人気のコラム
おすすめコラム記事
カテゴリ別一覧を見る

トレンド・新技術

2018.06.19

第11回 ZOZOスーツ

社長のメシの種 4.0

 自分の体型サイズを計測し、それに合わせた衣料品をネット注文できる採寸ボディースーツ「ZOZOスーツ」(初回無料+送料600円)が送られてきたので、早速試してみた。

 「ZOZOスーツ」は全体にドット(水玉)のマーカーが付いている体にピタッとする薄手の素材で、上は首まである長袖、下は足首部分も覆うような長ズボンだ。
 これを着て、専用アプリ(ZOZOTOWNアプリ)を使いスマートフォンのカメラで360度撮影するだけで、体型サイズを3D計測でき、Tシャツ、ジーンズやシャツが注文できる。
 届いたTシャツを着てみたが、腕などのあがきもよく、適度のゆとりがあり着心地は悪くなく、計測は成功したと感じた。

 「ZOZOスーツ」は昨年11月22日に発表されて10時間で23万件の予約が殺到したものだが、当初のセンサーで体型データを計測する方式がうまく行かなかったようで、12月5日に遅延告知と謝罪メールが予約者に送られ、今年に入り4月27日に改良された新型ZOZOスーツが発表、その直後に送られてきた。

 アパレル企業にとって「体型データ」は重要で、特に試着ができない通販では顧客の体型データを持つことは返品や在庫管理などの面で有利となるため、2,000円の価格が付いている「ZOZOスーツ」を送料だけで配っている(今注文すると到着は8月上旬)。

 採寸システムに関しては、シリコンバレー視察で何度か訪問したオーダーシャツ専門ECサイト「オリジナルスティッチ(ORIGINAL STITCH)」も、A4用紙を自分のシャツの上に置き、写真を撮るだけでその寸法を測定できるAI採寸アプリ「メジャーボット(Measure Bot)」を提供しているが、全身サイズを2枚の写真から採寸できる「ボディグラム(Bodygram)」というAIサービスも開始すると発表した。

 人々の体のサイズデータは、自社の洋服を売るだけでなく、ネット販売衣料のプラットフォームになる可能性もあり、今後新たな技術や企業が参入してくる分野となりそうだ。

 

ZOZOタウン

 2004年にファッション通販サイト「ZOZOタウン」を開始したスタートトゥデイ社は、2018年3月期の年間取扱高が前年比28%増の2,705億円と、国内衣料品販売ではアマゾン以上とされており、4月27日発表の2019年3月期営業利益は400億円(前期比22.4%増)、純利益280億円(同38.9%増)と、ともに連続して過去最高を更新する見通しだという。

 また、6月26日の定時株主総会での承認を経て、10月に社名を「ZOZO」に変更予定で、ZOZOスーツでの採寸を持って自社ブランドのYシャツの販売も開始、今後はグローバル展開も目指すという。

 「ZOZOスーツ」など採寸システムの登場により、ネット販売と実店舗の競争はますます激化してゆきそうだ。

 

 

======== DATA =========
●ZOZOスーツ
http://zozo.jp/zozosuit/

●スタートトゥデイ
https://www.starttoday.jp

●ORIGINAL STITCH
https://ja-jp.originalstitch.com

 

講師紹介

高島健一(高島事務所 代表)

国内外「人の集まる所」「行列のある所」には必ず足を運び、次の売れ筋情報を誰より早く経営者に届ける、異色の新事業ナビゲーター。...>もっと見る

おなじカテゴリのコラム

講師の商品ピックアップ

当サイトでは、実在性の証明とプライバシー保護のため、GMOグローバルサイン社のSSLサーバ証明書を使用し、SSL暗号化通信を実現しています。

SSLとは?(IT用語辞典)