社長の経営セミナー・本・CD&DVD【日本経営合理化協会】

文字の大きさ

第54話 成長課題 管理職の部下育成術(54)

第54話 成長課題 管理職の部下育成術(54)

あなたの会社の管理職は「部下・後輩に理想思考で真の想像力を高めさせる」ことが出来ていますか?
 
業績・成果を上げ続ける“強い会社”を創るためには社員一人ひとりを『自ら考え行動し“より良い結果を出す”ことが出来る人』すなわち『自創の人(部門経営者)』に成長させ続ける必要があります。
 
『自創の人(部門経営者)』の定義として「自らが、計画を立て、チェックし、改善し、その目標の達成に責任を持つ」ことが出来る人でもあります。
 
社員一人ひとりが社長の想いを実現すべく高い目標に挑戦し、計画的に行動して“より良い結果を出す”ことが出来る人財へと成長するためには「自分の理想像を掲げる努力をし、真の想像力を高める」ことが出来るように成る必要があります。
 
社員一人ひとりが自らの仕事で“より良い結果を出す”ことが出来るように成るためには「何のために」「何が」「どこまで」出来るように成ればよいのかが、明確に成っている状態であることが重要です。
 
具体的には
 
周りの人がどれだけ喜んでいればよいのか?そのために自分はどこまで成長していればよいのか?
売上や利益をどれだけ上げていればよいのか?そのために今あるモノや今は未だないモノがどれだけ動いていればよいのか?その場の状態がどのような状態に変化していればよいのか?
 
など『いかに成っているのか(成るべきか)?』との、現実とは違う“より良い状態”として、変化している様子が想像(イメージ)出来ていることが重要なのです。
 
ただし、その想像(イメージ)は現実とは違うので頭の中からすぐに消えてしまいます。
 
ですので、夢や目標という目に見える形にすることが大切なのです。
 
ただ目に見える形にしたとしても記憶に入っていなければ思い出せず行動は変わりません。
 
我々の記憶として、思い出しやすいのは過去の経験でインパクトが強かった出来事です。
 
脳には、過去のすべての出来事が記憶する機能が備わっているとの説がありますがなかなか日常生活の記憶はインパクトに欠けるので思い出しにくいものです。
 
ただ、我々に備わっている脳がすごいのは過去の出来事を記憶するだけではなく未来の出来事(想像)を記憶することができるのです。
 
すなわち脳に『インパクトの強い“未来の出来事”』を記憶させる。これが“真の想像力”なのです。
 
“真の想像力”が高まれば、そう成るように行動が変わっていくのです。
 
この行動変革が“真の創造力”なのです。
 
想像する未来の出来事のインパクトを強めるためには立体でカラー動画の映像が臨場感にあふれ、感情が揺れ動くことがポイントです。
 
そこで、部下・後輩の育成責任を果たすべき管理職は
 
・より魅力的な行動をとることが出来る人
      ↓
・より良い結果を出すことが出来る人
      ↓
・より多くの成果(成功)を得ることが出来る人
 
へと成長(変化)させることが出来るように成るためにも
 
「○○年後、年末の仕事納めの日、君はどう成っていたいのかな?」
「その君が帰宅したとき、家族になんて話しかける?」
「そのとき、家族はどんな反応をするかな?」
「その時の君の感情はどうかな?」
 
など感情が揺さぶられる、臨場感あふれる映像をインパクトの強い未来の出来事として想像させる成長対話が出来るように成る必要があります。
 
社員一人ひとりが自身で描いた夢を実現するためによりワクワク働き、よりイキイキと過ごすことが出来る人財育成の仕組みである自創経営では「○○年後の私」とのお題で、夢を描き、人生目標や人生計画を目に見える形にする(人生年表)仕組みがあります。
 
その人生年表と連動させ、仕事での夢も描きチャレンジシートとランクUPノートを活用して目標や計画を目に見える形にしながら真の想像力を高める成長対話が行われ部下・後輩が理想思考で仕事のやり方を変える人財に育成出来る仕組みなのです。
 
社長の想いを実現しようとしながらも自らの夢を実現すべく、社員一人ひとりを理想思考で“より良い結果を出す”ための力強い行動をとることが出来るように育成する成長対話が管理職に出来るように成っていただく『管理職養成講座』は毎回盛況で、2017年の2月から第16期春季コースが開講致します。
 
また、社員一人ひとりが理想思考で自らのインパクトの強い未来像を描き目標達成のためにストーリー性のある計画を目に見える形にすることが出来る『夢実現ランクアップキット』も大好評で増刷状態です。
 
人生も仕事も愉しく出来る人に成長しようと理想思考で力強く行動し“より良い結果を出す”部下・後輩の育成が出来る管理職の育成にこれからも全力を尽くしてまいります。
 
本年も皆様には大変お世話になり誠にありがとうございました。
 
2017年を迎えるにあたり年末年始のお休みの間に希望あふれる“インパクトの強い未来の出来事”を目に見える形にして頂ければ幸いです。
 
来年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

 

バックナンバー

2017.08.09
最終回 成長課題 管理職の部下育成術(62)
2017.07.05
第61話 成長課題 管理職の部下育成術(61)
2017.06.14
第60話 成長課題 管理職の部下育成術(60)
2017.05.10
第59話 成長課題 管理職の部下育成術(59)
2017.04.05
第58話 成長課題 管理職の部下育成術(58)
  1. ≫記事一覧

経営コラムニスト紹介

東川広伸
自創経営センター 社長

 デキる管理職を養成する自創経営コンサルタント。

 20代の半ば、電気工事の職人としてその日暮らしに近い生活をしていた頃、たまたま現場近くで開催された、自創経営創始者である父・東川鷹年氏のセミナーを聴く機会を得る。父が話す「人財育成」「成果」「目標管理」「報・連・相」など言葉の意味すらわからなかったが、「どうせやるなら(仕事)愉しくやろう! 同じ生きるなら(人生)ハッピーに生きよう!」の言葉に感銘を受け、父の仕事を継ぐことを志願する。

 以来、父よりチャレンジすべき課題を次々と与えられ、まずリクルートの代理店で営業職について、1年目から売上目標332・8%を達成し、社長賞を受賞。その後、営業部長として引き抜かれた赤字続きの化粧品販社で、店舗運営、人事管理を一任され、全スタッフに自創式「ランクUPノート」を導入して、たった1年で黒字化。さらに東京に本社があるインテリア商社にて大阪営業所を一から立ち上げ、新たな市場を構築するなど抜群の実績を残す。

 現在、自創経営センター所長として、父・東川鷹年氏とともに、社員一人一人がイキイキと働き、確実に目標を達成する仕組み《自創経営》を全国の中小企業に指導。指導会社の経営幹部、管理職養成のために寝る間を惜しんで全国を飛び回っている。氏が講師を務める日本 経営合理化協会主催の「管理職養成講座」は毎回定員をオーバーする絶大な人気を誇り、社員を託す社長及び指導先の幹部・社員から厚い信頼を寄せられている。1969年大阪生まれ。

おすすめ商品

自創経営センター 社長東川広伸氏の経営コラムに関するお問い合わせ