【新春・全国経営者セミナー】事業家・若手起業家…日本最大級、経営者700名が集う3日間 

日本経営合理化協会の関連サイト
継続経営 百話百行 | 社長の経営セミナー・本・ダウンロード・CD&DVD【日本経営合理化協会】

文字の大きさ

日本経営合理化協会 BOOK&CD・DVD
お電話でのご注文も承っております:03-3293-0041

第27回「日本はすごい!!ヨーロッパNO1レストランが勉強するのは日本!?」

第27回「日本はすごい!!ヨーロッパNO1レストランが勉強するのは日本!?」

ご存じのように、日本食は世界で大ブームです。

海外に行くと、20年前は、箸を使う外国の方はほとんどいなかったのが、今では、下手な日本人よりも上手かもというくらい、箸が普通に使える外国人が増えました。

それは、世界的に日本食がブームになり普及したからです。

実際の数値では


keizoku27no_01.png
2006年 24,000店
2010年 30,000店
2013年 55,000店 (農林水産省推計)

と、2006年から2013年の7年で

2.3倍と驚異的な伸びです。


今回、ヨーロッパ4カ国、5都市に視察に行ってきました。
いろんな発見、そして、面白い情報を聞いたりしました。

旅、「視察」の醍醐味は


行く前と行った後では

今まで同じものが違って見える


ということに尽きるように思います。


その中で

興味深い話、そして、日本ってすごいな~と、感じたのが
レストランです。

今回、9日間の旅だったので、朝食を除き、ランチと夕食は
とにかく、驚くようなところに行こうと

シルクドゥソレイユの出演者専用の食堂に行ったり
ミシュランの星付きレストラン行ったり

keizoku27no_02.png
(シルクドゥソレイユの食堂で出演者の人と撮影)

もっとも予約が取れないレストランと言われるお店の系列店に行ったり
2015年ヨーロッパレストランベスト1のお店に行ったり

keizoku27no_03.png
(2015年 ヨーロッパNO1レストラン アズルメンディ 筆者撮影)
食事でも衝撃を味わいました。



その中で嬉しかったのが、日本食のすばらしさです。


日本食は

2013年12月4日に世界遺産登録(正式にはユネスコ無形文化遺産)されました。

しかし今回驚いたのは、日本食そのものの凄さではなく

世界の有数なレストランの料理人が、分野が違えど日本食を学んでいるというのに驚いたのです。

たとえば、世界で最も予約が取れないレストランとして有名な

エル・ブジ(El Bulli)は、スペインのカタルーニャ州コスタ・ブラバのロザスにあった三つ星レストラン。
イギリスの雑誌『レストラン』において5度の世界一のレストランに選ばれており、

約50席しかないシートに世界中から年間200万件もの予約希望が殺到し、

「世界一予約が取れないレストラン」と呼ばれていた。料理長はフェラン・アドリア。

1964年 - 開店
1992年 - 国立ガストロノミー賞授与
1997年 - ミシュラン三ツ星獲得
2002年 - 世界ベストレストラン50の第1位に
2006年 ~2009年 - 世界ベストレストラン50の第1位に (4年連続)
2009年 - ドキュメンタリー映画「エル・ブリの秘密」を撮影
2011年 - 7月30日 閉店


エル・ブジのフェラン・アドリア氏が

3つ星になった理由の一つに

日本の食材、醤油や柚子などを使った斬新な西洋料理を提供したからとも言われているそうです。

今、フレンチやイタリアンでも和を取り入れるというのが評価される1つになっているのです。


そういえば、先日行った、ニューヨークタイムス発表の
飛行機に乗ってでも行ってみたいレストラン シンガポールのAndreも
日本的なものを取り入れているのがウケているようです。

keizoku27no_04.png
(Andreにて筆者撮影 盆栽をイメージした前菜)

keizoku27no_05.png
(盆栽をイメージした前菜)

keizoku27no_06.png
(スミの形にした、パン)


話は戻り

フェラン氏が、日本的なものを取り入れ始めたのが

バルセロナにある日本食レストランの影響からのようです。

そのレストランは「旬香」という日本食屋。そこにフェランさんはよく通っていたそうです。

ちなみに、2号店目のKoy旬香は、バルセロナに、2度行った中、2度とも行かせてもらいました。

keizoku27no_07.png
(Koy旬香の入り口部分、すごく落ち着く感じの良いお店)

