【新春・全国経営者セミナー】事業家・若手起業家…日本最大級、経営者700名が集う3日間 

日本経営合理化協会の関連サイト
ロングセラーの玉手箱 | 社長の経営セミナー・本・ダウンロード・CD&DVD【日本経営合理化協会】

文字の大きさ

日本経営合理化協会 BOOK&CD・DVD
お電話でのご注文も承っております:03-3293-0041

第8回 MIPがもたらす「13の経営メリット」その4

第8回 MIPがもたらす「13の経営メリット」その4

 先回に続き、MIP商品をもつことの経営における13のメリットを挙げてみましょう。今回は8つ目からの説明です。
 
 
 ⑧少ない広告費で多大な効果が得られる
 
 「これまでになかったものは、売りにくい」。新たな市場を創造する商品には、多くの広告費が必要になると、多くの人が思い込んでいます。しかしそれは、既存市場に後発参入したり、差別的に参入するからです。MIP商品は、お客様の隠れたニーズを徹底的に見極めて、生み出された商品です。
 
 先にMIP商品は、「出るまでは、誰も欲しいと思わなかった」が「出たら誰でも欲しいと思う」商品といいました。したがって多くの場合、発売するや、広告・宣伝が十分でなくても売れていきます。また話題性・ニュース性に富んでいて、マスコミがこぞって取り上げるケースも少なくありません。
 
 当初は十分な広告宣伝費がかけられなくても、お客様の方から買っていただけるのが、MIP商品の凄さです。
 
 たとえば、1984年に発売されたアルマンの「禁煙パイポ」は、社員わずか4人の零細企業のMIP商品ですが、ごく少ない広告宣伝で、街角のタバコ屋の店頭に並べたはしから売れていきました。
 
 冴えないオヤジが小指を立てて、「私はコレで会社を辞めました」という、当時一世を風靡した禁煙パイポのTVコマーシャルをご記憶の読者もいらっしゃると思います。これは、ギリギリの低予算で作成したコマーシャルでした。予算がないから、有名なタレントは使えず、一般の会社員をオーディションから選んで、短期間につくったものです。
 
 ところが放映後は大反響、初年度で「禁煙パイポ」を19億円売るという、空前の大ヒット商品となりました。
 
 今も「禁煙パイポ」は、親会社マルマンの主力商品のひとつ「電子パイポ」にも受け継がれロングセラーを続けています。この「禁煙パイポ」は、私がコンサルタントとして独立したとき初めて手がけた商品ですが、詳しいイキサツは、私の著書『30年売れて儲かるロングセラーを意図してつくる仕組み』(日本経営合理化協会 刊)の第Ⅲ篇で取り上げていますのでご参照ください。
 
 ⑨無名のメーカーでも積極的に取り扱ってくれる
 
 小売業のバイヤーは、後発商品の取り扱いには慎重です。むしろ現在よく売れている商品を継続的に取り扱おうとするものです。もし無名のメーカーが後発商品の取引をしようとしても、よほど安いか、マージンがよくない限り、商談成立はむずかしい。
 
 しかし新カテゴリーを創り出したMIP商品は別です。必ず積極的に応じるバイヤーが出てきます。
 
 ⑩新技術開発で先行できる
 
 消費者の無理難題なニーズに応える技術開発で先行できることは、技術開発競争にとってきわめて有利なことです。
 
 研究のための研究など許されない環境にあって「何をつくるための技術か」を見定めることが研究開発部門の課題です。
 
 MIP商品開発は、商品コンセプト開発からスタートするので、「お客様の未充足の強い生活ニーズ」を解決するという明確な課題があり、他社がまったく着手していなかった新技術を、先んじて自社のものとすることができるのです。
 
 

バックナンバー

2016.12.13
第9回 MIPがもたらす「13の経営メリット」その5
2016.11.15
第8回 MIPがもたらす「13の経営メリット」その4
2016.10.11
第7回 MIPがもたらす「13の経営メリット」その3
2016.09.27
第6回 MIPがもたらす「13の経営メリット」その2
2016.08.09
第5回 MIPがもたらす「13の経営メリット」
  1. ≫記事一覧

経営コラムニスト紹介

商品企画エンジン代表 梅澤伸嘉氏

長寿商品開発コンサルタント/梅澤伸嘉氏

 30年以上トップシェアで売れ続ける長寿商品を世界一生み出してきた名人。

 サンスターとジョンソンにてヒットを連発。独立後にはじめて手がけた禁煙パイポは、カネなし・ヒトなし・技術なしの零細ベンチャーを初年度売上19億円の大ヒットに導く。これらすべての商品は、30以上経た今も、強力なトップブランドとして君臨している。

 自身の経験から、販売力よりも売る前の「商品力づくり」で成功は決まると断言。多産多死が常識の商品開発と決別し、意図して、コンスタントにロングセラーをつくる画期的なメソッドを体系化。これまで1万人を指導し、梅澤メソッドによって多くの成功商品が生み出されている。

 近年は、とりわけ中小企業の指導に精力を注ぎ、下請けからの脱却や、ロングセラー効果による安定的な利益の累積を実現。5億、10億、50億…と年商のカベを突破する企業を続出させている。1940年生まれ。日本大学大学院卒。愛知学院大学大学院博士課程修了。経営学博士。商品企画エンジン株式会社 代表取締役会長。一般社団法人 日本市場創造研究会 代表理事。MIP経営塾塾長。

■ 梅澤メソッドによって生み出された商品の一例
《著者自身が手がけたロングセラーの数々》
 ・男性用洗髪剤「サンスター トニックシャンプー」
      1968年発売(48年間トップシェア)
 ・皮膚用虫除け剤「スキンガード」1974年発売(42年間〃)
 ・スニーカー洗剤「ズックリン」1978年発売(38年間〃)
 ・風呂釜洗浄剤「ジャバ」1981年発売(35年間〃)
 ・カビ取りスプレー「カビキラー」1982年発売(34年間〃)
 ・天ぷら油処理剤「固めるテンプル」1983年発売(33年間〃)
《著者が開発指導をしたシェア№1商品の数々》
 ・アルマン「禁煙パイポ」1984年発売
 ・小林製薬「杜仲茶シリーズ」2003年〃
 ・シヤチハタ「おなまえスタンプ」2000年〃
 ・イミュ「塗るつけまつげ」2001年〃
 ・ハウス食品「ウコンの力」2004年〃
 ・ワコール「スタイルアップパンツ」2005年〃
 ・明治「プロビオヨーグルトR─1」2009年〃
 ・バンダイナムコ「釣りスピリッツ」2012年〃
                      …ほか多数


【梅澤 伸嘉氏最新刊】
メーカー・建設・住宅販売・流通・サービス…売り込まなくても長く売れ続く【最強の売りモノ】づくり
【最新刊】30年売れて儲かるロングセラーを意図してつくる仕組み

商品企画エンジン 代表梅澤 伸嘉氏の経営コラムに関するお問い合わせ