著者・講師を探す

検索する

あいうえお順で探す

人気の講師から探すアクセス数ランキング
新着・新刊の主な講師

現代社会研究所所長 青森大学社会学部教授

古田隆彦(ふるたたかひこ)

 人口変動に対応する成長戦略の第一人者。日本には過去四回の人口減少期があり、今回が五度目。人口減少局面には必ず新しい文化が花開くと主張。新しい付加価値、売り方、収益の上げ方など、経営者が一番知りたい具体的な「未来戦略」を提示。すでに大小100社以上で氏の「人口波動」を活かした新商品や新事業を展開。卓越した業績を上げている。

 「人口波動」とは、氏が、太古からの日本および世界の人口推移を研究中に、文明や技術の盛衰、文化や流行の変化、戦争や紛争の動向など、人類の営みの発展は人口の増減と密接な相関関係があることを発見、「社会変動モデル」として体系化したものである。

 1939年岐阜県生まれ。1963年名古屋大学法学部卒。八幡製鉄株式会社(現・新日本製鐵)、株式会社社会工学研究所・取締役研究部長を経て、1984年、現代社会研究所を設立。現在同研究所所長、青森大学社会学部教授。

〈公職〉 運輸省・運輸政策審議会専門委員、文部省・長期教育計画研究者協力会議委員、郵政省・文字画像情報電子流通研究会委員、 建設省「新東北紀」懇談会委員、北海道開発庁・生活・社会研究会委員、東京都「東京ブランド」検討委員会委員長、青森県政策マーケティング委員会委員長、日本生活学会常任理事事務局長などを歴任。

〈学会〉 日本社会学会、日本未来学会、日本消費行動研究学会、消費者金融サービス研究学会(理事)。

〈専門〉 応用社会学、消費社会学、人口社会学、未来社会学。

当サイトでは、実在性の証明とプライバシー保護のため、GMOグローバルサイン社のSSLサーバ証明書を使用し、SSL暗号化通信を実現しています。

SSLとは?(IT用語辞典)