すごくおいしい。


このように、世界で名だたるレストランが日本を勉強しているのです。
世界ベストレストラン50で、6位になったムガリッツもまた、和テイストを取り入れていました。
http://www.theworlds50best.com/

ミシュラン2ツ星のムガリッツ

keizoku27no_08.png

keizoku27no_09.png

keizoku27no_10.png

そして、

2015年ベストレストランNO1に選ばれ、そして、ミシュランの3星レストラン

アズルメンディも、和テイストを取り込み

http://www.opinionatedaboutdining.com/2015/europe.html

アズルメンディさんにもお話し聞くと

勉強のために、来週から日本に行くと言うことでした。

keizoku27no_11.png

keizoku27no_12.png
(アズルメンディの前菜、日本の箱庭のようです)

keizoku27no_13.png
(筆者とアズルメンディ シェフ、エネコ・アクスタ氏)


すごいと思いませんか?

日本って、世界の一流が勉強したくなる
そんなすごいものが隠れている国だと思うのです。

もっともっと我々日本人が日本を知り、それをアピールできるようになると面白いと思うのです。日本をもっと勉強しようと思うのでした。

バックナンバー

2019.02.15
第51回 アメリカは、キャッシュを生むのが上手、日本はお金にならない商売が上手!?
2018.12.21
第50回 シリコンバレーで知った中小企業が大企業に勝つ方法!?
2018.10.12
第49回『劇的変化の上海で思う、成長させる社長と失速させる社長』
2018.09.07
第48回 『ミラノサローネで発見!客単価を上げる方法』『スペインで日本のマイナス未来を見てしまった』
2018.06.01
第47回 「今、良い企業は何に力を入れているのか?~ヨーロッパ視察編~」
  1. ≫記事一覧

経営コラムニスト紹介

ビジネスミート代表 野田宜成氏

継続経営コンサルタント/ビジネスミート代表 野田宜成氏

事業を永続させるには、社長が我社の守るべきもの、変えていくべきのものを明確にし、手を打ち続けることが重要と主唱する継続経営コンサルタント。

神奈川大学卒業後、日産車体に入社。エンジニアとしてプロジェクトの第一線で継続した品質向上、生産効率の改善に従事。その後、大手経営コンサルタント会社に転身し、不易流行を元とし、改善と継続を経営指導に 導入。メーカー、サービス、物販店、通販会社などの売上向上の指導で辣腕を奮う。

独立後も継続経営をテーマに経営指導を実践。今までに7000人以上の経営者と会い、500社以上の企業を指導。短期的な視点だけの数字にとらわれず、常に売上を向上させ、事業を継続させる仕組みを指導する。また、成熟した日本市場を背景に、経営者のアンテナ代わりとなり、中国、シンガポール、タイ、ミャンマーなどアジア新興地域、英国、米国などの先進国にも積極的に足を運び オーナー経営に役立つ経営情報を取集。豊富な実務経験とその行動力から生まれる新しい視点は全国の社長から定評を博す。愛知県出身、1966年生まれ。

【野田宜成氏の講演CD・DVDシリーズ】
朝礼や面談、会議…名言の教えをスピーチで活かす
●社員を鼓舞する“1話2分”180話のスピーチ集

《予約受付中》「リーダーの名言講話集」CD

 今のアセアン市場をどのように押さえ、活用していくべきか
●「アジアビジネス最前線 成功の鉄則」DVDシリーズ 好評発売中!

【第1弾】「アジアビジネス最前線 成功の鉄則シリーズDVD ミャンマー篇」
【第2弾】「アジアビジネス最前線 成功の鉄則シリーズDVD タ イ篇」
【第3弾】「アジアビジネス最前線 成功の鉄則シリーズDVD シンガポール篇」
《好評既刊》野田宜成の「継続の法則CD」
「飛躍するASEANに未来を見るCD・MP3」

ビジネスミート代表野田宜成氏の経営コラムに関するお問い合わせ