【新春・全国経営者セミナー】事業家・若手起業家…日本最大級、経営者700名が集う3日間 

日本経営合理化協会の関連サイト
欧米資産家に学ぶ二世教育 | 社長の経営セミナー・本・ダウンロード・CD&DVD【日本経営合理化協会】

文字の大きさ

日本経営合理化協会 BOOK&CD・DVD
お電話でのご注文も承っております:03-3293-0041

第82回 自分を立て直す事を最優先する

第82回 自分を立て直す事を最優先する

会社が危機に陥ったとき、家庭内で大事件が起きた時、心身に動揺をきたし、食べる気さえこらない、すごく疲れているのに眠れないといった状態になってしまうかもしれない。そうした時の対応に参考となるエピソードがある。

大災害を2度も経験した人の話しである。彼女は阪神淡路大震災とニューヨークの9.11(世界貿易センタービル崩壊)双方に遭遇した。
 1995年の阪神淡路大震災のときは西宮にいて被災。前夜一緒に飲んでいた友人は死亡し、彼女はその遺体を掘り出すことになる。大きなトラウマを受けるが、海外よりの救助犬の通訳の仕事をすることができた。よりひどかったのが2001年の9.11事件。当時ニューヨーク世界貿易センタービル北棟の79階で働いていたそうだ。
 
先に隣の南棟に飛行機が突っ込み、「すぐ階段で避難するよう」場内アナウンスが流れ、彼女は上司と一緒に階段を下り始める。50階まで来たところで今度は「もう大丈夫だから戻れ」の場内アナウンスがあり上司は即オフィスに引き返した。彼女は「1階まで降りて行ってコーヒーでも飲もう」と降り続けた。これが運命の分かれ道だった。
 
彼女が32階に到達した時、大爆音とともに飛行機が北棟に突っ込み、彼女は大衝撃を受けるが助かる。しかし、衝撃を受けた後の記憶は未だに途絶えたままだったそうだ。上司は死亡、「なぜ一緒に連れていかなかったの」と夫人に泣かれ、虚無感、罪悪感に苛まれる。夜は悪夢に魘される。一年間全く周囲に心を閉ざしてしまい、家庭も破綻。「ロボットのようにただ家とオフィスを往復した」と述懐する。精神科医のカウンセリングも無効だった。
 
そんな時ユダヤ人のビジネスマンと知り合い、彼から教えて貰った「ユダヤの知恵」は彼女を急速に回復へと向かわせた。その言葉は有名なユダヤのラビ(牧師)の言葉なのだが、意訳すると、「まず自分を立て直せ」「次に愛するものに目をむけること」「そしてそれをすぐやれ」というメッセージであった。民族の歴史で何百、何千回と住まいを追われるなど、幾多の災難を潜り抜けてきたユダヤならでの知恵である。
 
 自分の心身の健康をまず回復しなければ他人は助けられないということだ。「死んだ人に申し訳ない」とか、「被災した人の事を絶えず気に掛けよう」ということを一時やめてもまず自分を立て直すことを最優先するべきだということである。普段通りの生活をする、体を動かす、きちんとした食事をとるなどをして体制を整える。それから家族を建て直し、コミュニティーを、国を建て直す。つまり、「愛するものに目をむけること」に取り組む。しかも「すぐやること」。この文章にもユダヤの悲劇をみることが出来る。明日はもう迫害されるかもしれない命、やるべきことは今日やってしまおう、という教えである。
 
実際この「ユダヤの知恵」で彼女は健康を取り戻しただけでなく、これがきっかけで世界中のユダヤネットワークにつながるようになっていく。それが今の彼女の仕事になった。
自分の心身の健康が損なわれていては適切な判断に支障がきたそう。会社が厳しい状況に見舞われたとき、家族問題が発生したとき、そして子育てにもこのユダヤの教えが有効ではないだろうか。
 
 
                             ライフスタイルアドバイザー 榊原節子

バックナンバー

2017.03.10
第100回 最終講 大局観
2016.12.09
第99回 世界のビジネスリーダーが実践するマインドフルネス・プログラム
2016.10.07
第98回 あなたのストーリーは何ですか?
2016.09.23
第97回 経営者も二世教育を心掛けよう
2016.08.12
第96回 多様な社員をもつメリット
  1. ≫記事一覧

経営コラムニスト紹介

榊原事務所 代表 榊原 節子氏

榊原 節子氏 榊原事務所代表

米国マウント・ホリヨーク大学を経て、国際基督教大学社会科学科卒業。 国際会議同時通訳者を経て、大手証券会社にて主に医薬品、老人ホーム、化粧品などの企業買収を手がける。

1991年、国際投資コンサルティング会社、アルベロサクロ株式会社を設立。 国内外の幅広い人脈を活かし国際的視野にたったファイナンシャル・コンサルタント業務を展開する。

現在は、基金の資金運用、複数の団体役員、講演、著作活動等に従事。テーマは楽しいエイジング─心・体・お金、心と資産の継承、大人と子どもの金銭教育、社会貢献などである。

著書に「欧米資産家に学ぶボーダーレス時代の資産運用法」(東洋経済新報社)、 「プロが教える海外資産投資 ─ あなたの財産を有利に殖やすノウハウ」(太陽企画出版)、 「金銭教育 ─ 小遣いから資産家の二世教育まで」(総合法令出版)、 「わが子が成功するお金教育 ─ よい小遣い・悪い小遣い」(講談社)、 「セレブのルール」(ディスカヴァー)、「カモにならない投資術 ─ 人生後半からの負けないお金哲学」(太陽企画出版)、「凛としたシニア ─「ああいい人生だった」と思えるように」 (PHP研究所)、「50代にしておくべき100のリスト」(ディスカヴァー)、『代々続くウルトラ・リッチ 「お金づかい」の知恵』(すばる舎)がある。東京生まれ。

榊原事務所 代表
日本薬科大学客員教授
ハリウッド大学院大学客員教授
ライフスタイルアドバイザー
ファイナンシャルアドバイザー

榊原節子先生の書籍やダウンロード講話MP3
■「金銭教育」
自立と自己実現のための教育のひとつに金銭教育がある。マネー・マネジメント教育、起業家教育、二世教育、子供にお金をどう渡すか、お金に賢くなるためには…欧米の資産家に学ぶ金銭教育の決定版。
■「オーナー企業の価値と資産の継承MP3」
社長が後継者に残すものは、「カネ」だけではない。幾代にもわたり、オーナー会社が「富」と「ビジネス」と「価値観」を上手に継承させるにはどうすればよいか。その考え方と実践策、後継者の心得を、5代以上続く企業の継承法をもとにわかりやすく解説指導

榊原事務所代表榊原節子氏の経営コラムに関するお問い合わせ