社長の経営セミナー・本・CD&DVD【日本経営合理化協会】

文字の大きさ

ようこそ、ゲスト

深読み企業分析

強い企業には強い企業である理由がある。社長として強い企業の方法論を研究することは重要である。しかし、表面上だけの現象を研究しても、実は理解できないことが多いものだ。その企業の強さの本質がどこにあるのかわからなければ、理解したことにはならないし、活用することもできない。 企業の本質的な強さは、その企業のフィロソフィーにあったり、市場の構造にあったり、または、たまたまそういう風が吹いていたりと、実は企業ごとに様々である。

本コラムは、証券アナリストとして30数年に及ぶ経験から、様々な業種、様々な企業を深く分析して導き出した企業の本質を見抜くノウハウ。 アナリストとして個々の企業を深く分析することによって、表面上ではなく、一般的には気付きにくい個々の企業の本質的な強さの源泉を伝えて行く。 企業経営はもちろん、ビジネスに大いに役立てていただきたい。

最新の記事

最新記事 09/11日更新第84回「食品スーパー、食品流通の縁の下の力持ち」サイバーリンクス

 サイバーリンクスはもともと携帯販売会社としてスタートし、その後食品流通向けのクラウドサービス及び官公庁向けクラウドサービスに参入している。過去5年間の年平均売上高成長率は3.4%と低いが、これはモバイルネットワーク(携帯販売)が年率4.5%減と減少しているためであり、ITクラウドは年率9.1%増と二ケタ近い伸びとなっている。   携帯販売はすでに成熟しており、利益面はキャリアのインセンティブ動向に大きく左右される。キャリアに対する政府の料金値下げ意向もあり、先行きには期待できない…続きを読む

バックナンバー

2020.08.14
第83回「電子書籍卸でありながらやがては日本の電子コンテンツ市場に広く影響を及ぼしそうな勢いを感じる」メディアドゥホールディングス
2020.05.22
第82回「いよいよ本格化する関東進出」やまみ
2020.04.17
第81回「逆風が吹けば吹くほど強くなるニトリのすごさ」ニトリホールディングス
2020.03.20
第80回「やるべきことを着実に地道に実行することでできた強い企業体質」ベルク
2020.02.14
第79回「庶民の味として磨き抜かれた回転ずしで世界市場に挑戦」スシローグローバルホールディングス
  1. ≫記事一覧

経営コラムニスト紹介

H&Lリサーチ代表 有賀泰夫氏

有賀泰夫氏 H&Lリサーチ代表/証券アナリスト

1955年生まれ。埼玉大学生化学科卒業後、新日本証券(現みずほ証券)、クレディリヨネ証券、三菱UFJ証券でアナリストとして活躍。専門分野は食品、食品卸、小売業、外食産業、ネット、バイオ企業など。特に卸売業を介した日本独特の効率的な流通構造の分析に関しては第一人者。独立後、H&Lリサーチを設立、代表に就任。株式投資アドバイザー、株式分析、産業分析コンサルタントとして企業分析、セミナーや講演会でも人気を博す。 共著に「日本の問屋は永遠なり」、《最新刊》有賀泰夫の「最新・株式市場の行方と有望企業」CD版・デジタル版、有賀泰夫の「お金の授業 株式投資と企業分析」CD版・デジタル版有賀泰夫の「日本の問屋は永遠なりCD」他、インターネットの最大手株式投資SNSみんなの株式などにコラムを執筆中

おすすめ商品

H&Lリサーチ代表証券アナリスト有賀泰夫氏の経営コラムに関するお問い合わせ