日本経営合理化協会の関連サイト
デジタルAVを味方に!新・仕事術 | 日本経営合理化協会BOOK&CD・DVD

文字の大きさ

日本経営合理化協会 BOOK&CD・DVD
お電話でのご注文も承っております:03-3293-0041

デジタルAVを味方に!新・仕事術

年々、進化を遂げるデジタルAV機器。その魅力は「低コスト&高効率」。
身近なデジタル機器を、ビジネスやライフスタイルにいかに活用していくべきか。
多機能化、多様化が加速するデジタルAV機器は、複雑にとらえられがちであるが、用途が明確であれば、使い勝手は良く、低コストで多くのメリットを生みだす可能性を秘めている。

この「デジタルAVを味方に!新・仕事術」コラムでは、デジタルオーディオヴィジュアルの専門家が、日常業務の効率化、プレゼンテーションの効果アップ、店舗の集客アップ…のヒントとなる最新デジタルAV製品の紹介と、用途アイデアや使いこなし術を提案いたします。

最新の記事

最新記事 08/25日更新第71回  数十万円も当たり前?!超高級音楽プレーヤーの世界

■携帯型音楽プレーヤーの歴史 ソニーのウォークマンが切り拓いた、音楽を携帯するという新しい文化。その後、デジタル化で小型大容量を実現したAppleの「iPod」は、自前の音楽配信サイトを用意したり、それまで著作権保護の観点から犠牲にされてきた制約を取り払い、ユーザー目線で使い勝手を追求するなどして、先駆者達を駆逐して余りある成功を収めました。 iPodシリーズの中でも、記憶媒体にフラッシュメモリーを用い、超小型軽量化を実現したiPod nanoは画期的で、音楽を聴く人口をも増やし、現在のヘッド…続きを読む

バックナンバー

2017.07.28
第70回 人間を超えるAIとは?
2017.06.30
第69回 日常とマーケティングを変える「ビーコン」とは?
2017.05.26
第68回 Bluetooth対応レコードプレーヤー
2017.04.28
第67回 耳で情報収集"ヒアラブル"
2017.03.24
第66回 スマホカメラで簡単翻訳
  1. ≫記事一覧

経営コラムニスト紹介

ディーエーシージャパン 鴻池賢三氏

鴻池 賢三氏  ディー・エー・シー・ジャパン

株式会社オンキヨーにてAV機器の商品企画職、米国シリコンバレーのデジタルAV機器用ICを手がけるベンチャー企業を経て独立。 現在、WEB・テレビ・雑誌等のメディアを通じて、AV機器の評論家/製品アドバイザーとして活躍中。その他、「ディー・エー・シー ジャパン」を設立し、AV機器関連企業の商品企画コンサルティングや、日本唯一のTHX/ISF認定ホームシアターデザイナーとして、商業施設から個人のホームシアターまで、AVの視点から空間の提案やアドバイスなども手がける。 2009年より、日本オーディオ協会「デジタルホームシアター普及委員会」委員、映像環境WG主査。 2010年より、ビジュアルグランプリ審査員(主催: 音元出版)

【主な著作】
オールアバウト「ホームシアター」
http://allabout.co.jp/gm/gt/53/
イミダス「オーディオ・ビジュアル」2007年~(集英社imidas) 「AV REVIEW」(音元出版) (鴻池賢三のハンズオン映像調整講座~画質が100倍良くなる映像調整術ほか)

オーディオビジュアル機器 評論家鴻池賢三氏の経営コラムに関するお問い合わせ