【好評発売中!】「新春・全国経営者セミナー」講演CD・DVD 

日本経営合理化協会の関連サイト
指導者たる者かくあるべし | 日本経営合理化協会BOOK&CD・DVD

文字の大きさ

日本経営合理化協会 BOOK&CD・DVD
お電話でのご注文も承っております:03-3293-0041

ナンバー2の心得(3) オーナー家の内紛との距離のとり方

ナンバー2の心得(3) オーナー家の内紛との距離のとり方

 室町幕府草創期の歴史からその功績を消された武将、高師直(こうの・もろなお)の悲劇について考えてみる。
 
 14世紀前半、鎌倉幕府の権威は衰え、倒幕に動いた後醍醐天皇の親政も3年で頓挫し、足利氏による室町幕府の開創と時代は目まぐるしく動く。
 
 高師直は、鎌倉幕政期から、関東武士の棟梁・足利家の重鎮として仕えてきた。動乱の時代にあって足利尊氏(あしかが・たかうじ)の武将として、鎌倉倒幕、対南朝戦争に数々の武勲を挙げてきた。師直がいなければ、足利家の権力奪取はなかったといっても、過言ではない。
 
 足利尊氏が征夷大将軍に任命され室町幕府を開くと、首相格の執事(補佐役)としてナンバー2の権力を振るう。いわば、創業オーナーの発展に尽くした忠節の番頭である。
 
 しかし、幕府草創期の足利家には、複雑な事情があった。尊氏は将軍に就くと、軍事権と守護の任命権を行使したものの、政治の一線からは退き、土地争いの調停などの内政権限は弟の足利直義(あしかが・ただよし)に委ねた。
 
 幕府は、将軍尊氏と、“三条殿”と呼ばれた直義の兄弟による二頭体制で運営されていた。師直は、尊氏、直義の二人の権力者の共通の執事として仕えた。
 
 さらに複雑な事情は、尊氏の後継体制のトラブルだった。尊氏には、“お手つき”の側室との間に長子として男児がいたが、尊氏は正室への遠慮から、この子を認知せず寺に預けた。直義は、その子を養子として引き取り、育てることにした。
 
 尊氏は正室の子、義詮(よしあきら)を後継に考えていたが、不遇の子の直冬が、対南朝の戦いで輝かしい戦果を挙げてしまう。
 
 いつの世でも同じで、こうなるとお家騒動が持ち上がる。
 
 番頭の師直が、オーナー兄弟の間でバランスをとれば後の悲劇はないけれど、仁義を重んじる武家の習いとして、当然に将軍・尊氏に忠誠を尽くす。実務官僚的性格の直義と、ことごとく対立するようになる。
 
 直義としては、兄尊氏との政治闘争上、武闘派筆頭として政治力をつけてきた師直が邪魔になる。取り除こうと工作する。あることないこと悪事をあげつらい、尊氏に師直の執事解任を直訴、師直は所領を没収されたうえ謹慎させられる。
 
 尊氏にしてみれば、不仲とはいえ直義は血の繋がったパートナー。兄弟でのいさかいの原因となる師直を切ることに躊躇はなかった。
 
 足利家のために尽くしてきた師直としては浮かばれないが、これはまだ悲劇の入り口であった。 (この項、次回に続く)
 
 

 (書き手)宇惠一郎 ueichi@nifty.com

 

 参考文献
『太平記1-3(日本古典文学大系)』岩波書店
『観応の擾乱』亀田俊和著 中公新書
『足利尊氏と直義』峰岸純夫著 吉川弘文館
『南北朝の動乱(日本の歴史9)』佐藤進一著 中公文庫

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

バックナンバー

2018.05.08
ナンバー2の心得(4) 「血は水よりも濃い」と知れ
2018.05.01
ナンバー2の心得(3) オーナー家の内紛との距離のとり方
2018.04.24
ナンバー2の心得(2) だめリーダーであればこそ部下は毅然と
2018.04.17
ナンバー2の心得(1) "御家大事"で先を読め
2018.04.10
失敗に原因あり(17) 逃げ道のない圧迫は相手を追い込めない
  1. ≫記事一覧

経営コラムニスト紹介

宇惠一郎

宇惠一郎氏  元読売新聞東京本社国際部編集委員

 早稲田大学卒業後、商社を経て、1978年読売新聞社入社。社会部、外報部、95~98年ソウル支局長。帰国後、解説部次長、2007年編集委員。2011年4月〜2012年8月ソウル支局長(専任部長)、2012年9月編集委員、現在フリージャーナリストとして活躍している。

 主な著書と受賞歴
「やさしい政治家 早稲田出身国会議員54人の研究」
「理解と誤解 特派員の読む金大中の韓国」
  1997年「第1回 サムスン言論大賞特別賞(海外部門)」受賞


連絡先 ueichi@nifty.com
 

宇惠一郎氏の経営コラムに関するお問い合わせ