【新春・全国経営者セミナー】事業家・若手起業家…日本最大級、経営者700名が集う3日間 

日本経営合理化協会の関連サイト
作間信司の経営無形庵(けいえいむぎょうあん) | 日本経営合理化協会BOOK&CD・DVD

文字の大きさ

日本経営合理化協会 BOOK&CD・DVD
お電話でのご注文も承っております:03-3293-0041

Vol.165 会社の老化現象は、こんなとこにも顕れる

Vol.165 会社の老化現象は、こんなとこにも顕れる

 プロ野球もJリーグも、毎年のように新人が加入し、新しいスター選手が育ってくる。
 ダルビッシュ投手も当然のように球界ナンバーワンになって、メジャーリーグに行ってしまった。ベテランの安定したプレーを観ているのも頼もしいし、プロの凄さを実感するが、躍動する若手のエネルギーは輝いて見える。
 そして、毎年のようにベテランが引退を表明しグラウンドを去ってゆく。プロである以上仕方が無い事だ。超一流の選手であっても、いつか来る道である。

 我々の企業社会でも、状況は基本的に同じである。ベテランに同じ仕事を任せることは、そこそこの結果を見込めるし、管理上も楽である。しかし、自己否定を繰り返し行い常に大きく数字を伸ばしたり、画期的な取り組みをすることはめったにない。
 人間はほっておけば固定概念の中で、数字の読める安全行動しかしなくなる。

 ただ、スポーツでは技術レベルで、0.1秒、1センチを競う過酷なトレーニングを必要とするが、ルールは基本的に変わらない。
 仕事は、お客様の要求も仕事のルールも、そのお客様自体も変わってくるから、会社は常に変化が当たり前になっていなければ、このグローバル競争を生き残れない。
 変化のスピード、技術の主流、ビジネスモデル、生産地、販売先の国・・・様々な要素を社長として変え続けていかないと、お客様から見限られてしまう。

 先週、ある会社での会議中の会話。

A君「○○工業の見積もり、価格が合わなくて、2回ほど再見積もり出しましたが、
   結局失注でした。」「やっぱり、ウチ高いんですよね」
B部長「外注先は、どこ使ったんだ?××技研か?」
A君「そうです」
B部長「××は、抜群に腕はいいんだけどな~」
《途中省略》
C 「でも、結局他社が、仕事落したんだろ?」
  「どこだ?」「他の外注はあたったか?」
A 「競合先は判りません」「それに、僕は、××技研しか知りませんから」
B 「いや~、××はベテランで、任せられて安心なんですよ」
C 「××以外に、出来ないの?」
  「高くて獲れないんだったら意味ないじゃない!?」
B 「この仕事は精度が命だから、××はすごいんですよ」
  「小さな工場だけど先代の後を、数人でやっていて、独特の技術が~」
(以下略)

 社内の高齢化は目立つ。しかし簡単には新陳代謝は進まない。よって新人の採用、定期の人事異動や多能工化を強制し、少しでもマンネリを防ぐ努力を続けているが、社外には強制できないし、目が届かない。

 上記の会社でもB部長もしくは社長が外注先の戦力分析や、設備の近代化、若手技術者の育成状況などを冷静に分析・判断し、常に新戦力を動員できる状態を作っておかなければならない。
 仕入先も同じである。外注先を含め、中小企業が単独の技術、ノウハウで勝てる時代は終わった。お客様の要求、技術水準は複合化しており、外部の協力体制の優劣が業績に直接結び付く時代である。

 社長が、ハッキリ方向性を示し、新しい戦力を導入しなければならない。社歴が長くなり会社が高齢化すると、取引先も自ずと高齢化している。気をつけたい。

バックナンバー

2014.09.03
Vol.168 マレーシア・シンガポール弾丸視察レポート
2012.06.05
Vol.167 「直接に販売すること」と「間接販売」のちがい
2012.04.04
Vol.166 新しい商品群を創りだすと高く売れる
2012.03.07
Vol.165 会社の老化現象は、こんなとこにも顕れる
2012.01.11
Vol.164 2012年の最大の仕事
  1. ≫記事一覧

経営コラムニスト紹介

作間信司
日本経営合理化協会専務理事・主席コンサルタント

20代の頃より、故・一倉定氏、牟田學という日本を代表する「社長指導の教祖」から直に薫陶を受ける。その10余年の経験から、「事業繁栄の根源は、何よりもまず正しい経営理念をもつこと」と確信。以後、牟田學考案の「長期事業発展計画書」作成指導の専任講師として、オーナー経営者をはじめ、ときには経営者の家族・後継者・幹部の様々な相談にのり、膝を突き合わせて深夜まで解決策を練る。顧問会社の堅実な成長を側面から強く支え続けるなかで、独自の「理念実践経営」を体系化。理念を中心に据えた増収増益戦略、新規事業開発、増益戦略、財務の安定施策、さらに全社的理念浸透の仕組みづくりなど、社内外を完全網羅する他に類を見ない実務的な理念経営ノウハウを体系化し、メーカー、小売、建設、サービス業など多種多様な業種業態の会社に、永続繁栄のシナリオづくりを親身に指導している。1959年生。明治大学経営学部卒。

日本経営合理化協会 専務理事作間信司の経営コラムに関するお問い合わせ