社長の経営セミナー・本・CD&DVD【日本経営合理化協会】

文字の大きさ

第21回 全社員が利益に向って走り出す経営会議

第21回 全社員が利益に向って走り出す経営会議

「うちの会社では、リーダーの意見を吸い上げながら、部門別の採算表をようやく作ることができました。
  次は、これをもとに、リーダーを集めて会議をする段階になったのですが、
  どのように会議を進めていけばよいのかわかりません」
というご相談を受けました。

こうした相談を受けた場合には、まず会社を強くする3つのキーワードについて話します。


3つのキーワードとは、以前も話しましたが、
① キャッシュフロー経営、  ② 部門別の採算経営、  ③ 経営会議です。

①と②も会社経営にとって大切ですが、③ができていなければ、①も②も台無しになってしまいます。
また、③の経営会議は、ただ単に自分の部門の経営成績を報告するだけではなく、
社員が成長して燃えるような会議でなければなりません。


下の図を見て下さい。これは毎月行われる経営会議の式次第ですが、各部門の責任者が
1カ月の経営成績をメンバー全員の前で語っていきます。

語る内容は「前月は××でした」という実績と、「今月は××という行動をし、××の数字をつくります」
という予定ですが、実績を2分で予定を5分で語ります。

つまり、過去の話を2分、未来の話が5分なのです。
各部門の責任者が、いわば中小企業の経営者のように、自分の会社の成績を語るわけですから、
経営会議というよりも業績報告会と言った方がよいかもしれません。

この業績報告会に用いる資料には、すべての部門ごとの売上や利益の数字が出ています。
この資料に基づいて、全員が
「どうして売上を上げるのか、どうして経費を下げるのか、どうして時間を短縮するのか」
つまり、「どうして利益を出していくのか」について、真剣に語るのです。


下の図の式次第では、管理部門を除いて、各部門の発表時間が10分取ってありますが、
実績を2分、予定を5分で報告した後、他の責任者からの質問や意見が飛び交います。

実際の会議では、1人の持ち時間が10分では足らず、どんどん時間が押してしまい、
終了時間が当初の予定より、1時間も延びてしまうこともしばしばあります。
それだけ他の部門の責任者も真剣に意見を述べ合い、分からない点については徹底的に質問し合うのです。


このような会議を始めて半年もしますと、責任者が成長して、素晴らしい意見を言うようになります。
実績の分析もしっかりやるようになり、予定の精度も高くなってきます。
何より素晴らしいことには、将来の夢を語るようになる、つまり、会社の経営者として、経営を語るようになるのです。
不思議なことに、営業や製造の現場で汗を流している人ほど、利益という"数字"に執着するようになります。


皆さんの会社でも、ただ単に部門別の採算を見るだけではなく、このように社員が燃え、利益に向って走り出す
経営会議を行っていただきたいと思います。

そうすれば、必ず社員が成長し、その結果、会社がどんどん強くなっていくことでしょう。

tam21-0.jpg
 

バックナンバー

2014.01.10
第37回 社員が数字に強くなれば、必ず利益が出てくる
2013.12.06
第36回 経営計画発表会で決意表明する
2013.11.01
第35回 部門会議で日々の目標を追いかける
2013.10.04
第34回 社長の熱い思いが全社員に伝わる仕組みづくり
2013.09.06
第33回 売上が減ったら忙しい部門へ応援に行け
  1. ≫記事一覧

経営コラムニスト紹介

株式会社経営ステーション京都代表取締役。京セラ株式会社監査役。公認会計士・税理士。 田村 繁和氏

田村 繁和氏 株式会社経営ステーション京都代表取締役。京セラ株式会社(元)監査役。公認会計士・税理士。

早稲田大学卒業後、大阪国税局国税調査官を経て、経営ステーション京都を創業。
2005年6月、京セラの監査役に就任(~2009年)
京セラ実学をベースとした中小企業のためのわかりやすい経営と会計を提案。
実学にもとづく、キャッシュフロー経営と部門採算制での経営会議で、
会社が生まれ変わっていただくことを使命としている。


最新刊DVD 『会計経営と実学』 の他、著書に、
「京セラに学ぶ新・会計経営のすべて」(共著、実業之日本社)
「社長の疑問に答える会計の本」(共著、中経出版)
「お金を残す強い会社の101の教え」(共著、清文社)
「小さな会社の必ずお金が残る経営の本」(共著、実業之日本社)他多数。
株式会社経営ステーション京都。 公認会計士・税理士。 小長谷 敦子氏

小長谷 敦子氏 株式会社経営ステーション京都。公認会計士・税理士。

早稲田大学卒業後、西武百貨店を経て、結婚・出産後、公認会計士・税理士となる。
中小企業のためのキャッシュフロー制度の構築と経営会議の指導に定評がある。


「子育て主婦の公認会計士合格記」(中経出版)
DVD「実学に学ぶ お金を残す3つの秘訣」(清文社)

おすすめ商品

「会計経営と実学」DVD

「会計経営と実学」DVD

小長谷敦子 (経営ステーション京都取締役 公認会計士・税理士)
田村繁和 (経営ステーション京都代表、京セラ(元)監査役)

経営ステーション京都代表、京セラ(元)監査役 田村繁和氏の経営コラムに関するお問い合わせ