日本経営合理化協会の関連サイト
柿内幸夫─社長のための現場改善 | 日本経営合理化協会BOOK&CD・DVD

文字の大きさ

日本経営合理化協会 BOOK&CD・DVD
お電話でのご注文も承っております:03-3293-0041

第320号 【急所44】仕事は、教え方まで含めて「仕組み化」せよ(その5)

第320号 【急所44】仕事は、教え方まで含めて「仕組み化」せよ(その5)

 今回も私の著書「改善の急所101項」から1項を紹介し、実例を挙げて解説します。  

 【急所44】仕事は、教え方まで含めて「仕組み化」せよ。(108頁)【その5】

 前々回(318号)、H社で私が生徒役になって、画像と声を入れたタブレット型コンピューターを使った作業指導を受けたことを書きました。
 
 そしてその時の教え方は、
 
 「やってみせて、言って聞かせて、させてみて、ほめてやらねば、人は動かじ」の山本五十六方式であったとお伝えしました。
 
 私たちは誰でも、これまでに何回も先生や先輩から仕事のやり方を教わってきています。しかし、「仕事の教え方」を教わったことのある人は、ほとんどといっていいほどいないのです。
 
 そもそも、「教え方」ということが存在するのを、知らない人がほとんどです。確かに、上手に教えられる人はいるけれど、それは特殊な才能だ、くらいにとらえられているようです。
 
 しかし、ここに述べたように、仕事の教え方は割合シンプルな方法として存在するのです。そして、このやり方を使えば、教育訓練において、かなりのレベルアップが図れることになります。才能ではありません。方法を知っていて使うかどうかだけの話です。
 
 さて、皆さんは “ T.W.I.J.I ” という教育訓練の方法をご存知でしょうか?
 
  “ Training Within Industry for supervisors, Job Instruction”(監督者の方々のための企業内教育 仕事の教え方編)というもので、 第二次世界大戦当時にアメリカで広められたものです。ここでの教え方は先の山本五十六方式と同じ流れです。
 
 〝やってみせて、言って聞かせて、させてみて、ほめてあげることが大切デース。″というものです。すなわち、日本でもアメリカでも効果の上がる仕事の教え方は同じだということです。
 
 お時間ある時に下記のサイトを覗いてみてはいかがでしょうか、T.W.I.J.I.を使って〝Tシャツのたたみ方″を教える動画です。
 
 言葉が英語なのがちょっとなーではありますが、Tシャツをわずか3動作でたたんでしまうというビックリ映像ですから、この動画でマスターして、もうすぐ来る忘年会の余興に備えて練習してもいいと思います。
 
 そしてもしご覧になると、すべての皆さんが「そうか、ここまで教えてもらえればできるようになるな」と実感されることでしょう。私がH社で若い女性リーダーのTさんにこのやり方で教えてもらった時は本当に感激しましたよ。
 
 これからは、日本中どこでも人手不足の時代が来ます。日経ビジネス9月7日号の特集は「日本企業は地球上どこでも人手不足」でした。だからこそ、今いる人を大切に教育訓練して、少ない人数でも高い能率で多くの仕事ができる環境を作ることが急務です。
 
 これまで仕事の教え方について、いろいろな方法をお伝えして参りました。どうぞ皆さんで考えて、会社全体のレベルアップにつながる仕事の教え方を実践してください!
 
 
 
 

 

 

 

※柿内先生に質問のある方は、なんでも結構ですので下記にお寄せください。etsuko@jmca.net 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

バックナンバー

2015.12.22
第324号 【急所101】改善に終わりはない
2015.12.08
第323号 【急所1】工場でのあらゆる活動は、お客様からのご要望に応えるために行っている
2015.11.24
第322号 【急所80】監督者は作業の流れを、工場長はモノづくりの流れを、社長は儲けの流れを見よ
2015.11.10
第321号 【急所77】色々な情報も、元をたどれば注文情報ただ一つである
2015.10.27
第320号 【急所44】仕事は、教え方まで含めて「仕組み化」せよ(その5)
  1. ≫記事一覧

経営コラムニスト紹介

柿内幸夫技術士事務代表 柿内幸夫氏

柿内幸夫氏 柿内幸夫技術士事務所 代表

現場改善No.1コンサルタント。
大手自動車メーカーにて、一貫して生産効率改善(IE)を担当し、その改善手腕を見込まれて、社命にてスタンフォード大学大学院に留学。帰国後、若くしてIE責任者として、全国の主力工場を指導、抜群の成績をあげる。
現在、 柿内幸夫技術士事務所の所長 として、自動車、家電、食品、IT関連メーカーなどを指導。「現場で、全社員が一緒に改善する実勢指導」という独自のノウハウで、社長・工場長はもとより、現場の人たちから絶大な信頼をよせられる。
中小企業のドロ臭さと、最新鋭の工場ラインの双方を熟知した手腕に、国内だけでなく欧米、中国、アジアの工場の指導に東奔西走する毎日である。

1951年東京生まれ。東京工業大学工学部経営工学科卒業、スタンフォード大学修士課程修了、慶応大学にて工学博士号取得。
著書「最強のモノづくり」(御沓佳美 共著)「“KZ法”工場改善」「儲かるメーカー 改善の急所〈101項〉」、「5Sでつくる高収益工場ビデオ」「図解でわかる生産の実務 現場改善」「現場改善入門」「現場の問題解決マニュアル」他多数。平成16年日本経営工学会経営システム賞受賞。工学博士、技術士(経営工学)。
柿内幸夫技術士事務所ホームページ http://www.kakiuchikaizen.com/

柿内幸夫技術士事務所代表柿内幸夫氏の経営コラムに関するお問い合わせ