【新春・全国経営者セミナー】事業家・若手起業家…日本最大級、経営者700名が集う3日間 

日本経営合理化協会の関連サイト
新・会計経営と実学 | 社長の経営セミナー・本・ダウンロード・CD&DVD【日本経営合理化協会】

文字の大きさ

日本経営合理化協会 BOOK&CD・DVD
お電話でのご注文も承っております:03-3293-0041

第28回 第3回経営会議の進め方

第28回 第3回経営会議の進め方

「前回の会議以降、自分の部門の売上計上の仕方や、経費の内容を少しずつではありますが、
  理解してもらえるようになりました。
  しかし、これだけを理解しても意味がありません。要は利益を出さなければならないのです。
  ところが、経営会議では平然と"今月は赤字になりました"と言う社員がいます。
  どうすればいいのでしょうか?」

第三回の経営会議を控えた社長に、こんな悩みが生じました。

第三回の経営会議では、一歩進めて「どうすれば、利益が出るのか」を発表してもらいます。
部門の責任者は、前月の実績を発表した後、今月はどうして利益を出すかを
具体的に語らなければなりません。
前回の問題点を分析し、それをどのように解決し、明日につなげるかを発表するのです。

経営会議はそうした真剣勝負の場ですから、
平然と他人事のように「赤字です。すみません」と言う社員を放っておくわけにはいきません。

そんな発言に対しては、強烈な突っ込みを入れることが必要なのです。
赤字は数字のマイナスではなく、「その分お金が足らないんだ」ということを
分かってもらわなければなりません。

そのため会議のリーダーは、
「数字の中に魂を入れろ」「ど真剣に数字を見ろ」など、
厳しい口調で突っ込む必要があるのです。


しかし、何も難しいことを言っているのではありません。
どんな社員でも、自分の家計簿の帳尻はしっかり合わせています。

赤字になりそうになったら、当然支出を減らします。
このことに気付いてもらうために
「部門のお金は、自分のお金と同じなんだ。自分の家計簿だと思え」
と繰り返さなければなりません。

すぐには無理かもしれませんが、こうした突っ込みを続けているうちに、社員の中に
「これまでは赤字と言われても、数字のマイナスとしか思っていなかった。
 しかし、それではいけないんだ。赤字ということはそれだけお金がなくなっているんだ。
 自分の家計簿だったら誰かに頭を下げてお金を借りなければならないんだ」
と発言するものが出てくるのです。

そして、こうした発言が徐々に全体に波及していき、
「何としてでも赤字を解消しなければならない」という流れが会議の中に生れてくるのです。


その結果、
「利益を出すには、売上を最大に、経費を最小にする以外にはない」
ということに行き着きます。

そして、社員自らが経理担当者に「この経費の中身は何ですか?」と聞き出し、
「それなら、この経費は何とか減らすことができるぞ」と考えるようになります。

このように、経営会議を重ねていけば、社員は確実に成長していき、
会社の利益に貢献するようになるのです。

tam28.jpg

 

 

バックナンバー

2014.01.10
第37回 社員が数字に強くなれば、必ず利益が出てくる
2013.12.06
第36回 経営計画発表会で決意表明する
2013.11.01
第35回 部門会議で日々の目標を追いかける
2013.10.04
第34回 社長の熱い思いが全社員に伝わる仕組みづくり
2013.09.06
第33回 売上が減ったら忙しい部門へ応援に行け
  1. ≫記事一覧

経営コラムニスト紹介

株式会社経営ステーション京都代表取締役。京セラ株式会社監査役。公認会計士・税理士。 田村 繁和氏

田村 繁和氏 株式会社経営ステーション京都代表取締役。京セラ株式会社(元)監査役。公認会計士・税理士。

早稲田大学卒業後、大阪国税局国税調査官を経て、経営ステーション京都を創業。
2005年6月、京セラの監査役に就任(~2009年)
京セラ実学をベースとした中小企業のためのわかりやすい経営と会計を提案。
実学にもとづく、キャッシュフロー経営と部門採算制での経営会議で、
会社が生まれ変わっていただくことを使命としている。


最新刊DVD 『会計経営と実学』 の他、著書に、
「京セラに学ぶ新・会計経営のすべて」(共著、実業之日本社)
「社長の疑問に答える会計の本」(共著、中経出版)
「お金を残す強い会社の101の教え」(共著、清文社)
「小さな会社の必ずお金が残る経営の本」(共著、実業之日本社)他多数。
株式会社経営ステーション京都。 公認会計士・税理士。 小長谷 敦子氏

小長谷 敦子氏 株式会社経営ステーション京都。公認会計士・税理士。

早稲田大学卒業後、西武百貨店を経て、結婚・出産後、公認会計士・税理士となる。
中小企業のためのキャッシュフロー制度の構築と経営会議の指導に定評がある。


「子育て主婦の公認会計士合格記」(中経出版)
DVD「実学に学ぶ お金を残す3つの秘訣」(清文社)

経営ステーション京都代表、京セラ(元)監査役 田村繁和氏の経営コラムに関するお問い合わせ