社長の経営セミナー・本・講演CD&DVD・ダウンロード【日本経営合理化協会】

文字の大きさ

ようこそ、ゲスト

「賃金の誤解」

“社長の思い違いが大きな過ちを引き起こす”

賃金は、社長から社員へのメッセージです。しかし、ちょっとした賃金の勘違いが、社長と社員の間に大きな溝をつくっています。社長の想いが伝わらず社員は満足に仕事をしない。それどころかデキル社員から次々と会社を辞めていく…。

本コラムでは、社長が陥りやすい賃金の誤解と、その解決策を賃金管理研究所の弥富拓海氏に、実話をまじえわかりやすく教えていただきます。
賃金管理研究所

■ 弥富拓海氏/関連書籍 ■
賃金制度の作り方スターターキット

最新の記事

最新記事 09/09日更新第135話 業績悪化時の総額人権費の削減を考える

 この度のコロナ禍を主因とする景気の悪化は長期化する可能性が高く、小売業・飲食業や旅行・宿泊サービス業などへのダメージが大きいことが報道されています。飲食業でも最高益を上げる会社が一部にあるように不況の影響度合いは同じではありませんが、これまでの景気状況と今後の見通しから考えれば、未曽有の危機的状況にあると考えられます。  先月のコラムでは、安易な賃上げ抑制を行うことのリスクやデメリットについてお話しましたが、いよいよ業績が悪化しているときには、いかに人件費抑制をも含めた事業の再構築を行うかが…続きを読む

バックナンバー

2020.08.12
第134話 定期昇給を実施しない会社に明るい未来はあるでしょうか?
2020.07.08
第133話 コロナ禍による業績低下時の賞与支給の考え方
2020.07.08
第132話 今年の春季労使交渉と夏季賞与の動向
2020.05.13
第131話 非常時こそ落ち着いて基本に沿った昇給運用を
2020.03.04
第130話 2020年度の労働経済情勢と賃上げ動向
  1. ≫記事一覧

経営コラムニスト紹介

弥富拓海
賃金管理研究所所長

賃金管理研究所所長。昭和44年武蔵大学卒。ティアック等を経て平成4年入所。主な指導先に、大倉工業、産能大学、日東光器、アムコ、日本情報センター、福山商工会議所、他多数。 主な著書に、「強い会社をつくる賃金の決め方」はじめ、「賃金管理データブック(共著)」他。

おすすめ商品

賃金管理研究所所長弥富拓海氏の経営コラムに関するお問い合わせ