日本経営合理化協会の関連サイト
深読み企業分析 | 日本経営合理化協会BOOK&CD・DVD

文字の大きさ

日本経営合理化協会 BOOK&CD・DVD
お電話でのご注文も承っております:03-3293-0041

深読み企業分析

強い企業には強い企業である理由がある。社長として強い企業の方法論を研究することは重要である。
しかし、表面上だけの現象を研究しても、実は理解できないことが多いものだ。その企業の強さの本質がどこにあるのかわからなければ、理解したことにはならないし、活用することもできない。 企業の本質的な強さは、その企業のフィロソフィーにあったり、市場の構造にあったり、または、たまたまそういう風が吹いていたりと、実は企業ごとに様々である。

本コラムは、証券アナリストとして30数年に及ぶ経験から、様々な業種、様々な企業を深く分析して導き出した企業の本質を見抜くノウハウ。 アナリストとして個々の企業を深く分析することによって、表面上ではなく、一般的には気付きにくい個々の企業の本質的な強さの源泉を伝えて行く。 企業経営はもちろん、ビジネスに大いに役立てていただきたい。

【有賀泰夫講師 講話CD情報】
●《最新刊》『最新・株式市場と有望企業』講話CD はこちら(2017年2月17日収録)

最新の記事

最新記事 10/13日更新第52回 ニュータイプの小売りチェーンを展開「神戸物産」

食品を中心とする小売りのマーケットは、GMS(総合スーパー)の衰退を受けて、コンビニエンスストア、食品スーパー、ドラッグストアが成長業態として、日に日にその存在感を高めている。それ以外にはほとんどチェーンとして成長している業態は見当たらない。   その中にあって、すでに800店舗のチェーンを展開し、今なお成長を遂げているのが神戸物産の運営する業務スーパーである。業務スーパーは本来、小規模外食店向けの小売店としてスタートしているが、現在の売上は一般消費者向けが80%前後と、…続きを読む

バックナンバー

2017.09.08
第51回 戦略的な改善の積み重ねで目指す収益性を達成「物語コーポレーション」
2017.08.11
第50回 アカデミーを通じて若者のモチベーションを巧みに維持する「串カツ田中」
2017.07.14
第49回 奇をてらうことのない愚直な経営が、一流企業への道を歩ませた「ベルク」
2017.06.09
第48回 独自の発想で、ぶれない経営を貫く「さくらインターネット」
2017.05.12
第47回 先行投資による利益の落ち込みを投資家に納得させる経営:「サイバーエージェント」
  1. ≫記事一覧

経営コラムニスト紹介

H&Lリサーチ代表 有賀泰夫氏

有賀泰夫氏 H&Lリサーチ代表/証券アナリスト

1955年生まれ。埼玉大学生化学科卒業後、新日本証券(現みずほ証券)、クレディリヨネ証券、三菱UFJ証券でアナリストとして活躍。専門分野は食品、食品卸、小売業、外食産業、ネット、バイオ企業など。特に卸売業を介した日本独特の効率的な流通構造の分析に関しては第一人者。独立後、H&Lリサーチを設立、代表に就任。株式投資アドバイザー、株式分析、産業分析コンサルタントとして企業分析、セミナーや講演会でも人気を博す。 共著に「日本の問屋は永遠なり」(2012年5月、491アヴァン札幌)、《最新刊》有賀泰夫の「最新・株式市場の行方と有望企業」CD、有賀泰夫の「消費市場と有望企業CD」有賀泰夫の「日本の問屋は永遠なりCD」他、インターネットの最大手株式投資SNSみんなの株式などにコラムを執筆中

H&Lリサーチ代表証券アナリスト有賀泰夫氏の経営コラムに関するお問い合わせ