社長の経営セミナー・本・CD&DVD【日本経営合理化協会】

文字の大きさ

第83回 リスクの原語は「勇気をもって試みる」

第83回 リスクの原語は「勇気をもって試みる」

リスクというと、日本では一般に「危険」という言葉に置き換えられて使われたりする。だが、リスクという言葉はイタリア語の「risicare」(勇気をもって試みる)という言葉が語源である。

 
実際、企業活動においても、リスクを想定して備えるリスク・コントロールは絶対必要だが、同時に「思い切って試みる」勇気がないと、この変化の時代に生き残っていけないのではないだろうか。
 
投資でもリスクを取らずにリターン(儲け)を得ることはできない。リターンを得るにはそれなりのリスクをとる必要があるのだが、投資初心者の中には「リスクは限りなく0に近く沢山儲けたい」という人がいる。気持ちとしてはわかるが、出来ない相談だ。
 
投資とギャンブルはどう違うのだろうか。確かに投資家の中には「一銘柄だけ」とか「数日間で大きく儲かる銘柄はどれか?」などギャンブル志向の人もいるが、総じて悲惨な目に合う。投資とは「合理的に計算されたリスクをとる」ことだと思う。具体的には動きの異なるものに分散する、一度に買わないとか、高値掴みはしない、定期的にリバランスを行う(元の配分にもどす)などによりリスクをコントロールしていくのであるが、これとて判断するときは迷いがあり、「勇気をもってリスクを取る」決断を絶えず強いられるのである。
 
人生はどうであろうか?「100%安全」などあり得ない。100%に限りなく近く安全を担保しようとするとコストが禁止的に高くなってしまう。
 
子育ての経験を振り返っても、あの時一歩間違えれば大けがをしていた、死んでいたかもしれない、非行に走ったとしてもおかしくない等の状況をいくつも思い浮かべることができる。子どもの安全、安定のみを考え、親が手厚く守ってしまえば、自立していない頼りないもやし人間を作ってしまう。子どもは可愛い。意識せずとも手を貸してしまうものだ。だから崖っぷちを歩かせているつもり位でちょうどいい。
 
後継者教育においてもしかり。傷つかないよう周囲が固く守ってしまうと、生き延びるかもしれないが、経営者としての力をつけさせていくことは難しいであろう。
 
                             ライフスタイルアドバイザー 榊原節子

バックナンバー

2017.03.10
第100回 最終講 大局観
2016.12.09
第99回 世界のビジネスリーダーが実践するマインドフルネス・プログラム
2016.10.07
第98回 あなたのストーリーは何ですか?
2016.09.23
第97回 経営者も二世教育を心掛けよう
2016.08.12
第96回 多様な社員をもつメリット
  1. ≫記事一覧

経営コラムニスト紹介

榊原事務所 代表 榊原 節子氏

榊原 節子氏 榊原事務所代表

米国マウント・ホリヨーク大学を経て、国際基督教大学社会科学科卒業。 国際会議同時通訳者を経て、大手証券会社にて主に医薬品、老人ホーム、化粧品などの企業買収を手がける。

1991年、国際投資コンサルティング会社、アルベロサクロ株式会社を設立。 国内外の幅広い人脈を活かし国際的視野にたったファイナンシャル・コンサルタント業務を展開する。

現在は、基金の資金運用、複数の団体役員、講演、著作活動等に従事。テーマは楽しいエイジング─心・体・お金、心と資産の継承、大人と子どもの金銭教育、社会貢献などである。

著書に「欧米資産家に学ぶボーダーレス時代の資産運用法」(東洋経済新報社)、 「プロが教える海外資産投資 ─ あなたの財産を有利に殖やすノウハウ」(太陽企画出版)、 「金銭教育 ─ 小遣いから資産家の二世教育まで」(総合法令出版)、 「わが子が成功するお金教育 ─ よい小遣い・悪い小遣い」(講談社)、 「セレブのルール」(ディスカヴァー)、「カモにならない投資術 ─ 人生後半からの負けないお金哲学」(太陽企画出版)、「凛としたシニア ─「ああいい人生だった」と思えるように」 (PHP研究所)、「50代にしておくべき100のリスト」(ディスカヴァー)、『代々続くウルトラ・リッチ 「お金づかい」の知恵』(すばる舎)がある。東京生まれ。

榊原事務所 代表
日本薬科大学客員教授
ハリウッド大学院大学客員教授
ライフスタイルアドバイザー
ファイナンシャルアドバイザー

榊原節子先生の書籍やダウンロード講話MP3
■「金銭教育」
自立と自己実現のための教育のひとつに金銭教育がある。マネー・マネジメント教育、起業家教育、二世教育、子供にお金をどう渡すか、お金に賢くなるためには…欧米の資産家に学ぶ金銭教育の決定版。
■「オーナー企業の価値と資産の継承MP3」
社長が後継者に残すものは、「カネ」だけではない。幾代にもわたり、オーナー会社が「富」と「ビジネス」と「価値観」を上手に継承させるにはどうすればよいか。その考え方と実践策、後継者の心得を、5代以上続く企業の継承法をもとにわかりやすく解説指導

おすすめ商品

榊原事務所代表榊原節子氏の経営コラムに関するお問い合わせ