著者・講師を探す

検索する

あいうえお順で探す

人気の講師から探すアクセス数ランキング
新着・新刊の主な講師

月刊CD経営塾 ご出講講師

エーワン精密 相談役

梅原勝彦(うめはらかつひこ)

工作機械で使われる部品を固定する「旋盤コレットチャック」を製造・販売。創業以来41年間の平均経常利益率39%を達成してきた超高収益企業。有利子負債ゼロ。創業時代より、営業を使わない直接注文・直接納品のダイレクト販売体勢を追求。また生産部門では、常に設備等に3割の余裕を持たせることで、特急の依頼にも迅速対応が可能となり、他社の追随を許さない圧倒的な超短納期システムを確立。この相乗効果で、見積り競争に巻き込まれることのない、利幅のとれる適正価格による経営を実現。2003年3月ジャスダック上場。
創業者の梅原氏は、1939年生まれ。父親の事業失敗のため小学校卒業後、中学には行かずに12歳から工場で働き始める。その後、夜間中学に通い卒業。1961年3月大森電機工業入社。65年5月有限会社ミツワ製作所を実兄・梅原幸雄と設立。70年9月設備投資をめぐり兄とたもとを分かち、有限会社エーワン精密(現・(株)致知)を設立し、代表取締役社長就任。80年2月同社を株式会社エーワン精密に改組。90年7月株式会社エーワン精密を、株式会社エーワン商事に社名変更するとともに、株式会社エーワン精密を設立し営業譲渡。代表取締役社長就任。07年10月取締役相談役。著書に『町工場強さの理由』『日本でいちばんの町工場 エーワン精密の儲け続けるしくみ 』などがある。

〔エーワン精密〕ジャスダック
1990年設立。11年06月期は、売上18億円、経常利益
5億1500万円、従業員数87名、資本金2億9千万円。