【夏季・全国経営者セミナー】事業家・若手起業家…32講師登壇、経営者700名が集う3日間 

日本経営合理化協会の関連サイト
指導者たる者かくあるべし | 日本経営合理化協会BOOK&CD・DVD

文字の大きさ

日本経営合理化協会 BOOK&CD・DVD
お電話でのご注文も承っております:03-3293-0041

失敗に原因あり(12) 二度目の変心につきあう女神はいない

失敗に原因あり(12) 二度目の変心につきあう女神はいない

 幕末の政治闘争を軍事衝突によって勝敗を決した鳥羽伏見の戦いで、最後の徳川将軍・慶喜(よしのぶ)のとった行動ほど奇妙なものはない。「討薩の表」を大目付の滝川具挙(たきがわ・ともあき)に持たせて上洛させた張本人の慶喜は、大坂城に留まったままだった。

 幕府軍が京へ向かった前日の慶応4年(1868年)正月1日に、討薩の表をしたためているから、自ら上洛する意思はあったとみるほかない。

 その文面は激烈だ。各地で起きている騒乱は、薩摩の煽動によるものだと指摘した上で、

「その奸臣どもを引き渡されたし」と願い出て、それが叶わないならば、「止むを得ず誅戮(ちゅうりく)を加え申すべく候」と、軍事力での薩摩勢の排除の強い意志を見せている。

 ところが、軍の出発にあたって慶喜は風邪を理由に寝間着のままで起きてこようとしない。戦い必至と見て躊躇したのだ。指揮官が後方でふて寝している軍が機能するわけもない。

 幕府内の強硬派に押し切られたまでで、慶喜は一貫して戦いを避けようとしたとの擁護論もある。だとしても強硬派を統率できないリーダーなど、その時点で失格だ。

 案の定、京にたどり着けず敗北を重ねた幕府軍は大坂に退却した。そこでまた、慶喜は奇妙な心変わりをする。

 大坂城は難攻不落の城である。無傷の兵力5000が残っている。敗残の兵力を合わせて立て直すなら、戦いの行方はまだわからない。

 6日夜の軍議。慶喜の出馬をせっつく幕閣たちに慶喜は言う。「よし、これより出馬する。皆々用意せよ」。軍の士気はようやく上がる。

 だが、その夜のうちに慶喜は城を抜け出し、幕府の新鋭艦「開陽丸」で江戸へと逃げ帰る。兵士たちを置き去りにして。

 悲惨だったのは会津藩をはじめ、はしごをはずされた形の幕府支持の奥羽列藩同盟だ。賊軍とされ、錦の御旗を得て「官軍」を名乗る薩長軍の蹂躙を受けることとなる。

 一度は不戦での京都撤退による政治決着を試みた慶喜だが、その後、上洛軍の進発、軍事衝突への躊躇、再度決戦を決意、逃亡と、最高指揮官の采配は揺らぎ続けた。

 いかなる闘争でも、強行突破か、柔軟策か、方針が揺れることはある。こだわるばかりでは自体の推移についていけないこともあろう。しかし、度重なる方針変更でその都度「振り出しへ戻る」となれば、従う部下などいない。

 部下どころか、運命の女神もあきれて見放してしまう。リーダーとして、一つのことで重大方針の変更が許されるのは、一度のみだ。

 (書き手)宇惠一郎 ueichi@nifty.com

 

参考文献
『日本の歴史20 明治維新』井上清著 中公文庫
『鳥羽伏見の戦い 幕府の命運を決した四日間』野口武彦著 中公新書
『戊辰戦争 敗者の明治維新』佐々木克著 中公新書

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

バックナンバー

2018.05.22
ナンバー2の心得(6) ワンマンを諌めるのはだれか?
2018.05.15
ナンバー2の心得(5) 必要なのは武力プラス政治力
2018.05.08
ナンバー2の心得(4) 「血は水よりも濃い」と知れ
2018.05.01
ナンバー2の心得(3) オーナー家の内紛との距離のとり方
2018.04.24
ナンバー2の心得(2) だめリーダーであればこそ部下は毅然と
  1. ≫記事一覧

経営コラムニスト紹介

宇惠一郎

宇惠一郎氏  元読売新聞東京本社国際部編集委員

 早稲田大学卒業後、商社を経て、1978年読売新聞社入社。社会部、外報部、95~98年ソウル支局長。帰国後、解説部次長、2007年編集委員。2011年4月〜2012年8月ソウル支局長(専任部長)、2012年9月編集委員、現在フリージャーナリストとして活躍している。

 主な著書と受賞歴
「20XX年地方都市はどう生きるか」
「やさしい政治家 早稲田出身国会議員54人の研究」
「理解と誤解 特派員の読む金大中の韓国」
  1997年「第1回 サムスン言論大賞特別賞(海外部門)」受賞


連絡先 ueichi@nifty.com
 

宇惠一郎氏の経営コラムに関するお問い合わせ