日本経営合理化協会の関連サイト
眼と耳で楽しむ読書術 | 日本経営合理化協会BOOK&CD・DVD

文字の大きさ

日本経営合理化協会 BOOK&CD・DVD
お電話でのご注文も承っております:03-3293-0041

第70回 『感動力の教科書~人を動かす究極のビジネススキル~』(著:平野秀典)

第70回 『感動力の教科書~人を動かす究極のビジネススキル~』(著:平野秀典)

秋とは思えない寒さが続くこの頃。
 
とある会合の場で、
「この秋を象徴する言葉は何か?」という話題が出た際、
多く聞かれたのが"劇場型"という言葉です。
 
たしかに"劇場型政治"や"劇場型選挙"、
といった言葉をこの数ヶ月内に、たびたび見聞きしました。
"劇場型犯罪"という言葉も普通に使われ、
すっかり良くないイメージで定着しつつある印象ですね。
 
しかし、本来、劇場は人々の感動と熱気があふれる場。
そんな負の言葉で語られるものではないはず。
 
それどころか、
「優れたビジネスコミュニケーションは、一流の舞台に似ています」
とあるのが、今回紹介する
 
『感動力の教科書~人を動かす究極のビジネススキル~』平野秀典(著)

70-1.jpg
 
です。
 
では、ビジネスと演劇がどう似ているかというと、
たとえば、
 
・伝えたいことを時間内にドラマティックに伝える
・もっと話を聞いていたい、この場にいたいと思わせる
・聴き手の心が動かされる
・その場に一体感が生まれる
・いい余韻が残る
 
といった点。
 
そして、著者が考える「劇場型」とは、
仕事の場を劇場の舞台と想定し、感動を生み出す演劇の手法を
ビジネスに応用する試み、とのこと。
ゆえに、使用するビジネス用語も以下のようになります。
 
戦略 → シナリオ
戦術 → 演出
戦力 → 営業力(表現力)
ターゲット(=お客) → 共演者
 
たしかに、ビジネスの場で日常的に使われている用語は
どういうわけか、戦争用語が多いですよね。
それも何の違和感も使っています。
よくよく考えてみたら怖い話です。
 
「分離を生み出す戦争用語から、信頼を生み出す演劇用語へ」と
文中にもありますが、日ごろ使う言葉をほんの少し変えるだけでも、
社員の気持ちが変わっていくような気がしてなりません。
 
「プレゼンも商談も、日常のコミュニケーションも、
人に価値を伝えるために最も大切なものは、
テクニックではなくハート(心)です」
 
「商品や人や企業が持つ本来の価値が伝わり、
人が自ら動きだす表現力―」
 
著者はそれを「感動力」と呼んでいます。
 
感動する商品はヒットし、
感動する接客はファンを増やし、
感動するプレゼンは人を動かし、
感動するリーダーには才能が集まる。
 
本書では、「ツタワル表現力」×「ツナガル共感力」×「ツクル創造力」
という切り口から、これからのビジネスのカギがわかりやすく語られています。
 
文字通り、新しいビジネスの「教科書」となるような
工夫とアイデアに富んだこの一冊、さっそく読んでみることをオススメします。
うわべのテクニックとは違う、"心の技術"をぜひ手にしてください!
 
 
尚、本書を読む際に、おすすめの音楽は
『モーツァルト:ピアノ協奏曲第25&27番』
(フリードリヒ・グルダ(ピアノ)、クラウディオ・アバド(指揮)、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団(演奏)

70-2.jpg
 
モーツァルトの名曲、一流揃い踏みでの名演。
特に、テクニック以上に心を感じる、フリードリヒ・グルダの"伝わる演奏"に注目。
合せてお楽しみいただければ幸いです。
 
では、また次回。
 
100の立派なことを言う人より
  1の大切なことを実践する人が、
  人を幸福にします。
 
 

バックナンバー

2017.11.24
第70回 『感動力の教科書~人を動かす究極のビジネススキル~』(著:平野秀典)
2017.10.27
第69回 『琥珀の夢 小説 鳥井信治郎』(著:伊集院 静)
2017.09.22
第68回
『ガルシアへの手紙』
(著:エルバート・ハバード、 アンドリュー・S・ローワン/訳:三浦 広)
2017.08.25
第67回 『おしえて北斎!』 (著・いわきりなおと)
2017.07.28
第66回 『「週刊文春」編集長の仕事術』 (著・新谷 学)
  1. ≫記事一覧

経営コラムニスト紹介

本のソムリエ・団長

本のソムリエ・団長 シブヤ駅前読書大学 学長 一里塚華劇団 主宰

パリ、ロンドン、オーストラリア…国内外で活動を展開する、インディーズ・エンタメロックバンド
「一里塚華劇団」を主宰。ボーカル&ギター。

音楽分野のみならず、ラジオDJ、写真家、講演&教育活動、食文化研究家、翻訳家…はじめ、テレビ出演や各雑誌への寄稿など幅広く、ビートルズの ポール・マッカートニー生家で流れる日本語ナレーションも担当するなど、その活動範囲は、とどまるところを知らない。

特に、年間1000冊以上の読書を楽しむ “本のソムリエ” としてつとに著名で、小中学校や教育機関からの、読書授業の依頼が殺到。 活字離れが加速化する現代、独特の読み聞かせを始めとするユニークな授業を通じて、読書と親しむキッカケづくり、日本語教育に情熱を注いでいる。

シブヤ駅前読書大学・学長、NPO読書普及協会・専任講師、文部科学省「青少年のためのオーサービジット」講師、 日本学びテーナー協会・名誉会長、ワクバカアカデミー・主任教授などを兼務。趣味は帽子集め。世界各地の100個以上所有。大の甘党で"スイーツプリンス"の異名をとる。 著書に「夢は見つかる。必ず叶う!」、「わたしの読書日記(寄稿)」などがある。

※本名非公表。“団長”の名は「一里塚華劇団」リーダーの肩書きと芸名も兼ねています
『本のソムリエ団長』ホームページ http://www.honsom.com

本のソムリエ・団長シブヤ駅前読書大学学長の経営コラムに関するお問い合わせ