【好評発売中!】2019年「夏季・全国経営者セミナー」講演CD・DVD 

日本経営合理化協会の関連サイト
これぞ!"本物の温泉" | 日本経営合理化協会BOOK&CD・DVD

文字の大きさ

日本経営合理化協会 BOOK&CD・DVD
お電話でのご注文も承っております:03-3293-0041

これぞ!"本物の温泉"

こんこんと湧きでる極上の泉質の温泉は、仕事で疲れた体を芯からあたため、心までも癒してくれる───月2回配信のコラム「これぞ、本物の温泉」は、日本一周3000湯の旅を経験した、温泉アナリストの高橋一喜氏が、経営者のために"本物の温泉"を厳選して紹介するものである。

最新の記事

最新記事 09/17日更新第25回 箱根湯本温泉(神奈川県) 人気温泉地で存在感を放つ素朴な共同浴場

 ■「本物の温泉」が楽しめる温泉地とは?  本コラムのテーマは、「これぞ!本物の温泉」である。「本物の温泉地の条件は何か?」と尋ねられたら、私はこう答える。「地元の人から愛される共同浴場(公衆浴場)があること」。  しかし、共同浴場が残る温泉地は、徐々に少なくなっている。温泉の目的が療養よりも観光がメインとなり、多くの団体客が訪れるようになると、共同浴場は大型の日帰り温泉施設へと姿を変えていった。  施設が大型化すると、湯船も大きくしなければならない。そうなると、温泉の質は二の次となり、湯を使…続きを読む

バックナンバー

2019.08.27
第24回 湯の峰温泉(和歌山県) 7色に変化する神秘の濁り湯
2019.08.06
第23回 川原毛温泉(秋田県)落差20メートル! 川遊びも楽しめる温泉の滝
2019.07.30
第22回 川中温泉(群馬県) 温泉で美肌になる!? 日本三大「美人の湯」
2019.07.16
第21回 信玄温泉(山梨県) ビジネスホテルで堪能する極上の「モール泉」
2019.06.25
第20回 渋温泉(長野県) 浴衣での湯めぐりが楽しい「外湯文化」
  1. ≫記事一覧

経営コラムニスト紹介

高橋一喜氏
温泉アナリスト

 千葉県生まれ。上智大学卒業後、2000年ビジネス系出版社に入社し、経営者向けの雑誌やビジネス書の編集に携わる。2008年3月、温泉好きが高じて会社を辞め、「日本一周3000湯の旅」に出発。386日かけて3016湯を踏破。現在はフリーランスとして書籍の編集・ライティングに携わるかたわら、温泉ライターとして活動し温泉の魅力を発信している。著書に『日本一周3016湯』『絶景温泉100』(ともに幻冬舎)などがある。

温泉アナリスト高橋一喜氏の経営コラムに関するお問い合わせ