社長の経営セミナー・本・CD&DVD【日本経営合理化協会】

文字の大きさ

第9号 「行ないの哲学」

第9号 「行ないの哲学」

 行ないの哲学という言葉は、耳慣れない言葉であると思う。
 しかし、われわれが何故日常生活の中で坐禅をする必要があるのかを考えてみると、釈尊の教えは、人生において大切なのは、考えることでもなく、外界からの刺激を受け入れてそれを楽しむことでもなく、われわれが日常生活の中で、絶えず出会っている現在の瞬間において行動することが、もっとも大切であるという思想である。
 そして、その説明をするためには、まず佛教哲学の根本である四諦(したい)の教えに関する説明をしなければならない。

(1) 四諦(したい)の教え
 四諦の教えは,釈尊がこの世の中における究極の原理を,先ず最初にインドの鹿野園(ろくやおん)において説かれた時の説法内容であるが、四諦(したい)とは苦諦(くたい),集諦(しゅうたい)、滅諦(めったい)、道諦(どうたい)の四つをいう。

 苦諦(くたい)とは、とうてい地球の上では実現することのできない理想の世界、観念の世界を実現しようとして、苦しむ観念論の哲学である。
 集諦(しゅうたい)とは、現にわれわれがその中に住んでいる外界の世界を、原子,分子のような物質世界における最小単位の寄り集まりとしてとらえ、この世の中を純粋に唯物論的な立場からとらえる思想である。

 この二つの考え方は,古代インドにおいても観念論は、バラモン教と呼ばれる精神主義的な宗教として,また唯物論は,釈尊が生きられた時代に六師外道(ろくしげどう)として知られた、六人の思想家によつて説かれた唯物論、懐疑論として、盛んであった。

 ちょうど現在の欧米社会においても、精神主義的なキリスト教その他の宗教と、科学的な思考を中心とする唯物論とが真っ向から対立して争っている現代の欧米社会と非常によく似ている。
 そのような時代に釈尊は誕生された。
 しかも、幼少の頃から哲学的な探究に対して、非常に強い関心をもっておられたから、当時のインド社会が精神主義的なバラモン教と、唯物論的な六師外道(ろくしげどう)との二つに分かれて争っている状態を、何とかして救おうとされ、さまざまの修行を体験された後、最後には古代インドに古くから伝わっていたヨガの修行の中の坐禅の修行に頼って、観念論と唯物論との束縛から解放され、行ないを中心とした仏道の教えを確立された。

 したがって、仏道における四諦の三番目の教えは、行ないの哲学であり、釈尊は坐禅の修行を熱心に実行されることにより、われわれの日常生活における中心が、頭で問題を考える思考の世界でもなく、また感覚的に外界からの刺激を受け入れる感覚の世界でもなく、われわれが身体と心との両方を使って実行する現在の瞬間における行ないであることを発見した。

 その結果、われわれ人類は、毎日朝晩坐禅の修行を実行し、絶えず自律神経をバランスさせて、現在の瞬間における行ないに努力を集中することが、人間の最も正しい生き方であることを、釈尊は主張された。
 そして、そのような日常生活における正しい行ないを、絶えず積みあげて行くことが、われわれの最高の人生を作り出して行く原動力であり、そのように真剣な日常生活を道諦(どうたい)と呼んだ。

(2) 社長と坐禅
 もしも、会社の総司令官である社長が、そのような生活を送るようになった場合、会社にどんな変化が現れるであろうか?
 いやー、そんな固苦しい生活は真っ平だとお感じの方が、ほとんどすべてであろう。

 しかし、実際に始めてみると、決してそんなものではない。
 日常生活における気持ちが、非常に落ち着いてくる。
 どんな突発事故が起きても動揺することがなくなり、眼の前の事実を眺めながら、最も緊急な解決策は何かを考える。
 絶えず気分が朗らかであるから、誰に対しても優しく接するようになり、誰からも好かれるようになる。

 非常に健康になる。
 食べるものがすべて美味しく感ぜられ、食物に対する不満が消える。
 直観力が鋭く働くようになり、自分でも予期しなかったような名案が浮かぶ。
 何事にも辛抱強くなり、やりかけた仕事を途中で投げなくなる。
 他人との応対が上手になり、心を打ち明けることのできる友人が増える。
 決断が厳しくなり、安易な方針変更をしなくなる。
 人づきあいが上手になり、友人が増える。

 気分的にリラックスするから、言うべき事ははっきり言えるようになる。
 大局の判断が間違わなくなる。
 不遇な時も腐らずに過ごすことができる。
 総じて、自分自身の人生を100%楽しむ事ができる。
 結論的に、この世の中に生まれて来て,良かったなあと思う。

 

バックナンバー

2008.10.21
第20号 佛教の勉強を何から始めればよいか
2008.09.10
第19号 「坐禅するときの正しい姿勢とは」
2008.08.05
第18号 「自律神経をバランスさせることが大事」
2008.07.22
第17号 「科学でわかること、わからないこと」
2008.07.08
第16号 「坐禅と直感」
  1. ≫記事一覧

経営コラムニスト紹介

西嶋和夫氏

西嶋和夫氏

 1919年(大正8年)横浜生まれ。東京大学法学部卒業後、大蔵省証券局を経て、日本証券金融(株)常任監査役、その後、(株)井田両国堂の社長に請われて、平成17年まで同社の顧問を務める。

 そもそも、師が仏教を探求するきっかけは、師の少年時代にさかのぼる。体の弱かった小学校低学年のとき、息子のからだを心配した父親が、毎日、師を散歩に連れ出し、走らせたという。 3年後には、毎朝、数キロ走るのが日課となったが、師は毎日1人で走るうちに、子ども心に「走っていると、どうしてこんなに気持ちが落ち着くのだろうか」と疑問に思うようになった。
 以来、その疑問を解くための探求がはじまる。

 18歳のとき、栃木県大中寺において、昭和を代表する名僧・澤木興道(さわきこうどう)老師に出会い、師が長年、疑問に思っていた答えが、仏教にあると直感。以後、25年にわたって、澤木興道老師の教えを受ける。  1973年、師が54歳の時、在家のまま出家、法名・愚道和夫(ぐどうわふ)となる。

 世界が少しでも真実に近き、真に豊かで平和な社会となるために、道元禅師の教えを世界に広めたいという願いから、ドーゲン・サンガ・インターナショナルを設立し、海外での普及に尽力する。2014年1月逝去。

 主な著書「現代語訳 正法眼蔵 全12巻」「仏教-第三の世界観」「坐禅のやり方」「中論提唱」「道元禅師と仏道」「仏道は実在論である」「仏教問答」「正法眼蔵提唱録 全34巻」「永平廣録」 その他多数。

おすすめ商品

老子CD

老子CD

杉山巌海 (名古屋大原学園学園長)

西嶋和夫氏の経営コラムに関するお問い合わせ