《6月1日以降のセミナー対応につきまして》

日本経営合理化協会の関連サイト
どうなる金融業界 | 社長の経営セミナー・本・ダウンロード・CD&DVD【日本経営合理化協会】

文字の大きさ

日本経営合理化協会 BOOK&CD・DVD
お電話でのご注文も承っております:03-3293-0041

どうなる金融業界

日銀のマイナス金利政策により、地銀の赤字が続出。加えて、新型コロナウイルスの感染拡大で、より銀行の経営は窮地に立たされている。これからの金融業界は、どうなるのか? 本コラムは、揺れ動く金融業界で最近起こっている変化について解説。取引行選び、借入・金利交渉をスムーズに行うためのヒントとしてご活用ください。

最新の記事

最新記事 06/03日更新第3話 コロナウイルスが、銀行員の誇りを取り戻す!

・「地方銀行の崩壊」コロナが映す暗い未来予想図 ・銀行破綻が「連鎖的な企業倒産」招く危険も (4/23 東洋経済) ・地銀生き残り競争熾烈に、上場廃止や破綻懸念もーコロナ追い打ち(4/23 Bloomberg) ・地銀の苦境、深めるコロナ 上場7割が減益見通し(5/18 日経新聞)   コロナ禍による金融機関への影響を分析する記事は総じて悲観的なトーンである。 確かに収益基盤が弱って来た最中に訪れた未曾有の経済危機に直面しており、貸倒引当金の増加は金融機関の決算を直撃する。今後、融資…続きを読む

バックナンバー

2020.05.06
第2話 コロナ危機、緊急融資制度に目詰まりが起きている
2020.04.08
第1話 コロナウイルスが金融機関の本性をあぶり出す!
  1. ≫記事一覧

経営コラムニスト紹介

湧川博英
WellUpConsulting 代表コンサルタント

大学卒業後、都市銀行(現メガ銀行)へ入行。首都圏、地方支店はじめ人事や業務推進本部などを歴任。3つの支店で支店長を8年間勤め、1,000社以上の融資相談に乗ってきた。 銀行退職後、コンサルタントとして独立。銀行時代の金融知識を活かした指導は、全国の中小企業経営者から高い評価を得ている。MA(マーケティングオートメーション)ツール「マーケロボ」認定パートナーとしても活躍中。

WellUpConsulting 代表コンサルタント湧川 博英氏の経営コラムに関するお問い合わせ