【新春・全国経営者セミナー】事業家・若手起業家…日本最大級、経営者700名が集う3日間 

日本経営合理化協会の関連サイト
東川鷹年の「中小企業の人育て」 | 日本経営合理化協会BOOK&CD・DVD

文字の大きさ

日本経営合理化協会 BOOK&CD・DVD
お電話でのご注文も承っております:03-3293-0041

第35話 「自創経営における人格能力の育み その5 思考方法編(2)」

第35話 「自創経営における人格能力の育み その5 思考方法編(2)」

モノには、表があれば必ず裏があります。
何事においても、上下、左右など対比するもう一面があるのです。

世間一般では、不景気といわれていますが好景気の企業、業態もあります。
お客様が来ていないお店があれば、たくさん来ているお店もあります。

重要なことは、

【1】現実に直面した一面と、対比のもう一面を考えてみる。
【2】その両面のどちらが主流かを考えてみる。
【3】主流と反主流がある中で、「どちらが自分にとって最適か」
「どちらに着眼すべきか」を考えてみることです。

ここでポイントは、【2】の主流が必ずしも正しいとは限りません。
よく、流行りやブームにすぐに乗っかる人がいますが、それ自体は悪いことではありません。
しかし、それがその本人にとって最適かどうかはまた別です。

流行りのファッションもやがては廃れていきます。
定番のファッションの方が本人に似合っているかもしれません。

また、最近では、禁煙が1つのブームであり、主流となりつつあります。
そのような情勢の中、飲食店などでは、条例まで発令され、禁煙や分煙をしているお店が続出しています。

反面、喫煙できると前面に打ち出している喫茶店が非常に盛況で、業績を伸ばしています。

世の中の流れに逆らっているようにも見えるビジネスに、大きなチャンスがあるかもしれません。

人について言えば、長所があれば短所もあります。
短所は目に付きやすく、長所は意外と目立たず、短所の一面だけにとらわれ、その人に悪い印象を持ってしまうことがあります。

人財育成で着眼すべきは、長所であり、その長所を伸ばし続けること。
そうすれば短所が目立たなくなります。

もちろん、悪い行動は指摘をし、次からはその悪い行動をしないように良い行動を身につけさせる教育も必要です。

自創経営の人財育成では、短所を克服する事も大切ですが、それよりも 誰にでもすでにある長所に目を向け、その長所をさらに伸ばすことにより、可能性が拡がるという考え方を大切にしています。

そのために、管理職を中心に、各社員が“成長対話”を行い、お互いに美点凝視で、良いところをさらに伸ばすという成長課題を明らかにし、その課題解決方法を一緒に考える『仕組み』となっています。

その『仕組み』の要が【目標管理チャレンジシステムの仕組み】で、《チャレンジシート》と《ランクUPノート》というツールを活用します。

そこに記載されている目標や計画に対し、「今、出来ていること」を明らかにしつつ、その反面の「今は未だ出来ていないこと」も明らかにします。

ここで着目すべきは当然、「今は未だ出来ていないこと」です。

出来ていることに満足(慢心)するだけではなく、「もっと出来る!」と本人の可能性を開花させることが重要なのです。

「今は未だ出来ていないこと」に具体的に気づき、出来るようになることを希望し、出来るようになるために、チャレンジし続けていく。

そのような社員が育つ組織を創ることが管理職の重要な仕事なのです。

経営目標を必達し続ける『強い会社』を創るためには、全社員が常に「出来ていること」の反面である「今は未だ出来ていないこと」という成長課題を明らかにする考え方を身につけるための訓練を、仕事での実践を通じて行うことが重要です。

バックナンバー

2011.12.06
第38話 「自創経営における人格能力の育みその8 思考方法編(5) と知識拡大編」
2011.11.09
第37話 「自創経営における人格能力の育みその7 思考方法編(4)」
2011.10.26
第36話 「自創経営における人格能力の育み その6 思考方法編(3)」
2011.09.07
第35話 「自創経営における人格能力の育み その5 思考方法編(2)」
2011.07.05
第34話 「自創経営における人格能力の育み その4 思考方法編(1)
  1. ≫記事一覧

経営コラムニスト紹介

東川鷹年氏
「自創経営」の創始者/自創経営センター所長

専務・常務の最大の仕事は、社長が打ち出す経営計画を完成させる仕組みを作り、全社員に徹底させることである。
東川鷹年氏の「自創経営法」は、社員一人一人がイキイキと働き、確実に目標達成させる仕組みであり、いままでの業績管理手法とはまったく違う。 この大不況の中でも、導入企業154社全てが目標を完全に達成、中には二倍以上の達成率を誇る企業もある。 社長として、専務・常務をはじめ、幹部・社員に対し、経営計画を実行・徹底させるための「自創経営法」自社導入のやり方を指導。 西尾レントオール株式会社取締役総務部長として、社員一人一人が全力で仕事に取り組み、目標達成に向けてチャレンジするニシオ式人事制度「目標管理制度」を構築。50人の中小企業を東証一部上場、社員一人当り利益300万円の高収益・優良企業に育て上げた中心的存在。

《著書》
『ニシオ式躍進経営の研究』(明日香出版社)
『SMAPランクアップノート』(脳力開発センター)
『社員がワクワクして仕事をする仕組み』(日本経営合理化協会出版局)
『社長が判断すべき重要人事』(日本経営合理化協会出版局)

「自創経営」の創始者東川鷹年氏の経営コラムに関するお問い合わせ