【新春・全国経営者セミナー】事業家・若手起業家…日本最大級、経営者700名が集う3日間 

日本経営合理化協会の関連サイト
新・会計経営と実学 | 社長の経営セミナー・本・ダウンロード・CD&DVD【日本経営合理化協会】

文字の大きさ

日本経営合理化協会 BOOK&CD・DVD
お電話でのご注文も承っております:03-3293-0041

第25回 利益が出る仕組みを全社員が理解する

第25回 利益が出る仕組みを全社員が理解する

経営会議を先月から本格的にスタートさせていますが、製造部門のリーダーから、
「今ひとつ採算表の項目が理解できないし、どうすれば利益が出るのかがよくわからない」
という声が出てきました。

この会議を通して全員参加経営を目指しているわが社にとって、これではいけない。
みんなに利益が出る仕組みを知ってもらわなければならないと思いました。

どのように説明すればよいでしょうか?


これは、ある製造業を営む社長から投げられ質問です。
その昔、「入るを増やし、出るを減らせば必然的に利益は出る」とおっしゃった経営者がいました。

言うまでもなく、利益は売上から経費を差し引いたものです。
売上を大きくし経費を小さくすれば、利益は後から付いてくるのです。


下表の縦の欄を上から見て下さい。

tam25.jpg

「売上」から「材料費」「外注費」や「その他経費」を差し引いた差額が「差引収益」です。

これは「人件費」を差し引く前の利益ですから、
この「差引収益」を見ると、自分たちの喰いぶちが稼げているかどうかがわかります。

一番下の「時間当りの利益」はこの利益を時間で除して計算していますので、
効率よく働いているかどうかを見ることができます。

さらに「差引収益」から「人件費」を引くと「本当の利益」になりますが、ここでは在庫を加味しておらず、
買ったものやサービスを受けたものはすべてその月の経費として計算しています。

ですから「本当の利益」はざっくりと言いますと「キャッシュフローに近い利益」と言うことができるのです。


表のしくみは以上ですが、次に具体的な例を上げて、
「本当の利益」と「時間当りの利益」がどうなるかを見ていきましょう。

アクション①
 ・・・材料を必要な分だけ買うことにより5万円の在庫がなくなり、
    本当の利益は2万円のマイナスからプラス3万円になります。
アクション②
 ・・・仕損じを1万円減らすことにより、本当の利益は4万円に増えることになります。
アクション③
 ・・・外注先に出していた仕事を内製化することにより、本当の利益が5万5,000円になります。
アクション④
 ・・・作業効率を上げて他部門へ応援に行き、時間当り利益が、当初の1,500円から、
    6,875円に飛躍的に上がることになります。


この例を見て、まず自分たちの行動をイメージしてもらうことが必要です。
その上で売上を最大にし、経費を最小にできるアクションプランを考えてもらいます。

その行動を起こすことによって、「本当の利益」や「時間当り利益」がどのようになるのか、
自ら計算していただき、利益が出るしくみを体で覚えていただきたいと思います。


バックナンバー

2014.01.10
第37回 社員が数字に強くなれば、必ず利益が出てくる
2013.12.06
第36回 経営計画発表会で決意表明する
2013.11.01
第35回 部門会議で日々の目標を追いかける
2013.10.04
第34回 社長の熱い思いが全社員に伝わる仕組みづくり
2013.09.06
第33回 売上が減ったら忙しい部門へ応援に行け
  1. ≫記事一覧

経営コラムニスト紹介

株式会社経営ステーション京都代表取締役。京セラ株式会社監査役。公認会計士・税理士。 田村 繁和氏

田村 繁和氏 株式会社経営ステーション京都代表取締役。京セラ株式会社(元)監査役。公認会計士・税理士。

早稲田大学卒業後、大阪国税局国税調査官を経て、経営ステーション京都を創業。
2005年6月、京セラの監査役に就任(~2009年)
京セラ実学をベースとした中小企業のためのわかりやすい経営と会計を提案。
実学にもとづく、キャッシュフロー経営と部門採算制での経営会議で、
会社が生まれ変わっていただくことを使命としている。


最新刊DVD 『会計経営と実学』 の他、著書に、
「京セラに学ぶ新・会計経営のすべて」(共著、実業之日本社)
「社長の疑問に答える会計の本」(共著、中経出版)
「お金を残す強い会社の101の教え」(共著、清文社)
「小さな会社の必ずお金が残る経営の本」(共著、実業之日本社)他多数。
株式会社経営ステーション京都。 公認会計士・税理士。 小長谷 敦子氏

小長谷 敦子氏 株式会社経営ステーション京都。公認会計士・税理士。

早稲田大学卒業後、西武百貨店を経て、結婚・出産後、公認会計士・税理士となる。
中小企業のためのキャッシュフロー制度の構築と経営会議の指導に定評がある。


「子育て主婦の公認会計士合格記」(中経出版)
DVD「実学に学ぶ お金を残す3つの秘訣」(清文社)

経営ステーション京都代表、京セラ(元)監査役 田村繁和氏の経営コラムに関するお問い合わせ