日本経営合理化協会の関連サイト
あなただからお願い したいと思われる 気配りの達人 | 日本経営合理化協会BOOK&CD・DVD

文字の大きさ

日本経営合理化協会 BOOK&CD・DVD
お電話でのご注文も承っております:03-3293-0041

あなただからお願い したいと思われる 気配りの達人

友人関係も、恋愛関係も、ビジネス付き合いも、
“好きか、嫌いか”“付き合いたいか、付き合いたくないか”の人間関係・感情が、長続きのベース。

誰もがそれを知っているのに、
どうして、プライベートで交わす自然なコミュニケーション・心遣いが、取引先や職場だと上手にできないのか…。

この音声コラムは、ビジネスマンには超ベストセラー『面接の達人』の著者としておなじみ、
また、若手・OL層には「人生論」「大人の恋愛論」でカリスマ的な人気を誇る、作家・中谷彰宏先生がご担当。

交友や恋愛シーンでのありふれたエピソードからヒントを導き出し、ビジネスの場で「あなただから、この仕事を頼みたい」
と一歩抜きん出るための、気配りのコツや、コミュニケーションの極意をアドバイスします。

下記から中谷彰宏先生の音声コラム「気配りの達人」をお聴きいただけます。
ぜひ、ご活用いただけましたら幸いです。

最新の記事

最新記事 11/17日更新第122回 「スピーチは、予定より、短くする。」

気配りのある人のスピーチは短い。会は時間が押すものだと知っているから。 頼む側から「五分見当でお願いします…」と言われたときは、「3~5分で収めてほしい…」が本音だ。  前の人の話が伸びたときは、次の人は時間を詰めてあげるのが気配り。 スピーチを短くする3つのコツをお話ししましょう。     6分8秒(MP3)  …続きを読む

バックナンバー

2017.10.20
第121回 「パーティーに参加するときは、平服で…と書かれていてもきちんとする。」
2017.09.15
第120回 「相手の小さな動きには、意味がある。」
2017.08.18
第119回 「気配りとは、存在・要望・感情に気づくことだ。」
2017.07.21
第118回 「演奏の途中で、帰らない。」
2017.06.16
第117回 「留守電だった時に、メールで用件を伝える。」
  1. ≫記事一覧

経営コラムニスト紹介

中谷事務所代表 中谷彰宏氏

中谷事務所代表 中谷彰宏氏

1959年、大阪府生まれ。早稲田大学第一文学部演劇科卒業。博報堂勤務を経て独立。
91年、株式会社中谷彰宏事務所を設立。【中谷塾】を主宰。
全国で、セミナー・ワークショップ活動を行う。【中谷塾】の講師は、中谷彰宏氏本人。
参加者に直接、語りかけ質問し、気づきを促す、全員参加の体験型講義。

中谷先生【公式ホームページ】http://www.an-web.com/
【最新刊】「雑談の達人CD版」

中谷事務所代表中谷彰宏氏の経営コラムに関するお問い合わせ