日本経営合理化協会の関連サイト
指導者たる者かくあるべし | 日本経営合理化協会BOOK&CD・DVD

文字の大きさ

日本経営合理化協会 BOOK&CD・DVD
お電話でのご注文も承っております:03-3293-0041

日本的組織管理(14) 無視、称賛、非難の三原則

日本的組織管理(14) 無視、称賛、非難の三原則

 弱小球団を常勝軍団に蘇らせてきた元プロ野球監督の野村克也は、人材育成の極意を「一に無視、二に称賛、三に非難」だと話す。「私はその3段階を使い分けて、選手に接してきた」。

 この三原則は、自らが南海ホークスの選手時代に、時代の評価を三分した三大監督の一人で“親分”と慕われた人情監督の鶴岡一人から身をもって教えられたことだと振り返る。

 高校時代には実績もないままテスト生として入団し、来る日も来る日もブルペンキャッチャーとして苦悶していた野村を鶴岡は無視し続ける。監督の無視が、「いまに見ておれ」と闘争心に火をつけた。キャッチング、送球、打撃の技術向上に励む原動力となる。

 鶴岡はただ無視していたわけではない。その成長を見極めていたのだ。

 三年目の春、前年優勝のご褒美で、ハワイに遠征し当時は珍しい海外キャンプを張った。レギュラー選手たちが物見遊山気分で浮かれている間に、野村はめきめき頭角をあらわす。

 帰国会見で鶴岡は言った。「このキャンプは失敗だったが、唯一の収穫は野村に使えるメドがついたことだ」。

 野村は、ようやく認められ、シーズンに入り一軍捕手に引き上げられる。それでも鶴岡はベンチで無視し続ける。声もかけない。

 そのシーズンのある試合前、大阪球場のベンチへ向かう暗い通路ですれ違ったときに、鶴岡はぼそりと言った。「おう、お前、ようなったな」。

 「この先、俺はプロでやっていけるかもしらんな」と、野村は跳び上がるほどうれしかった。普段褒(ほ)められないからこそ自信となった。翌年、野村は30本塁打、94打点を記録する。

 その後、15年間、監督と中心打者として南海を引っ張った二人だが、褒(ほ)められたのは後にも先にもこの一回きりだった。

 本塁打王となっても三冠王を獲得しても、「今のプレーはなんや」「しっかりせい」と叱られるばかり。

 「〈無視〉は、他人からのアドバイスだけでなく、自分自身で考えられる力を持つための期間。〈称賛〉とは、まだ一人前扱いしていないこと。〈非難〉とは、一人前になった選手に、さらに上を目指すように仕向けるために欠点を指摘すること」。

 野村がたどり着いた、人遣いの境地である。

 (書き手)宇惠一郎 ueichi@nifty.com

 

参考文献

『最強の組織をつくる 野村メソッド』野村克也著 彩図社
『野村再生工場―叱り方、褒め方、教え方』野村克也著 角川oneテーマ21
『なぜか結果を出す人の理由』野村克也著 集英社新書
『野村克也野球論集成』野村克也著 徳間書店

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

バックナンバー

2017.12.12
失敗に原因あり(1) 幸運の女神に後ろ髪はない
2017.12.05
日本的組織管理(14) 無視、称賛、非難の三原則
2017.11.28
日本的組織管理(13) 結果論では叱らない
2017.11.21
日本的組織管理(12) 人材育成には、短所こそ大改革せよ
2017.11.14
日本的組織管理(11) じゃじゃ馬ならし
  1. ≫記事一覧

経営コラムニスト紹介

宇惠一郎

宇惠一郎氏  元読売新聞東京本社国際部編集委員

 早稲田大学卒業後、商社を経て、1978年読売新聞社入社。社会部、外報部、95~98年ソウル支局長。帰国後、解説部次長、2007年編集委員。2011年4月〜2012年8月ソウル支局長(専任部長)、2012年9月編集委員、現在フリージャーナリストとして活躍している。

 主な著書と受賞歴
「やさしい政治家 早稲田出身国会議員54人の研究」
「理解と誤解 特派員の読む金大中の韓国」
  1997年「第1回 サムスン言論大賞特別賞(海外部門)」受賞


連絡先 ueichi@nifty.com
 

宇惠一郎氏の経営コラムに関するお問い合わせ