【新春・全国経営者セミナー】事業家・若手起業家…日本最大級、経営者700名が集う3日間 

日本経営合理化協会の関連サイト
眼と耳で楽しむ読書術 | 社長の経営セミナー・本・ダウンロード・CD&DVD【日本経営合理化協会】

文字の大きさ

日本経営合理化協会 BOOK&CD・DVD
お電話でのご注文も承っております:03-3293-0041

第91回『なぜ本を踏んではいけないのか』(著:齋藤 孝)

第91回『なぜ本を踏んではいけないのか』(著:齋藤 孝)

 
猛暑の夏もピークを超え、暑さの中にも秋の訪れが感じられるようになりました。
ということで、「読書の秋」を先取りすべく、
今回は、読書についての本を紹介したいと思います。
 
『なぜ本を踏んではいけないのか』(著:齋藤 孝)

91-1.jpg
 
です。
まさに、タイトルどおりの"人格読書"とも言うべき、
崇高で骨太な読書論!
 
「私は本を読むからこそ思考力も、人間性や人間力も深まると考える」
 
「本を読んだという体験があるだけでは意味がない。それが自分の血や肉となって、
 折にふれて、その書物の内容が引用できるまでになることが大事である」
 
「本を読み尽くす、味わい尽くすには、著者に私淑するつもりで読むといいと
 私は考えている」
 
「人間の総合的な成長は、優れた人間との対話を通じてはぐくまれる。
 しかし、身近に先導者と呼べるような人がいるとはかぎらない。
 しかし本であれば、いつでもどこでも優れた人と対話できる。
 この出会いが向上心を刺激し、思考力や人間力を高めることにつながる」
 
など、読書の本質に深く入り込んだ記述が続々と!
 
文中で引用、紹介されている本も多数あり、
どれも興味を惹かれるとともに、非常に参考になります。
 
引用の例を挙げると、
 
「ぼくは今まで、活きた眼で読書していなかった人間である。
 本の選び方、本の読み方を知らなかった。
 つまり真の人生の生き方を知らなかった」
   『わがいのち月明に燃ゆ―戦没学徒の手記』(著:林尹夫)より
 
「すべて良書を読むことは、著者である過去の世紀の一流の人びとと
 親しく語り合うようなもので、しかもその会話は、かれらの思想の最上のものだけを
 見せてくれる、入念な準備のなされたものだ」
   『方法序説』(著:デカルト)より
 
「若い人々から、何を読んだらいいかと訊ねられると、
 僕はいつもトルストイを読み給えと答える。
 あんまり本が多すぎる、たからこそトルストイを、トルストイだけを読み給え。
 文学に於て、これだけは心得て置くべし、というようなことはない。
 文学入門書というようなものを信じてはいけない。
 途方もなく偉い一人の人間の体験の全体性、恒常性というものに先ず触れて
 充分に驚くことだけが大事である」
   『小林秀雄全作品(第19所収)』(著:小林秀雄)より
 
など、深いものばかり。
経営者・リーダーが、さらに読書力を高めるために
大きな力となる一冊!
ぜひお役立ていただければ幸いです。
 
尚、本書を読む際に、おすすめの音楽は
『ソニー・スティット・プレイズ』(演奏:ソニー・スティット・カルテット)
 
91-2.jpg
 
 
ソニー・スティットが、1955年12月に録音した名盤。
60年以上もの月日がたっても色褪せない、いや、時がたつほどに魅力が増す音楽は、
本書で紹介されている良書にも通じるものを感じます。
合せてお楽しみいただければ幸いです。
 
では、また次回。
 

バックナンバー

2019.09.27
第92回『未来をつくる図書館』(著:菅谷明子)
2019.08.30
第91回『なぜ本を踏んではいけないのか』(著:齋藤 孝)
2019.07.26
第90回『思わず考えちゃう』(著:ヨシタケシンスケ)
2019.06.28
第89回「『氣』の道場 一流経営者やリーダーはなぜ『氣』を学ぶのか」』(著:藤平信一)
2019.05.31
第88回『きちんと理解するイギリスの歴史』(著:内藤博文)
  1. ≫記事一覧

経営コラムニスト紹介

本のソムリエ・団長

本のソムリエ・団長 シブヤ駅前読書大学 学長 一里塚華劇団 主宰

パリ、ロンドン、オーストラリア…国内外で活動を展開する、インディーズ・エンタメロックバンド
「一里塚華劇団」を主宰。ボーカル&ギター。

音楽分野のみならず、ラジオDJ、写真家、講演&教育活動、食文化研究家、翻訳家…はじめ、テレビ出演や各雑誌への寄稿など幅広く、ビートルズの ポール・マッカートニー生家で流れる日本語ナレーションも担当するなど、その活動範囲は、とどまるところを知らない。

特に、年間1000冊以上の読書を楽しむ “本のソムリエ” としてつとに著名で、小中学校や教育機関からの、読書授業の依頼が殺到。 活字離れが加速化する現代、独特の読み聞かせを始めとするユニークな授業を通じて、読書と親しむキッカケづくり、日本語教育に情熱を注いでいる。

シブヤ駅前読書大学・学長、NPO読書普及協会・専任講師、文部科学省「青少年のためのオーサービジット」講師、 日本学びテーナー協会・名誉会長、ワクバカアカデミー・主任教授などを兼務。趣味は帽子集め。世界各地の100個以上所有。大の甘党で"スイーツプリンス"の異名をとる。 著書に「夢は見つかる。必ず叶う!」、「わたしの読書日記(寄稿)」などがある。

※本名非公表。“団長”の名は「一里塚華劇団」リーダーの肩書きと芸名も兼ねています
『本のソムリエ団長』ホームページ http://www.honsom.com

本のソムリエ・団長シブヤ駅前読書大学学長の経営コラムに関するお問い合わせ