社長の経営セミナー・本・CD&DVD【日本経営合理化協会】

文字の大きさ

ようこそ、ゲスト

眼と耳で楽しむ読書術

本は、ときに師匠、ときに親友、そして、ときに自分を映す鏡となる…。
人は本を通じ、人生の様々なことを学び、本の中の言葉に人生を救われることもあります。
読んでいるときの状態で、“あ、ちょっとテングになりかけてたな…”と、いまの自分が計れることだってできるのです。

このコラムは、マルチタレント・ロックスターとしての音楽活動と同時に、年間1000冊の読書量を誇る“本のソムリエ”
としてご活躍の団長が、ナビゲーターをご担当。

ビジネス書、小説、絵本、実用書、詩集、マンガ、写真集…のあらゆるジャンルから、
団長自身が“よい本”と称する、
 (1)行間から人柄や熱い思いが伝わってくる
 (2)次のページを読みたくなる
の2つの基準で、“この本と出会えてよかったぁ”本を、特別にセレクト。

さらに、現役ミュージシャンであり作曲家でもある団長に、今までに聴いた1万枚以上のアルバム・楽曲の中から、
読書が何倍も楽しくなる、とっておきの素敵なBGMを、厳選紹介いただきます。

最新の記事

最新記事 09/25日更新第104回「ジャパネットの経営」(著:髙田旭人)

先週、第140回・全国経営者セミナーに、顔を出してきました。   コロナ禍にありながらも、意欲の高い経営者、リーダーの方たちが集まり、 例年以上にピリっとした空気!   講師関係者席にも、新将命さんや福永雅文さんら大御所が陣取り、 熱心にメモをとられていた姿が印象に残っています。   皆さんの学ぶ姿勢に、ぼく自身、火をつけられた感があり、 今まで以上に充実したセミナーとなりました。   今回、講演を聴いた中で、いい意味で期待を裏切られたのが、 髙田旭人…続きを読む

バックナンバー

2020.08.28
第103回「スポーツ・アイデンティティ」(著:田崎健太)
2020.07.31
第102回「ロレンスになれなかった男」(著:小倉孝保)
2020.06.26
第101回「大林宣彦の体験的仕事論」(語り:大林宣彦 構成:中川右介)
2020.05.29
第100回「世界観をつくる」(著:水野学×山口周)
2020.04.24
第99回「赤狩り」(著:山本おさむ)
  1. ≫記事一覧

経営コラムニスト紹介

本のソムリエ・団長

本のソムリエ・団長 シブヤ駅前読書大学 学長 一里塚華劇団 主宰

パリ、ロンドン、オーストラリア…国内外で活動を展開する、インディーズ・エンタメロックバンド
「一里塚華劇団」を主宰。ボーカル&ギター。

音楽分野のみならず、ラジオDJ、写真家、講演&教育活動、食文化研究家、翻訳家…はじめ、テレビ出演や各雑誌への寄稿など幅広く、ビートルズの ポール・マッカートニー生家で流れる日本語ナレーションも担当するなど、その活動範囲は、とどまるところを知らない。

特に、年間1000冊以上の読書を楽しむ “本のソムリエ” としてつとに著名で、小中学校や教育機関からの、読書授業の依頼が殺到。 活字離れが加速化する現代、独特の読み聞かせを始めとするユニークな授業を通じて、読書と親しむキッカケづくり、日本語教育に情熱を注いでいる。

シブヤ駅前読書大学・学長、NPO読書普及協会・専任講師、文部科学省「青少年のためのオーサービジット」講師、 日本学びテーナー協会・名誉会長、ワクバカアカデミー・主任教授などを兼務。趣味は帽子集め。世界各地の100個以上所有。大の甘党で"スイーツプリンス"の異名をとる。 著書に「夢は見つかる。必ず叶う!」、「わたしの読書日記(寄稿)」などがある。

※本名非公表。“団長”の名は「一里塚華劇団」リーダーの肩書きと芸名も兼ねています
『本のソムリエ団長』ホームページ http://www.honsom.com

おすすめ商品

本のソムリエ・団長シブヤ駅前読書大学学長の経営コラムに関するお問い合わせ