいパパよね。」
・「隣のBさんの趣味何だと思う?(答えを少し待ってから)週に一回カルチャーセンターで油絵を描いているのですって。だから、洋服の色のセンスもいいでしょ。」
さらに後輩の心が開いてきたと感じたら、
・「○○さん、よければ今日はお昼一緒に食べない?美味しくてリーズナブルのお店がオープンしたって聞いたの。一人で入るのはちょっとね。一緒に行ってくれたら嬉しいな。」
 
 ここまでくるのに、人によっては半年位かかるかも知れません。でもめげずに頑張って下さい。自分のコミュニケーション力のアップにも繋がりますし、目の前で後輩が育つ姿に立ち会える充足感がプレゼントされます。
 二つ目はコミュニケーションの中に、後輩の知識を広げる目的の話材を入れます。後輩の視野が狭いのは、知識の量に関係しています。それが自分中心の動きになっているとも考えられます。いろいろな知識に関心を持つキッカケをできるだけ与えてください。全部教えるのではなくキッカケを与えることが大事です。自主的に学ぶ姿勢や自ら考える意識を育てるためです。それが「社内全体が見える視点を持とう」に繋がります。
 
 
 

 

バックナンバー

2020.05.29
第140回 コミュニケーション上手になる仕事の進め方61「新入社員に仕事の基本を教えていく前準備」
2020.05.01
第139回 コミュニケーション上手になる仕事の進め方60「職場のリーダーが社員一人一人と上手にコミュニケーションを取るための心がけ」
2020.04.10
第138回 コミュニケーション上手になる仕事の進め方59「聴き取りやすい声とは」
2020.02.07
第137回 コミュニケーション上手になる仕事の進め方58「社内全体が見える視点をもとう」
2020.01.10
第136回 コミュニケーション上手になる仕事の進め方57「気持ちのこもった来客応対や電話応対をするには」
  1. ≫記事一覧

経営コラムニスト紹介

電話応対コラム 松尾友子 氏

松尾友子(まつおともこ)氏

お客様に好かれてはじめてお取引が始まる。そのためにはお客様とのコミュニケーションを社員一人ひとりが意識することが重要だと主唱する社員教育インストラクター。
好感をもたれる「ビジネスマナー」、的確な「電話応対」、当たり前ができる「仕事の基本」など、きめ細やかな指導で、新人からベテラン社員まで多くの受講生を指導。社員ひとりひとりと向き合い、仕事の基本を徹底、定着させる指導は定評。
現在は、企業診断電話コンクール審査員講師としても活躍する。主な指導先に西武百貨店、JR東日本、パナソニック電工、医療法人徳真会など多数。

主な著書に「明るくて好かれる社員になる法」「1日5分!自分の磨き方」「大人のエレガントマナー」など多数。
《好 評》【通信講座】ビジネスコミュニケーションスキル講座
松尾友子氏が仕事の基本ビジネス・コミュニケーションスキルを体系化。コミュニケーションの基本をはじめ、話の聞き方、伝え方を通信教育形式で習得いただけます。
電話応対コラム 浦野啓子

浦野啓子(うらのけいこ)氏

東芝商事で現場実務を経たのち、対話総合センターに入所。多くの企業、団体の電話応対実務を指導する。その後、産能大学東京事業部講師を経て、電話応対コンサルタントして独立。
なぜ、会社にとって電話応対が大事なのかを常に念頭におき、適切な応対法と電話応対時のマナーの徹底で、「お客様の満足と感謝のこころ」を高める指導法には全国の社長から信頼が厚い。
主な指導先にバイエル薬品、ヤマハ、ブリジストン、日赤病院、共同テレビジョン、
ジャパンエナジー、富士フィルム、キッコーマン、JR東日本、弁護士事務所をはじめ大手から中小企業まで200 社を超える。
著「電話の応答が3 時間でマスターできる」「クレーム処理が上手い人下手な人」
「ことば上手は仕事上手」「営業電話の応答が3時間でマスターできる」。
社員研修ビデオ・ DVD「あたり前の仕事をキチンとできる職場のルールDVD・ビデオ」、電話応対教育ビデオ「ビジネス電話マナーDVD・ビデオ」他多数。

コミュニケーションインストラクター浦野氏・松尾氏の経営コラムに関するお問い合わせ