【夏季・全国経営者セミナー】事業家・若手起業家…35講師登壇、経営者700名が集う3日間 

日本経営合理化協会の関連サイト
眼と耳で楽しむ読書術 | 日本経営合理化協会BOOK&CD・DVD

文字の大きさ

日本経営合理化協会 BOOK&CD・DVD
お電話でのご注文も承っております:03-3293-0041

第59回 『偏屈のすすめ。』 (著・フランソワ-ポール・ジュルヌ)

第59回 『偏屈のすすめ。』 (著・フランソワ-ポール・ジュルヌ)

日本に限らず、世界中に優れた無名の企業があります。
 
有名になり、手広く展開していきたいという野心を持つ社長もいれば、
その逆に、自分のやりたいことだけをやって
特定の顧客だけに愛されればそれで十分、と考える社長もいます。
 
スイスにある時計メーカー『F.P.ジュルヌ』は、
まさに知る人ぞ知る無名の存在ながら、
世界中に根強いファンを持つ中小企業。
 
スイス本社に社員が約100人、
そして世界10都市に直営店があります。
 
年間に売る時計の数は、わずか850本。
 
日本では高級時計店が並ぶ銀座ではなく、
青山に店を構えています。
 
販売本数も、出店する場所も
時計師であると同時に、経営者でもあるジュルヌ氏の考えによるもの。
 
大企業の傘下であったり、援助を受けている有名時計メーカーが多い中、
独立自営の道を貫いています。
 
まさしく自らの哲学を持つ経営者で、
販売本数をこれ以上増やすつもりは全くなく、
しかも「百貨店では売りたくない」という。
 
2016年の最後に紹介する一冊は、
そんなジュルヌ氏による
 
『偏屈のすすめ。』

59-1.jpg
 
です。
 
偏屈のすすめ。 自分を信じ切ることで唯一無二のものが生まれる。/amazonへ
 
 
本書は、新作発表の場ですら多くを語らないジュルヌ氏が
日本人のために語り下ろした初の著書。
 
ジュルヌ氏の経営哲学や人生観が序文に非常に色濃く表れていますので
以下、引用します。
 
「わたしはF.P.ジュルヌを誰もが知るブランドに育てたいとは思っていない。
わたしが望むことは、自分が理想とする時計を"誰にも邪魔されることなく"
作り続けるだけ。そのためには、わたし自身の目が十分に行き届く
今くらいの規模がちょうどいい。
そしてわたしが作る時計の価値をわかってくれる顧客の顔が見える範囲で販売し、
わたしの理想を分かち合うことができれば、それで十分満足なのだ。」
 
さらに
 
「"ブランドを大きくしない"に共通しているのだが、
お金を過剰に儲けようとも思っていない。
なぜなら、大きな利潤を生むには、自分の意にそぐわない時計を
作らなくてはならないから。
マーケティングやら、流行やらを取り入れて、理想とは違った時計を作るくらいなら、
わたしは時計師をキッパリやめる。
理想を追い求められなくなったら、わたしが時計師である意味はないのだから。
わたしにとって時計製作とは、仕事であって、仕事ではない。
自分自身の表現であり、人生そのものなのだ」
 
仕事を人生そのもの、と考えている経営者は多いですし、
非常に響くものがあると思います。
 
そして、本書を出すようになったキッカケも興味深いです。
 
「仕事を通じて出会った日本のビジネスマン像を思い浮かべてみると、
もしかしたら「理想の時計だけを作る」というわたしの揺るがぬ信念は、
何か日本人に訴えかけられるものがあるのではないか」
 
ジュルヌ氏の経営方針、リーダーシップを通じて
日本人に足りない部分や長所を感じ取れるのも本書の魅力といえます。
 
ジュルヌ氏の経営哲学は、万人受けするものではないと思いますが、
響く人には、はてしなく響くはず!
 
年末年始のこの機会にぜひオススメします。
 
尚、本書を読む際に、おすすめの音楽は
『ブルックナー:交響曲第8番(1990年東京ライヴ)』(セルジュ・チェリビダッケ指揮)

59-2.jpg
 
です。
ブルックナー:交響曲第8番(1990年東京ライヴ)/amazonへ
 
 
一癖も二癖もある人材揃いのクラシック界において、
特に強いこだわりを持つことで知られるマエストロの音楽とともに、
ぜひ合せてお楽しみください。
 
では、また次回。
 
 
 
 
 

バックナンバー

2017.05.26
第64回 『師弟』(著:野村克也・宮本信也)
2017.04.28
第63回 『ターゲット ゴディバはなぜ売上2倍を5年間で達成したのか?』(著・ジェローム・シュシャン)
2017.03.31
第62回 『感じるままに生きなさい ― 山伏の流儀』(著・星野文紘)
2017.02.24
第61回 『異端のススメ』 (著:小池百合子・林 修)
2017.01.27
第60回 『リーダーの教科書』 (著・室井俊男)
  1. ≫記事一覧

経営コラムニスト紹介

本のソムリエ・団長

本のソムリエ・団長 シブヤ駅前読書大学 学長 一里塚華劇団 主宰

パリ、ロンドン、オーストラリア…国内外で活動を展開する、インディーズ・エンタメロックバンド
「一里塚華劇団」を主宰。ボーカル&ギター。

音楽分野のみならず、ラジオDJ、写真家、講演&教育活動、食文化研究家、翻訳家…はじめ、テレビ出演や各雑誌への寄稿など幅広く、ビートルズの ポール・マッカートニー生家で流れる日本語ナレーションも担当するなど、その活動範囲は、とどまるところを知らない。

特に、年間1000冊以上の読書を楽しむ “本のソムリエ” としてつとに著名で、小中学校や教育機関からの、読書授業の依頼が殺到。 活字離れが加速化する現代、独特の読み聞かせを始めとするユニークな授業を通じて、読書と親しむキッカケづくり、日本語教育に情熱を注いでいる。

シブヤ駅前読書大学・学長、NPO読書普及協会・専任講師、文部科学省「青少年のためのオーサービジット」講師、 日本学びテーナー協会・名誉会長、ワクバカアカデミー・主任教授などを兼務。趣味は帽子集め。世界各地の100個以上所有。大の甘党で"スイーツプリンス"の異名をとる。 著書に「夢は見つかる。必ず叶う!」、「わたしの読書日記(寄稿)」などがある。

※本名非公表。“団長”の名は「一里塚華劇団」リーダーの肩書きと芸名も兼ねています
『本のソムリエ団長』ホームページ http://www.honsom.com

本のソムリエ・団長シブヤ駅前読書大学学長の経営コラムに関するお問い合わせ