【新春・全国経営者セミナー】事業家・若手起業家…日本最大級、経営者700名が集う3日間 

日本経営合理化協会の関連サイト
これぞ!"本物の温泉" | 日本経営合理化協会BOOK&CD・DVD

文字の大きさ

日本経営合理化協会 BOOK&CD・DVD
お電話でのご注文も承っております:03-3293-0041

これぞ!"本物の温泉"

こんこんと湧きでる極上の泉質の温泉は、仕事で疲れた体を芯からあたため、心までも癒してくれる───月2回配信のコラム「これぞ、本物の温泉」は、日本一周3000湯の旅を経験した、温泉アナリストの高橋一喜氏が、経営者のために"本物の温泉"を厳選して紹介するものである。

最新の記事

最新記事 11/19日更新第29回 熊の湯温泉(長野県) エメラルドグリーンに輝く宝石の湯

■スキー場の目の前に湧く「究極の濁り湯」  温泉は、透明な湯ばかりではなく、乳白色や赤茶色、黒色、飴色、青色……などさまざまな表情を見せてくれる。    「日本一美しい色の温泉はどこか?」と尋ねられたら、私は「熊の湯温泉」と答える。熊の湯温泉は、長野県北東部・志賀高原に湧く山の中の温泉地。幕末の蘭学者・佐久間象山が発見したとされる。「熊の湯」という名前は、熊が傷を癒すために浸かるのを目にしたという伝説に由来する。    熊の湯温泉には、温泉街はな…続きを読む

バックナンバー

2019.11.05
第28回 奥鬼怒温泉郷(栃木県) 紅葉シーズンに訪れたい関東最後の「秘湯」
2019.10.15
第27回 温泉津温泉(島根県) 開湯1300年の名泉は「アツ湯」の最高峰
2019.10.01
第26回 酸ヶ湯温泉(青森県) 「混浴」は歴史ある名湯の証し
2019.09.17
第25回 箱根湯本温泉(神奈川県) 人気温泉地で存在感を放つ素朴な共同浴場
2019.08.27
第24回 湯の峰温泉(和歌山県) 7色に変化する神秘の濁り湯
  1. ≫記事一覧

経営コラムニスト紹介

高橋一喜氏
温泉アナリスト

 千葉県生まれ。上智大学卒業後、2000年ビジネス系出版社に入社し、経営者向けの雑誌やビジネス書の編集に携わる。2008年3月、温泉好きが高じて会社を辞め、「日本一周3000湯の旅」に出発。386日かけて3016湯を踏破。現在はフリーランスとして書籍の編集・ライティングに携わるかたわら、温泉ライターとして活動し温泉の魅力を発信している。著書に『日本一周3016湯』『絶景温泉100』(ともに幻冬舎)などがある。

温泉アナリスト高橋一喜氏の経営コラムに関するお問い合わせ