【好評発売中!】「春季・全国経営者セミナー」講演CD・DVD 

日本経営合理化協会の関連サイト
指導者たる者かくあるべし | 日本経営合理化協会BOOK&CD・DVD

文字の大きさ

日本経営合理化協会 BOOK&CD・DVD
お電話でのご注文も承っております:03-3293-0041

指導者たる者かくあるべし

宇惠一郎氏は、元読売新聞東京本社国際部編集委員、現在、多方面で活躍するフリージャーナリスト。
本シリーズは、宇惠一郎氏が独自の眼で、古今東西の政治、経済、スポーツなど各界の指導者の秘話を拾い上げ、本物のリーダーシップとは何かを示唆するものである。

最新の記事

最新記事 04/25日更新情報を制するものが勝利を手にする(16)
相撲に負けて勝負で勝つ

 三国干渉の話に戻る。日清戦争の講和条約で日本が清国から約束された遼東半島の割譲に対して、ロシア、ドイツ、フランスの三国が返還を強く求め、日本が割譲放棄に追い込まれた外交敗戦のことである。  「日本と戦えば負ける」と強く自覚していた李鴻章は、開戦を余儀なくされると早期の休戦の斡旋、仲介を欧米各国に働きかける。  中国での経済利権を貪る列強が、新参者である日本の中国進出を許さず必ず牽制すると睨んだからであった。  清国の外交担当部署である総理衙門(そうりがもん)を飛び越えて各国…続きを読む

バックナンバー

2017.04.18
情報を制するものが勝利を手にする(15)
人材教育の伴わない改革は意味がない
2017.04.11
情報を制するものが勝利を手にする(14)
理想と現実の間での苦闘と智恵
2017.04.04
情報を制するものが勝利を手にする(13)
交渉の潮目を読む
2017.03.28
情報を制するものが勝利を手にする(12)
日清講和と李鴻章
2017.03.21
情報を制するものが勝利を手にする(11)
民衆の力を信じて国境を開く
  1. ≫記事一覧

経営コラムニスト紹介

宇惠一郎

宇惠一郎氏  元読売新聞東京本社国際部編集委員

 早稲田大学卒業後、商社を経て、1978年読売新聞社入社。社会部、外報部、95~98年ソウル支局長。帰国後、解説部次長、2007年編集委員。2011年4月〜2012年8月ソウル支局長(専任部長)、2012年9月編集委員、現在フリージャーナリストとして活躍している。

 主な著書と受賞歴
「やさしい政治家 早稲田出身国会議員54人の研究」
「理解と誤解 特派員の読む金大中の韓国」
  1997年「第1回 サムスン言論大賞特別賞(海外部門)」受賞


連絡先 ueichi@nifty.com
 

宇惠一郎氏の経営コラムに関するお問い合わせ