【新春・全国経営者セミナー】事業家・若手起業家…日本最大級、経営者700名が集う3日間 

日本経営合理化協会の関連サイト
新・会計経営と実学 | 社長の経営セミナー・本・ダウンロード・CD&DVD【日本経営合理化協会】

文字の大きさ

日本経営合理化協会 BOOK&CD・DVD
お電話でのご注文も承っております:03-3293-0041

第31回 行動予定表で3カ月先の明日を語らせる

第31回 行動予定表で3カ月先の明日を語らせる

第4回目の会議から、前月実績だけでなく、今月どうするのかということについても
語ってもらうことになりました。

しかし、月の半ばの会議では、予定を立てても、すでにもう半分の期間が過ぎています。

製造部門からは、
 「営業部門からもっと先の情報をもらわないと仕入や外注先への発注の予定が立たない」
という声が聞こえてきました。

そこで、
各部門のリーダーが話し合い、3カ月先の予定を立てて発表することになりました。
さらに、
 「数字を追いかけるためには、行動が伴わないといけない。
  その行動もみんなの前で発表させたい。
  そのためにはどのようなシートを作ればよいのだろうか。
  リーダーが明日を語れるシートの作り方をぜひとも教えてほしい」
と、社長からの要望が出てきました。

下の表を見て下さい。
tam31.jpg
この表の左側には、前月9月分の結果を記入します。
結果数字を前月立てた予定と比較します。
右側には、今後3カ月の予定数字と、その予定数字をどのように達成していくのかという
行動目標を記載します。
 
たとえば経費の予定が60だったのに実績が200になった場合には、
 「経費が140増えました」と説明するだけではなく、
 「行動予定に対して、実行できたのかできなかったのか」という行動結果と、
 「なぜこれだけ増えたのか」を記載するのです。
 
しかし、今まで明日のことを考えたことのない人が、3カ月先のことを考えるのは、
決して簡単なことではありません。
そこで、まずは来月の予定だけを立ててもらうのです。
これを数カ月続けて行きます。
 
その中で製造部門からは
 「3カ月後の数字をしっかり立ててくれないと生産計画が立たないし、
  僕たちの予定数字を出せないんだ。早く何とかしてくれ」
とか、逆に、営業部門からも
 「我々が何としてでも、この受注を取ってくるから、製造部門の方でも
  納期に間に合うように予定を立ててくれ」
というように厳しい意見が出てきます。
 
このように各部門が切磋琢磨しながら、毎月毎月予定を立てる努力をしていれば、
自然と明日を考える力が付いてきます。
そして数カ月が過ぎると、3カ月先の予定を容易に立てることができるようになるのです。
 
また、このシートの形は、業種によっても異なってきます。
 
建設会社の長期工事では、受注から完成まで1年以上かかる物件もありますので、
こうした場合には、1年先の予定を記入する必要があります。
 
そこで、予定の枠を増やし、工事の工程を考慮しながら数字を記入していきます。
 
このように、業種によって、どの数字を追いかけなければならないのかを考えて、
臨機応変にスタイルを変えればよいのです。
 
どのようなスタイルにするのか、リーダーの意見を聞いて、
 「わが社にとっては、この行動予定シートでやりましょう」
というものを作り上げて下さい。
 
ぜひとも、この行動予定シートを、会社の明日を語り合うツールにしていただきたいと思います。
 

バックナンバー

2014.01.10
第37回 社員が数字に強くなれば、必ず利益が出てくる
2013.12.06
第36回 経営計画発表会で決意表明する
2013.11.01
第35回 部門会議で日々の目標を追いかける
2013.10.04
第34回 社長の熱い思いが全社員に伝わる仕組みづくり
2013.09.06
第33回 売上が減ったら忙しい部門へ応援に行け
  1. ≫記事一覧

経営コラムニスト紹介

株式会社経営ステーション京都代表取締役。京セラ株式会社監査役。公認会計士・税理士。 田村 繁和氏

田村 繁和氏 株式会社経営ステーション京都代表取締役。京セラ株式会社(元)監査役。公認会計士・税理士。

早稲田大学卒業後、大阪国税局国税調査官を経て、経営ステーション京都を創業。
2005年6月、京セラの監査役に就任(~2009年)
京セラ実学をベースとした中小企業のためのわかりやすい経営と会計を提案。
実学にもとづく、キャッシュフロー経営と部門採算制での経営会議で、
会社が生まれ変わっていただくことを使命としている。


最新刊DVD 『会計経営と実学』 の他、著書に、
「京セラに学ぶ新・会計経営のすべて」(共著、実業之日本社)
「社長の疑問に答える会計の本」(共著、中経出版)
「お金を残す強い会社の101の教え」(共著、清文社)
「小さな会社の必ずお金が残る経営の本」(共著、実業之日本社)他多数。
株式会社経営ステーション京都。 公認会計士・税理士。 小長谷 敦子氏

小長谷 敦子氏 株式会社経営ステーション京都。公認会計士・税理士。

早稲田大学卒業後、西武百貨店を経て、結婚・出産後、公認会計士・税理士となる。
中小企業のためのキャッシュフロー制度の構築と経営会議の指導に定評がある。


「子育て主婦の公認会計士合格記」(中経出版)
DVD「実学に学ぶ お金を残す3つの秘訣」(清文社)

経営ステーション京都代表、京セラ(元)監査役 田村繁和氏の経営コラムに関するお問い合わせ