【夏季・全国経営者セミナー】事業家・若手起業家…日本最大級、経営者700名が集う3日間 

日本経営合理化協会の関連サイト
日本電産・永守式「儲かるメーカー経営法」一日セミナー | 社長の経営セミナー・本・CD&DVD【日本経営合理化協会】

文字の大きさ

日本経営合理化協会 BOOK&CD・DVD
お電話でのご注文も承っております:03-3293-0041

日本電産・永守式「儲かるメーカー経営法」一日セミナー

日本電産・永守式「儲かるメーカー経営法」一日セミナー

川勝宣昭(経営コンサルタント)

リーマンショック後、業績3倍増・日本を代表するメーカー
日本電産・永守社長から直伝『儲かる2大経営実務を公開』
 日本電産の永守重信社長は、市場単価が毎年10%は下がることを、想定して、全ての経営を指揮しています。この危機感が全社に浸透しているからこそ、深刻な危機が来ても、かならず利益を出しています。
これは、永守社長に直接、薫陶を受け続けた私の実体験です。

 事実、08年のリーマンショック直後、日本電産も四半期ベースで売上半減。即座に永守社長は「売上が半減しても、利益を出すコスト体質の会社にすれば、売上が元に戻ったら、利益は倍増する」という、永守理論を即実践。
 その結果、翌年も黒字を維持、その後も数々の危機を乗り越え、昨年度はリーマン対比、売上・利益共に3倍増を果たしています。

 私が日本電産・永守重信社長に託された二つの試練。大赤字だった日本電産ネミコンと日本電産シバウラを単年黒字化、2年目で売上倍増ができたのは、営業戦略とコストダウンを同時に実行したからです。

 この同時にということが極めて大事です。どちらか一つだけでは片手落ちであり、原材料の仕入れ、営業交渉、工場生産性において大きな差が出てしまい、社長が欲しい利益が出ません。

 今回、日本電産・永守重信社長から厳しい薫陶を受け、私が経営者として赤字メーカーを立て直した経験を体系化。現有戦力だけで儲かる経営ができるメーカー経営の強化策を指導する。

 これは、私が日々、中小メーカーの指導先で高い実績を上げ続けている社長のための「利益強化のやり方」です。
川勝 宣昭
 
東京開催:平成30年9月12日(水)
大阪開催:平成30年9月6日(木)